報告・ニュース

東京支部十月例句会報告(平成25年)[岸一泉]

日時: 平成25年10月12日(土)

場所: 杉並会館

参加者: 13名


兼題句【やや寒】:

主宰選 互選 作者

スーパーの冷凍売場やや寒し 塩原正喜
やや寒や一人世帯のあと廻し 石川菊子

やや寒やひょいと朝刊とりに出ず 長谷川勢津子
西空へ月移りけりそぞろ寒 川端三雄
やや寒しまさぐる掛布うたた根て 田口君枝

 
やや寒に金木犀の匂立ち 岡田寛
  やや寒や痩せし歯茎に麻酔針 押味路子
やや寒や何時になるのか異状気象 中山子泉
やや寒や灯りて低き村の軒 岸一泉
やや寒の晩に気の付く耳毛かな 吉田洋

宵寝して薄きショールのやや寒し 並木まどか

やや寒の野に落日の力なく 佐藤篤司

やや寒や犬が引きたる綱の張り 並木まどか

 

栃木支部十月例句会報告(平成25年)[荒井イト]

日時: 平成25年10月6日(日)

場所: 喜連川公民館

参加者: 9名


兼題句【秋海棠】:

主宰選 互選 作者
古寺や雨後あざやかな秋海棠 佐野小夜子
ゆらゆらと水もに映る秋海棠 井上恵子
裏手より気軽に出入り秋海棠 荒井イト
母の忌の供花に添へたる秋海棠 鈴木美枝
ねこ車押し行く先に秋海棠 小野みゆず
あかつきの風清々し秋海棠 飯島サヨ
風去りぬ秋海棠の穏やかに 野沢政江
木もれ日や秋海棠の紅映えて 新井セツ
秋海棠爪染めし友は施設入り 植木かつ

 

東京支部九月例句会報告(平成25年)[岸一泉]

日時: 平成25年9月14日(土)

場所: 杉並会館

参加者: 11名


兼題句【耳】:

主宰選 互選 作者
虫の音に耳かたむける良き日かな 並木まどか
耳近く猫に秋夜の留守を告げ 田口君枝
耳悪くすれ違う声秋暑し  中山子泉 
耳すまし聴くひぐらしに想ふ残生  佐藤篤司 
暗がりへ耳かしぐればちちろ虫  塩原正喜 
初月や仏の耳の時代の色 川端三雄 
  秋yららまどろむ猫の聡き耳 長谷川勢津子 
束ね髪うなじ爽やか耳飾り  押見路子 
はかなくも耳にいやしの虫の声  岡田寛 
秋団扇耳に音して夢心地  石川菊子 
色白は耳まで白し秋祭  吉田洋 

 

栃木支部九月例句会報告(平成25年)[荒井イト]

日時: 平成25年9月1日(日)

場所: 喜連川公民館

参加者: 14名


兼題句【女郎花】:

主宰選 互選 作者
  朝取りの野菜と並ぶ女郎花 井上恵子
鏡中に潜む怜悧や女郎花 中村進六

忘れ物しているような女郎花 小野みゆず
若き日や野山に摘みし女郎花 鈴木美枝
ひと昔の愚痴を聞きをり女郎花 荒井イト
訪いし家の門辺明るし女郎花 新井セツ
念仏のリズムに乗れり女郎花 佐野小夜子
をりをりにいとほしむ身や女郎花 中村敏子
両の手につかぬ供えむ女郎花 長谷川勢津子
手作りの遺愛の杖や女郎花 飯島サヨ
盆踊り一枚に深めし女郎花 秋元武夫
おみなえしかそけき花をみ佛に 植木かつ
故里はあの山のえあ果て女郎花 金子如泉
風荒き野や女郎花しなやかに 野沢政江

 

平成25年度 麦兆社 後期吟行会(佐野小夜子)

日時: 平成25年11月2日(土) - 3日(日)

場所: 栃木県鬼怒川温泉(ホテルニューさくら)

参加者: 15名


持参句:

主宰選 互選 作者
眠り児の手から溢るる赤のまま 井上恵子
  車停めしばし花火を眺めけり 稲葉貴泉

瓶に挿す野菊少女の昔振り 金子如泉
[人]

山寺の日暮れは早し赤のまま

岸一泉


里閑か墨絵のような十三夜 新井セツ
[天] 一等の通知届くや今年米 荒井イト
[地] 被災地に続く空なり今日の月 稲葉道子

亡き人に聴くすべもなし秋の風

鈴木美枝
庭下駄の鼻緒のゆるびそぞろ寒 長谷川勢津子
朝雨のほどよきしめり大根まく 飯島サヨ
  徘徊す狼犬や月明かり 小野みゆず
  小枝影釣瓶落しや西の窓 石川菊子
  秋灯下孫の可愛い鏡文字

並木まどか

 入 天辺へひたすら登る蔦紅葉

佐野小夜子

  十五夜を漫ろ歩きの畑道

中山子泉

 

東京支部八月例句会報告(平成25年)[岸一泉]

日時: 平成25年8月10日(土)

場所: 杉並会館

参加者: 12名


兼題句【星月夜】:

主宰選 互選 作者
星月夜還らぬ兄の呼ぶ声が 田口君枝
しまぐにの空をあまさず星月夜 塩原正喜

熟睡児の夢にあそべる星月夜 長谷川勢津子
歌舞伎跳ね人の流れや星月夜 川端三雄
対岸の灯は佐渡という星月夜 佐藤篤司
今日の日を我と語らむ星月夜 岡田寛
ついに見た空のパノラマ星月夜 中山子泉

寝静まる山のホテルや星月夜 岸一泉
水汲みてこぼす水車や星月夜 押味路子
星月夜銜えたばこのほろ苦き 吉田洋
  最終便見送りてみる星月夜 並木まどか
  星月夜大地に眠るアボリジニ 金子如泉

 

平成25年度 麦兆社 前期吟行会 [岸 一泉]

日時: 平成25年7月13日(土)?14日(日)

ところ: 茨城県結城市

参加者:   名

兼題句: [草むしり]

主宰選 互選 作者

悪童の句碑へ語りて草むしり 新井セツ
  草むしりも趣味の一つよ空の碧 荒井イト
 入 晩年の母よ日暮れは草むしり 小野みゆず

日の影にうつりうつりて草むしり 佐野小夜子

草むしり朝陽仰ぎて目をそばめ 稲葉貴泉
[入] 道筋をせめて通さむ草むしり 下津昭寛
  草むしり手慣れし人の後を追ひ 稲葉道子
[地]

草むしり薬岳の水の甘露かな

國井泉車

ちょんの間が大事になる草むしり 金子如泉
草むしり大地の生命逞しく 岡田寛
入  毎年の戦いとなる草むしり 中山子泉
  頬かむりしてひっそりと草むしり 岸一泉
  草むしり蚊によりつかれ気もそぞろ

石川菊子

 入 老いの手やあした夕べの草むしり

長谷川勢津子

[天]  11 草むしりいつか無心になりゐたり

洲崎英子

東京支部四月例句会報告(平成22年) [岸 一泉]

日時: 平成22年4月10日(日)

ところ: 杉並会館

参加者: 12名

兼題句: [桜餅]

主宰選 互選 作者

桜餅葉の味に母偲びけり 岸一泉
 地 桜餅ひとりなつかし妻の留守 金子如泉
  餅好きに餅の佳句なし桜餅 佐藤篤司
[天] 母恋しと泣く母の手に桜餅 並木まどか
[地] 入れ替へて茶話のはずみし桜餅 田口君枝
  香りよし桜もちなら長命寺 村井恒雄
  桜餅のらと遊びし幼き日 吉田洋
[人] 桜餅ははの忌日の近づき来 長谷川勢津子

故郷や梅まだ咲かぬ桜餅 中山子泉
  味わいや薄葉の香り桜餅 石川菊子
  そぞろ行く隅田の堤桜餅 笹子朱実
  桜餅日本茶匂ふ雨の窓 宇野健一
  葉の香りほんのりうつり桜餅 塩原正喜