エッセイ・レポート

金子わか子句集『観世音菩薩』 如泉他編

 

金子わか子句集

 

観 世 音 菩 薩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和三〇年(1955) 

枯菊を焚いて遅湯に夫とをる

いく鉢も水さし山里(やま)の日を愛す

菜の花や子らはかけ来て飛翔せり

山上の釈迦や甘茶が手にあふれ

紺青へ枯黍の葉のちぎれゆく

 

 

 

 

 

白さぎの舞ふや底なき天の紺

戦場ヶ原のすすきのほそかりき

昭和三一年(1956)

夫の阿呆日溜りに向きふところ手

崖の霜崩るる時の地声聞く

山越えの藁塚見ゆる月あかり

 

 

 

 

 

追憶をみだし流星凍る墓

叱られてゐる間も蟬の声きこゆ

春の風姉帰り行く田圃道

つながるゝ山羊円く喰む春の草

春雷や種おとすしかと土盛りて

 

 

 

 

 

 

麦青しすでに穂芯の孕み居り

初蟬に放心雨にぬれて立つ

戒名を写せば蟻の手にすがる

空けはし池に尾を打つ大やんま

蟬しぐれ夫も己も二親なし

 

 

 

 

 

 

昭和三二年(1957)

北風やんで産声ききし井戸の前

落葉尽き母子の暮し又始る

妻や娘や遠き幾歳ほだ火掻く

落葉積みたき木積み女の冬ごもり

昭和三三年(1958)

棒ふりて冬の夕ぐれ母待つ子

 

 

 

 

みぞれ夜のコーラス流る裏長屋

子を負うて灯の一点へ霜をふむ

売る物なき雪柳咲き乱れ

春寒し山に住みつく事に慣れ

水涸れて農夫たゝづむ夏の川

 

 

 

 

 

 

かなかなや廃兵戦歌流し過ぐ

風薫る峠につきて昼餉かな

柳若葉群像湖にこぼれけり

茸狩小雨の尾根に呼子笛

稲架かけて刈田の月に話し来る

 

 

 

 

 

 

小豆もぐ離れて暮す事に慣れ

枯野来て火に暖かき子を抱く

昭和三四年(1959)

花冷えや薯種急ぎ落しゆく

五月雨の夜や農の手を借り歩く

うたがひをうち消し梅雨の晴れ間行く

 

 

 

 

 

昭和三五年(1960)

三人の子等それぞれに書初めす

ニコヨンの母寒月を背負ひくる

金婚の家賑やかに梅匂ふ

紅梅のしだるゝ風の句会なり

傘さして眠る夕べのぼたんかな

 

 

 

 

 

海の家諸(もろ)にくつろぐ国なまり

ふつふつと思索湧き来る野分中

花火割れて句座の中間ゆるみ合ふ

残業の炭火に温む無骨の背

秋深し風邪に冷たき牛乳(ちち)をのむ

 

 

 

 

 

 

秋寒や犬のぞき行く夕餉時

炭つぎて話広がる夜寒かな

春泥に次々小さき子抱き上げ

狐火のごとき野火見つ夜のバス

犬の舌長く五月の池に酔ふ

 

 

 

 

 

 

母となる子の胸高しとんぼ舞ふ

ちゝろ鳴く夜更け旅立つ荷を重ね

何もかも話し秋日寡黙となる

彷彿と亡母(はは)の像恋ふ枯れ野星

昭和三六年(1961)

春の日の鶏群なして後追ひ来

 

 

 

 

 

紅梅や嬉しきことを想ひ出づ

農の手に夫の便りや五月儘

花の雨二階に小さき句座ひらく

雹降りし冷田の田植え尚つゞく

片蔭の旁舎女體の横たわる

 

 

 

 

 

 

夫も子も夕焼けに手を廣げたり

目の前の氷菓解け行く母の倫

青梅や慕情育てし日の遠き

夜の明けて背信捨つる夏の朝

国の名所のこけし集る梅雨の棚

 

 

 

 

 

 

青梅やすっぱきはぎれの日の郷愁

談廣がる隅に夏蜘蛛網を張る

得心を得ぬまゝ別る梅雨の駅

雪のけて大根抜くや光り降る

紅梅の蕾貧には負けず笑む

 

 

 

 

 

 

麦踏めば夫の空子の空真向かひに

春月へ独り妻めき髪を梳く

父を越す少年の丈春開く

春寒し縋るものなき山の家

椿落ちて重なりしまゝ夜の明けぬ

 

 

 

 

 

 

ねずみ騒ぐ女ひとりの春夜更け

ヒヤシンス胸に抱きしとき静か

夫帰る五月の家は花ざかり

蝌蚪の群れ溺愛の子を打ちて来し

時代のずれ子に追いつけず青葉雨

 

 

 

 

 

 

夏嵐ふるさとの杭揺れ動く

青あらし養女であると云い聞かされ

養女と知りて不幸はすまじ青嵐

青嵐地に伏す麦を見て一人

梅雨の夜や麦廣げをく屋内まで

 

 

 

 

 

 

佛と語ることの多きよけしの花

ひぐらしや白き干し物抱えこむ

女風呂カルロスの夜の静かなり

吾性の悲しさ萩の地に伏して

薪背負ふ足道崖の根にすがる

 

 

 

 

 

 

校庭に月上げまろき踊りかな

日照り道木陰に憩ふ胸開けて

戀に似し舌にふれ合ふ濃きぶどう

墓穴をのぞけば崩る土冷えて

秋風裡棺そろそろと地底につく

 

 

 

 

 

 

死のそばに女神がおどる曼珠沙華

吾子が飼ふはと秋空に初飛行

鰯雲笑ひこみ上ぐ今日の便

灯の入りて菊百体の序列かな

古木抱き菊の盆栽咲き初めぬ

 

 

 

 

 

 

百鳥高音吠えたつ犬の鎖鳴る

雪虫や明日子へ送る白菜むく

焼却炉赤し団地の夜のみぞれ

童心の地に打ちつけし氷かな

寒星や野面に小さき憂持つ

 

 

 

 

 

 

風なぎて春湖に眠る魚の骨

鶏冠をたたみ春宵寄りて寝る

春疾風一つのニュース置きて消ゆ

名店の箸もらひ受く春の宵

天空の巨木に組むや鴉の巣

 

 

 

 

 

 

女心小さく生きるを知るや五月尽

炎昼の蝶や忘我の視野の中

蟆子(ぶと)の足重たく女一人寝る

マヒの子のやけどの手当梅雨はげし

真夏の陽狂女口言止めず行く

 

 

 

 

 

 

昭和三七年(1962)

遠き子等集り来しよ今朝の春

寒行僧よろよろと来て太鼓打つ

病棟の夫眠りなば師走を帰る

水道の鉄管割れて母子暮し

病後の夫凍天つきて働きに行く

 

 

 

 

 

寒風に出て行く夫へ妻子の眼

花の山かすみて遠き吾家かな

野の角に石地蔵座す田植えかな

山崩す新幹線や五月雨

共に住む確信をして梅雨に耐える

 

 

 

 

 

 

離れ住む生甲斐捨てじ松根接

行く秋や皆意志を持つ子になりぬ

母一人残り柿の葉落ち尽す

別れ住む西と東や北風(きた)つのる

五月夜の熱気集り独り恐れ

 

 

 

 

 

 

雷落ちて馬引き出しぬ強雨の中

梅雨空にはぐれし鳩は帰り来ず

群鶏の放たれ冬田彩めきぬ

洗濯機冬の思考に尺度あり

子に遺す自伝寒夜も書き続く

 

 

 

 

 

 

枯萩の余情静かに保ちけり

秋の蝶断崖よりは落ちず舞ふ

行く秋や山の一寓起居正し

光芒の枯野に立ちし夢の果て

春寒の空虚なる日を恐れけり

 

 

 

 

 

 

離郷近き娘と語る夜の春炬燵

春の川渦巻き村も時代風

よそ人と一つ家に住む夜のぼたん

麦刈りの一途に坂を押して雨

星墜ちて句座の吐息や秋の宵

 

 

 

 

 

 

昭和三八年(1963)

霧の渓文化の波がひらひらと

過去となる今来た道や雲の峰

秋のみちのく女ばかりの護岸工事

燈台に行く道にして昆布干女

一塊(くれ)づつ土掘り運ぶ秋の坂

 

 

 

 

 

秋雨の黙に耐えしを鯉跳ねる

北大の空澄み芝を刈る男

松島や島ごしに見ゆ夏の雲

暑き深夜人あふれ待つ連絡船

ポプラ並木影に影入れ待つひと時

 

 

 

 

 

 

室蘭の埠頭砂鉄の穴灼けて

ジュース浸す北海の水冷えに冷ゆ

カニうまし網走の夜のくつろぎに

美幌峠湖あり花あり生きてあり

阿寒の湖吸い上げ黒ゆりの花開く

 

 

 

 

 

 

まりも沈む湖中は芦の茂り合ふ

オホーツクの海は男よはまなす咲く

ひるがほの咲く道さやかトラピスト

昭和三九年(1964)

津軽富士夕日ころがす夏の汽車

秋草のさゝやき合いて陽を入れる

 

 

 

 

 

タールの刷毛返す反射へ秋の天

欅空に秋風廻しひろがれり

底知れぬ深き空田へ寒肥曵く

肥(こえ)肩に又南天の下通る

耕機弾む秋野を外れて遊ぶ馬

 

 

 

 

 

 

蝗の貌口にほうり込む農夫の貌

叱られてお手お手をする梅雨の犬

烏賊船の灯は沖に明日別離

柚子熟れて農の祭の旗上る

湯気上ぐる大地朝(あした)の濡れ落葉

 

 

 

 

 

 

さい果の海一線へ桐の花

生き残る金魚小さく夜に凝りて

秘めやかに向ひ合ふ石天の川

紫蘇の実や娘の郷愁を満たすべく

秋の草ささやき合ひて歌めきて

 

 

 

 

 

 

秋の星捲き髪固く夫に添ふ

秋風に子と別れ来ぬ野路の角

竹林に秋風通る終ひ風呂

昭和四〇年(1965)

しぐれ来し二見が浦を駆け通る

雪もよひ一息入れし二月堂

 

 

 

 

 

雹害にわら焼く里やしぐれ来ぬ

寒菊のさし芽寄り来るもの孤独

口漱ぐ寒月淡き外宮前

大仏の御手は広き春の寺

現在(いま)植ゑし苗木と生きる事約す

 

 

 

 

 

 

岩開く僧の御堂や蟬しぐれ

雹害を恨むすべなし児の笑顔

過去未来続くかぎりや芒原

生涯をふる里の泉汲みて待つ

昭和四一年(1966)

元日や七人の子に現(い)実(ま)かこまれ

 

 

 

 

 

春の雪並び首出す貨車の牛

故郷(くに)の冬真実空は開け居り

大樹若葉母となる日の月満ちぬ

夏の雲地に立つ二人が遠いだけ

戦場ヶ原のすゝきの細かりき

 

 

 

 

 

 

落葉つき母子のくらし又始まる

病みしより夫優しかり春の雪

木枯しの夜や子を戀うて五十路果つ

川魚の焼ける夜や野は木枯しに

初夢や金色堂の仏たち

 

 

 

 

 

 

暮るゝ野を包み切れずに春の雪

別れ路や野火赤々と野を走る

東西のかけ橋成れり早春譜

月満ちて母となる子に若葉萠ゆ

子と洗ふ曾祖の墓石夏の雲

 

 

 

 

 

 

幾山河越え来し道や寒夕焼

昭和四二年(1967)

身上の人語きゝいる冬田中

亡父母の話鳴子の夏の夜

とつぎ行く娘と口ずさむ夏の海

飼ふ虫の外の音色に合はせけり

 

 

 

 

 

入り猫の居付きなれたる秋日和

夫も子も遠くちゝろの近づきぬ

麦踏みの一家日暮の影画となり

大方の金返したる師走道

つわぶきの片隅にある安堵かな

 

 

 

 

 

 

擂鉢(すりばち)を子に持たせつつみぞれの夜

雪嶺を前に那須野の牧開く

慕心厚し老骨に積む雪の花

次々に帰省子入り来雪の門

観音経写す一郷吹雪けり

 

 

 

 

 

 

枯木伐って明るくなりぬ村の墓

寒梅の青味さしきてほぐれけり

入歯して顔洗ふ裏の梅真白

深夜覚む冬の地音に非情欲し

波の背の海(じ)霧(り)に生れし陽の柔ら

 

 

 

 

 

 

海の家草さら/\と抜けにけり

良き血筋口固き人実南天

夕焼へ麦蒔く一家残りけり

葉ぼたんの出荷うす陽を受けて待つ

昭和四三年(1968)

寒の星流れ野末の旅路かな

 

 

 

 

 

嫁ぎ行く娘の手に移す春の水

春暁を覚むれば嫁(ゆ)く娘泣きてあり

ゆく春や子の鳩笛を吹けば鳴る

五月雨や看護目まぐるしく替る

遠蛙全て忘れて今日は寝る

 

 

 

 

 

 

花栗や雨降る夜はひそとねる

母と来し淡き露けき夏野かな

夫も子も離郷ちゝろの声ばかり

プレゼント置いてみぞれを帰りし娘

名もなきに寒星小さく光り合ふ

 

 

 

 

 

 

汲む水のきらめきこぼれすみれ咲く

五月の陽一椀のかゆ命欲し

世に疎くなりて緑陰なほ深し

干しためて娘の夢遠しバラ枕

昭和四四年(1969)

ブルド―ザー雪の河原の細焚火

 

 

 

 

 

団地の子独楽うつ影を重ねつゝ

夕焼の刈田の中に吾子を上ぐ

団交に倒れし夫や猛吹雪

髪のばし秋雨を行く次男坊

離れ住む夢は破らじ鰯雲

 

 

 

 

 

 

鰯雲七人の吾子走り行く

木々透きし山の寂光われも透く

スト解けず氷点人のうら表

スト解除校庭の柳青みをり

咳止んで山家の夜の雪の音

 

 

 

 

 

 

秋飛行下界のすべて忘却す

昭和四五年(1970)

死の川へ櫻(は)花(な)舞ひ鳥の唄いゆく

農民へ施政激しき初冬かな

春浅し上野の森の裸身像

この道は母と来し道赤のまゝ

 

 

 

 

 

臨終の枕辺による五月闇

孫と顔よせて団地の梅雨の窓

流燈の瀬をのり切って流れゆく

月一つ残りて夏の海静か

観音の姿彫まむ秋の刀

 

 

 

 

 

 

曽我十郎五郎河津大滝小滝

柴門の奥所は知らず冬紅葉

山茶花の咲く日散る日のひそやかに

死火山の白樹暮れゆく雪まひつゝ

灯を消して山家夜通し吹雪けり

 

 

 

 

 

 

遺されし者みな寒し姉の墓

里の桜見て札幌へ帰りし娘

ふる里や早春誰にも良き日あり

若葉雨身ごもりしまゝ金魚死す

新茶もむ都の夫も子も忘れ

 

 

 

 

 

 

海の家活き魚竝べ一家族

鳥立ちて陽の影はやし柿の家

夕なぎの大洞湖畔枯れ尽す

桐一葉書聖の残す「心」の文字

とんび一羽赤城の雪に舞ひ下りる

 

 

 

 

 

 

昭和四六年(1971)

五月雨るゝ砂丘眠りて海の音

園児の眼師の眼ママの眼青葉中

寒林を過ぐる夕の雲はやし

山焼きの裾走り行く火守人

久闊のなまりなつかし桜花(はな)の下

 

 

 

 

 

大江山背にして一人田植かな

五月雨るゝ砂丘に手形残しけり

夏痩の遊子腕組み足踏んばり

かなかなや昔のまゝの道しるべ

すゝき野へ人降り行くや夜の汽車

 

 

 

 

 

 

草紅葉箸先に受くのど仏

菊の夜の母娘喪服のまゝ眠る

生まれ変われや雲流れ行く菊童子

孫の絶語「ママ―」の一言秋の夜

昭和四七年(1972)

花嫁のきまりし吾子や夏の虹

 

 

 

 

 

夏の雲時間給水のマイク流れ

鮎おさえ笹に下げくる末の坊

身ごもりし娘は大寒の北に発つ

子の仕草寒夜ながむる寝極楽

春宵を里の湯舟に火のひゞき

 

 

 

 

 

 

土佐守と刻む手鏡春惜しむ

月上げて若葉にこもる峡の村

地の果てて海始まりぬ五月晴

初夏の夜の柔き潮騒母恋し

海暮れて海に吹かるる五月処女

 

 

 

 

 

 

ふる里は山売る話ひがん花

冬温きはりまや橋にさんご買ふ

冬灯唖の親子の手の仕ぐさ

海に向く墓石小さき土佐の冬

昭和四八年(1973)

伐られ行く桜惜しみの一家族

 

 

 

 

 

春寒し夫外国(とつくに)を細々と

古戦場けわし霧雨ふき上げて

春の虹ハワイの山を夫と行く

春の雨パリより夫の声片言

高張提灯ゆれて登り来荒みこし

 

 

 

 

 

 

昭和四九年(1974)

秋雨や怒涛押しよす日向灘

水すまし旋回しつつ水掴む

交替にそば食べて乗る梅雨の駅

野良猫の肉ぬすみくる雪の中

親と子の対話首振る扇風機

 

 

 

 

 

さよならと孫の声消ゆ寒の星

初蛍天に捧げてとばしけり

行き違い逢うは三ヶ月の夜の青葉

昭和五〇年(1975)

秋晴れや天草五橋夢の橋

もみぢ散る殉教の地や地獄谷

 

 

 

 

 

南洲の洞に吹き込む秋の風

阿蘇路行くかぎりすゝきの兩袖に

肥後の赤豊後の黒牛行く秋野

ふる里の色地にあふれ柿あまし

冬の芽のみな天地につつまれて

 

 

 

 

 

 

ころころと木にのる子等や冬晴るる

子等移る美濃の五月に壺を買ふ

孫の顔子にそっくりや若葉風

お遍路の行列つゞく秋の海

秋桜み墓かなしき尼子(にんじ)村

 

 

 

 

 

 

同行二人巡礼の夜をはぎの宿

修験洞千年の闇を過ぐる冬

昭和五一年(1976)

雪国より来し娘や孫や雪話

冬山河心愛(かな)しき雲の果て

川を「つ」と知らぬ幾年寒夜の書

 

 

 

 

 

正月や夫と分け合う孫の守り

万緑や無量に落つる那智の滝

苔むして熊野三山五月雨るゝ

紀の川の豊かにゆるき五月晴

青嵐いく夜重ねし坊宿り

 

 

 

 

 

 

泰山木咲きてふる里匂ひけり

昭和五二年(1977)

道遥か冬海原にたどり来て

鯉のぼり見える窓辺や病みし日々

夫と子の比重はかりつ春を病む

草庵の吉野窓より散る紅葉

 

 

 

 

 

慈悲観音朝夕拝む菊の中

山茶花の白浮く夕べ人を恋ふ

秋冷の日をつなぎ合う電話口

尽くさるる身尽くす身里に流れ星

観音の運ばれて来し冬の道

 

 

 

 

 

 

海鳥の昏るる礁(いくり)や卯月冷ゆ

秋一日石に遊べば墓も石

崩れゆく吾が身寒夜に子のかいな

業と性のあわれ寒林動きなし

沖の一灯暮れゆく冬の海に消え

 

 

 

 

 

 

冬山国下りて海鳴りきく夜かな

荒き海見たきに冬の海静か

海に沈む愛憎冬の地平線

疑うこと知らぬ六十路や梅笑ふ

星の寂光指に嵌(は)めたき春を病む

 

 

 

 

 

 

点滴の下ゆく春のチンドン屋

七人の子ら子連れ来て盆まつる

水ホース陽に向け虹へ入る子等

昭和五三年(1978)

髪を切る娘の行末や五月波

大漁旗立てて五月の海高し

 

 

 

 

 

親と子の五月の夜の海鳴りぬ

山国の夢は現(うつつ)に初夏の海

旅の本見て倖せな今日の月

網戸越し夫と二人の月見かな

名月や団地抜けだし橋の上

 

 

 

 

 

 

葛城の里は無音に梅匂ふ

法華堂繪馬に祖母の名秋白し

芒原呆けつくして月に浮く

木樵師と連れ立ちてゆく冬の山

川枯れて西と東の橋長し

 

 

 

 

 

 

老い二人ことばつぐみて雪積る

初雪や道一すじの列となる

如月の街角バイトの蜆売り

立春のひかりの中を尼帰る

三ヶ月に似せて眉ひく春の宵

 

 

 

 

 

 

春ひとり木々の手入れによごれけり

夢に来し人を見舞ふや花吹雪

風暑し地を走りゆく雲の影

わか子の名地に恵まれて秋深し

昭和五四年(1979)

花冷や孫の手足を温めやり

 

 

 

 

 

春日永小皿に絵の具とく夕日

葉桜や花に後れし故郷の坂

如月や孫の泣く声風の声

風光る子とかけ行きし麦の道

春の夢幼き頃の恋の夢

 

 

 

 

 

 

故郷や一村一河春の土

恋猫の泣くだけ泣いて帰りゆく

山寺の岩の御堂や蝉しぐれ

浴衣着し夫につく妻アッパッパー

減反や麦蒔く人の影法師

 

 

 

 

 

 

火の国へ行きて病む人鳥渡る

咲きゆくも散るも山茶花日に当たり

息づまるほどの老骨見舞う秋

芭蕉忌や夫俳諧を業として

冬の蠅生きるかぎりを陽に向きて

 

 

 

 

 

 

部屋部屋を廻り一人の豆をまく

夏夕べ夫と下手碁のくり返し

虹立ちて送るも行くも虹に向き

子らすでにちゝはゝとなり盆の月

夏の東京四十年の仮住居

 

 

 

 

 

 

昭和五五年(1980)

帯解かぬ幾夜病室の冬のバラ

もずの子の赤く生まれし柘植の枝

猫柳病む夫すでに郷里の顔

みぞれの日マスク白衣で夫に会ふ

生と死の痰ふっきれし冬の刻

 

 

 

 

 

死線越ゆ夫のふる里桜(は)花(な)吹雪

病後夫無口に優し春の縁

親の職子は継ぐ春の三日月

草相撲父横綱と崇められ

枝打って冬空広き墓御堂

 

 

 

 

 

 

吹雪く夜や点滅無人交差点

大島小島仏の島も春の潮

春の山弘法様は赤子抱き

春の夜や三河万才三河にて

天龍川原かすむ赤白運動会

 

 

 

 

 

 

野麦峠若葉の陰に秘話をきく

白雲の中より落つる湯滝かな

昭和五六年(1981)

ゆく秋や嵯峨野の庭師一部落

夫と歩く若葉の寺の照り返し

夏帽子海に出る時求め来し

 

 

 

 

 

億劫(おっくう)の天地(あめつち)の青子を産みぬ

有頂天に喜ぶ子らよ夏の海

天地皆霧に包まれ万座の湯

霧深し万座のつばめすいと出し

盲目の餌に鯉集れり秋の園

 

 

 

 

 

 

雪もよひ昔言葉のクラス会

冬の夜のテレビへ夫の寝顔かな

雪山に連なる部落二三軒

すすき坂上れば海の紺天の碧(あお)

手に包むほどの墓石や嵯峨の秋

 

 

 

 

 

 

幻覚の夫と面会す冬の刻

手術室に夫五日耐ゆ冬の雲

冬の雲夫の五体に生きざす

救急車夫乗せ走る冬の道

夫負へば二人に紅し冬のバラ

 

 

 

 

 

 

夫の手足動きぬベットに冬陽さし

病棟の夫癒え近し寒の梅

夫の涙つぎつぎ冬の見舞客

病棟の夫と見送る冬の雲

訥々と親子の会話春の雨

 

 

 

 

 

 

真直に杉千本の春の寺

老夫婦田舎で上げる鯉幟

夫の古稀祝ふ教え子盆踊り

法師蟬兄の遺影の笑ひ顔

濠廻る白河の関秋の風

 

 

 

 

 

 

乙女座のわが齢忘れ星月夜

鶏頭の燃え尽き残る老夫婦

昭和五七年(1982)

両岸の名所や春の隅田川

開幕を待つ間通りの芽木の風

牡丹活けて佛の部屋に臥しにけり

 

 

 

 

 

麦笛の子のあとにつき野を行きぬ

父の日や幸福(しあわせ)薄き父なりし

めぐり合ふ事の不思議や青葉中

子の諌め向日葵向きて見つめ居り

思ふ事云ふは叶はじ昼朝顔

 

 

 

 

 

 

白髪のアイヌとうつる夏の湖

月見草咲くオホーツクの海荒れし

はまなすの中に放たる牛小牛

舞ひもつれ蝶消えゆきし夏の海

台風の川黒牛の流れゆく

 

 

 

 

 

 

起こされし仮寝の欠伸春の昼

歌上手話も上手春灯

きゅうりらし五つ六つのぶらさがり

花株のぼたんに晴れの夜明けかな

雁の棹かすかなれどもありと見ゆ

 

 

 

 

 

 

帰郷子の今宵銀河を残し去る

渦巻きて霧の流るゝ花野かな

ふる里の人皆やさし桃の花

托鉢の長き合掌花の門

噴水の虹の中なる女神像

 

 

 

 

 

 

あじさいや又降り出せるきつね雨

秋の海亡き孫の声今も聞く

秋草を壺一杯に夫の部屋

台風の怒涛斜めに押し寄する

秋あけぼの荒海を見て又眠る

 

 

 

 

 

 

冬の夜の親子の対話夢多き

棟上げの四方固めや冬谺

歳月の流れ故郷に落葉焚

冬の朝起き出ぬ内に村の人

枯菊の形とゞめて枯れにけり

 

 

 

 

 

 

焚火すればふところまでも温し

霜除の藁にくるまる牡丹かな

山裾に灯ともし落葉散りつくす

再手術昨日の風の十二月

昔の写真持ちくる雪のクラス会

 

 

 

 

 

 

俳画書くひとり静かな雪の夜半

冬の明星一つ輝く別れかな

冬の夜人無き部屋に火を灯す

北風(きた)下し尋ね歩きし子の借家

冬ざれのふる里に湧く温泉(いでゆ)かな

 

 

 

 

 

 

外人に写真撮られし櫻茶屋

師の描きし俳画の桃の花飾る

天と地の空間夫と夏の旅

大鷲の発生地とやいちいの実

北の夏彫師にもらう熊の爪

 

 

 

 

 

 

硫黄山地音噴き立て夏の雨

わが性を忌みしも愛し夏の星

夏の夜の海へ轟く銀太鼓

野の花に囲まれ旅の一夜かな

夢に見し観音様や秋の月

 

 

 

 

 

 

昭和五八年(1983)

天皇の馬車道冬の松並木

天皇の通りし道や冬の院

王子(くすり)袋みやげに買ひし冬の寺

世にうとき老に大地の寒戻る

方丈の石仏達や寒の月

 

 

 

 

 

落葉焚く夫を見守る玻璃の内

道路鏡枯野を写し立ちつくす

鳴き合ひて梢を渡る寒の鳥

冬の海岬次々灯をともす

初神楽神楽の中は乙女なり

 

 

 

 

 

 

校庭の片隅冬菜点点と

白梅の青き白さや夫の古稀

刈田中古き物々焼くひと日

春雨や蟇の抱擁山の池

仁清の器両手に春の夕

 

 

 

 

 

 

春の夕咳して悲し犬の貌

野良犬を世話する乙女夏の月

茄子のとげ小さく痛し朝の庭

昭和五九年(1984)

粉雪降る電話をすれば先も雪

雪の上(へ)に又雪つもり夜となりぬ

 

 

 

 

 

いさかいのとぎれ粉雪のふりつづく

教え子の涙の後や春の便

ご老師につれて鈴ふる春の寺

南無大悲奉納の旗春の風

病棟の窓辺巣造りの藁運ぶ

 

 

 

 

 

 

看病の夫寝てばかり梅雨病棟

病床の窓山脈は梅雨に消え

看護せし人も病みつき梅雨つゞく

海見たし山里の月出でし時

夕顔の微風に明日を約しけり

 

 

 

 

 

 

空仰ぐ銀河は遠し娘を送る

争ひの元はいびきや寒鴉

陶工の手の柔らかに秋の壺

紅葉して山の一隅墓竝ぶ

雪の夜の月の輪廣く豊かなり

 

 

 

 

 

 

京の寺めぐりし後のしぐれかな

冬の寺つくばい小さく銭光る

おじぎして鹿せんべいを奈良の冬

苔むして馬上の古武士冬の寺

蝗とぶ右に左に命ほし

 

 

 

 

 

 

ひと群のすみれわが娘の母想い

梅の家尋ね来し僧良き話

夕日照る普賢菩薩や山芽吹く

笈摺(おいづる)の竝びて登る春の寺

六月や雨の中ゆく白き犬

 

 

 

 

 

 

青嵐運ばれてゆく手術室

手術後の夢か現か夏明けぬ

こんこんと清水落ちこむ裏の池

手術後の秋冷背中より始む

秋の夜や亡き師の歌の美しき

 

 

 

 

 

 

曼珠沙華月夜に亡孫(まご)の影うつる

山育ち海に行きたし鰯雲

秋風の吹き行く果てに光るもの

無住寺無限の虫にかこまれて

白雲や野菊に埋もる蘆花の墓

 

 

 

 

 

 

雲晴れて知らずに愛でし十三夜

昭和六〇年(1985)

本箱の一隅観音春灯し

藁囲い除けば牡丹の芽が光る

村のポスト文おとしけり花の中

鯉のぼり跡継ぎの子の生まれたり

 

 

 

 

 

山門に空蝉すがる春の寺

幻影を追って月夜の童神画

月光の夢にささやく道祖神

亡き孫のかんざしにせむ曼珠沙華

女騎手の手綱捌きや花の下

 

 

 

 

 

 

お吉の墓白き椿に囲まれて

うき玉を浮かせ夏凪海畑

よーぎん蝉小樽の山に夫と来し

登り坂多き小樽の町暑し

羊が丘越えゆく初夏の澄みにすむ

 

 

 

 

 

 

夏の海なぎて小舟の網起こし

天皇の御声確かに秋叙勲

子や孫の背丈の印夜の秋

雪の朝新聞少年ゆきし道

大寒や團扇太鼓の俳句僧

 

 

 

 

 

 

残雪の富士真向いに天城越え

北一ガラスランプ涼しき喫茶の間

埠頭寂び小樽の港夏陽落つ

多喜二の碑はまなすの丘登り来て

オホーツクの番屋が竝ぶ夏の海

 

 

 

 

 

 

門開く晴海の奥の夏がすみ

昭和六一年(1986)

心なく心あまえる春の家

動脈瘤かかえる夫や蕗の薹

思ひ深く口は軽くし春暮るる

無事祈る日々さりげなくおぼろ月

 

 

 

 

 

命大事に娘等と手合わす春の月

芋串観音慈悲溢れくる堂の奥

交通麻痺春の吹雪へ娘は立ちぬ

石灰の山削る村桐の花

竹落葉すくふや池の瀬音立つ

 

 

 

 

 

 

万緑の中地芝居の声楽し

すももの実次男七つの記念の木

三万のスカウト集ふ夏の夜

送り来し夫を見送る秋の暮

病棟の窓一ぱいに雁渡る

 

 

 

 

 

 

掃除婦達秋の芝生にお茶となる

孫達の小さき手に手に草の花

軒つらら一列に那須野広がれり

廃校の泉の側の冬欅

屋久島芒呆けつくして燃ゆる空

 

 

 

 

 

 

落葉積む中に温もる山の家

真赤な太陽刻々登る雪の原

歳の暮教え子自然薯携えて

雪の中危険物運ぶ夫の背中(せな)

いしぶみの雪の中なる夫の文字

 

 

 

 

 

 

それぞれに子等生きてあり冬茜

今日の日を冬至南瓜とゆずの風呂

冬の庭石仏並ぶ紅さして

雪の日や佛彫る人佛顔

念佛の鐘聞こえ来ぬ雪の中

 

 

 

 

 

 

達磨市中位の達磨求めたり

初明り社に合ひし昔の師

葉牡丹や店先に良き渦を巻く

寒夜の湯七人育てし乳房浮く

鯛焼を土産に雪の道帰る

 

 

 

 

 

 

神域に大焚火して年明くる

大根煮て老の二人の食豊か

大寒や朝一杯の水うまし

愛犬の小屋残りけり冬日中

二つ三つ葉牡丹植えて幸めける

 

 

 

 

 

 

寒夕焼牡丹はわらに包まれて

冬欅村の中心支え来て

都会より来て霜柱なつかしむ

冬帽をおくられ村を一巡す

注連飾る役は長男にまかせあり

 

 

 

 

 

 

交替にかわやに起きる寒の夜

水子地蔵笑みて初日の風車

ボロ市に小さき観音授かりぬ

寒すずめ日影の中についばめり

水平線消えて吹雪の日本海

 

 

 

 

 

 

春の夜や念仏帳を手書きせり

春の山隣同士を誘ひ合い

牡丹の芽赤く生まれしわらの中

春昼や断層写真待つ廊下

春宵やうまいもの夫と食べあるき

 

 

 

 

 

 

枝垂梅ほころぶ下に写される

朧月山の向うに姉の家

娘四人話華やぐ春の雪

手術出来ぬ夫の体やおぼろ月

過去現在未来へつづく春の空

 

 

 

 

 

 

いとほしむ命温めて梅見かな

病棟に片見月夜の十三夜

みかんのへそ右向き左向き句座の中

一郷は春の吹雪の夜となれり

昭和六二年(1987)

高層建築続く広州春がすみ

 

 

 

 

 

貧民の家ボロボロと春の雨

百姓の住む土赤き春の雨

天地(あめつち)の連なる果てに春田打つ

中国の盆栽荒し春ぐもり

ポーポーと船曳かれゆく春の霧

 

 

 

 

 

 

竹舟に桂林の人春下る

漓江辺り民家ほつほつ竹の秋

人力で国は動きぬ春ぐもり

楠若葉自転車つゞく桂林路

一椀にすべてすましぬ春の夕

 

 

 

 

 

 

生きて良き日となり夫とつゞじ山

榛名湖のほとり野いちご群れて咲く

全秀先生近くに住みし夏の寺

双体神抱きあひつつ梅雨の中

紫陽花のぬれて子猫のついてくる

 

 

 

 

 

 

石仏の辺り灯して無月なり

村中は風に光りて木の葉降る

風邪に寝て夫の作りし粥うまし

鈴虫寺下りて渡りぬ渡月橋

比叡山そびえ琵琶湖の秋がすみ

 

 

 

 

 

 

南禅寺跨ぐに高き秋の門

ゆく秋や保津川下りの舟着場

駆け込み寺登りて記す秋日記

登窯りんどうの咲く母屋あり

土室の暗き工房秋暮るる

 

 

 

 

 

 

子宝観音並びて山の秋深し

鳥の群かくれて風のすすき原

赤のまゝ親となり祖母となり雲流る

牛啼ける晩秋へ牛啼き返す

空の青湖の青さにななかまど

 

 

 

 

 

 

野の菊を踏まねば行けぬ奥の院

寂しさも悲しさもこの冬ぼたん

梅匂ふ丘に娘と食(た)ぶ味噌おでん

昭和六十三年(1988)

死ぬ迄にやることのあり寒の入り

老人の誕生日会寒日和

 

 

 

 

 

寒月やそばには温き夫の居る

師と云はる夫のうしろを春の道

筍の総領残し老の鍬

雨の著莪今十年は生きていたし

桃咲いて初めての曾孫(ひこ)生まれけり

 

 

 

 

 

 

青嵐大戸の重き明治蔵

菖蒲田や雨雲上げて走り花

霧深し千人留(どめ)の武家屋敷

露草の紫ゆるくたばねられ

入院の日や雷はげし一人部屋

 

 

 

 

 

 

子供みこし屋敷の庭に来て揉みぬ

炭焼きの煙は野辺に冬立ちぬ

青年の主張手話の子選ばれる

賑やかに馳走持ち寄る初念仏

春の宴終りてはずすイヤリング

 

 

 

 

 

 

昭和六四年・平成元年(1989)

イルカの業(わざ)人の業呑む春の渦

軒深く大釜据える春の土間

惨事の子等未だ帰り来ず春の雨

牡丹の蕾明日の夢ふくむ

螢狩友の手籠と光り合ふ

 

 

 

 

 

山の湯や若葉の上の貴賓室

松茸飯いただき明日は入院す

無為の日の病棟秋の草恋し

秋夕焼夫も子も同じ空の下

秋病食片目軍団勢ぞろい

 

 

 

 

 

 

天皇崩御平成の年始まりぬ

温き冬都に大観の海を見る

稿終えて夜の蕎麦掻作る夫

妙技迫る雪の祭典雪女

すべり行く娘や孫雪の中に消ゆ

 

 

 

 

 

 

早々と宿に休みし花見かな

耳遠き同志植田に立話

死線越えし夫の背洗ふ夕焼中

夕焼けて病窓に夫と見る山河

高原の大根届き山話

 

 

 

 

 

 

秋の虹子と共にある過去未来

平成二年(1990)

雪の夜子を順々に夫と誉め

雪の日や首かたむけて芭蕉像

二人の病癒えて山家の初しぐれ

春光や神事に開く句碑の森

 

 

 

 

 

亡母も待ち我も子を待つ夏の月

うつらうつら海の家にて海の夢

茅ヶ崎の海に御輿の三十基

暴れ御輿トラックで村一廻り

浜の風男女は裸で町に出る

 

 

 

 

 

 

夫と眼鏡取替え拝む十三夜

平成三年(1991)

通夜の夜や友かたまりて春の庭

山桜巡礼の列町に入る

列なして登る女峰の冬温し

ブロンズの後ろ筑波の冬がすみ

 

 

 

 

 

尼の手の温もり残る花の階

雑炊をいただき春の寺めぐり

菜の花や巡礼の鈴山に入る

笛太鼓湖面に流れ御輿渡御

渡御の列過ぎし湖畔の雷雨かな

 

 

 

 

 

 

向き向きに草むしりゐる老夫婦

清展日記に食い入る薄暑の眼

里若葉句会に運ぶゆで卵子

郷愁に子ら帰り来る荒みこし

ふる里に墓欲しと子等初紅葉

 

 

 

 

 

 

海翁の形見の硯秋深む

夜業終え秋の灯を消す村工場

平成四年(1992)

雪虫のふわりふわりとついて来る

歌も出て老人会の初笑ひ

電線に止まる小鳥や雪止まず

 

 

 

 

 

正月や七人の子等子を連れて

団欒の炬燵に丸く誕生日

初雪の朝出掛けることになり

羽ばたける子等を見送る枯野中

若き日に夫の作りしかるた取り

 

 

 

 

 

 

祖国捨てブラジルに行きし人の冬

去年見し枝垂桜を見に行けり

嫁ぐ娘の北より移すライラック

さがし物未だ見当たらず梅雨に入る

大雷雨停電となる通夜の中(うち)

 

 

 

 

 

 

忠烈祠門の下ゆく風涼し

衛兵の直立不動秋暑し

枯れ川にアヒル万羽や秋あつし

秋暑し台湾の家鉄格子

法師蝉タコロ渓谷ひと祀る

 

 

 

 

 

 

足音に小魚群れくる秋の湖

日本の母持つ王祠秋の風

いさかいもしり切れとんぼ老の秋

夫の骨ひろふ娘や秋の雨

山里の露の深さや葬終る

 

 

 

 

 

 

七人の子等句作りに秋の庭

何もかも忘れ一日の冬の旅

落葉敷く木々縫うてゆく子の新車

山又山きのうの雪の影深き

納骨の富士の裾野や冬陽光

 

 

 

 

 

十二月富士真向ひに輝ける

平成五年(1993)

枯るる物天に燃えゆく年の暮

蕭条とけぶり波打つ冬の海

寒鴉集団となり啼き移る

初夢の真珠を升に盛られけり

 

 

 

 

 

闇の道来ればわが家の冬灯

地吹雪と北の国より娘の電話

来し方行く末冬の星座は輝けり

親子四人夏の海辺に魚料理

大岩に波立上る春の闇

 

 

 

 

 

 

満月や明るき里の花三分

草むしり空の下にてところ天

一列に日本タンポポ子は七人

末の子の胸のうつろや春寒し

包丁の切れ味春の飛行雲

 

 

 

 

 

 

青葉闇明り灯して蘆花の部屋

青葉若葉蘆花の墓石に妻小さく

初夏の夜や合ひし人の名忘れたり

花大根俳句の森の投句箱

夏の夜の海にとゞろく琵琶の音

 

 

 

 

 

 

子にしかられ老の涙や梅雨の夜

あゆ釣りの馬鹿と云われる子の仕草

梅雨の夜や友皆やさし又寂し

海の面の一筋光る夏の月

こほろぎを闇にはなちて闇を見る

 

 

 

 

 

 

秋の雲大膳神社能舞台

お百度の木札古びて佐渡の秋

壕の中佐渡金山の秋暗し

セツセツと秋の舞台に鬼太鼓

吾亦紅それより山の遍路道

 

 

 

 

 

 

九月七日夫に祝はる誕生日

今日生きる命尊し菜種蒔く

大やんま座敷一廻りして帰る

真夜更けて鈴虫鳴きて我を呼ぶ

眼前に鷹の巣岩や冬の海

 

 

 

 

 

 

神の門冬の怒涛の岩に立つ

追憶の子等と来し海秋しぶく

枯れ初むる山の峰より冬の雲

一望に町見ゆる山夫の句碑

冬の屋根雀四羽の一家族

 

 

 

 

 

 

定めらし命ものびて冬に入る

一滴づつ落つる点滴冬はじめ

あと幾日生きる生命か日短か

声出して泣虫となる冬の夜

この便り書いて涙の冬の夜

 

 

 

 

 

 

菊に埋もれ紅美しき別れかな

ごうごうと生死の別れ冬の山

妻を逝かせ弟は泣く十二月

菊に埋もる姉に妹は死化粧

アキレスを切りて年越す片ちんば

 

 

 

 

 

 

おむつして赤子の如し冬のけが

冬のけが救世観音の夜に出でし

病床に冬の庭木の目にたのし

華やぎて服購ひし春の夢

スズランの年々増えて娘は遠し

 

 

 

 

 

 

てらてらと柿若葉して庭の芯

十六夜や意識もどらぬ妹の顔

平成六年(1994)

ギブスの足かかげ孫子と初笑

滔々と北上川の春の水

学半ば逝きし兄の碑若葉陰

 

 

 

 

 

句座の果てなごむ歌声明け易し

夏雲へ郷愁のせてゆく未来

子つばめの群れひらひらと夕空に

脳炎の妹にもらいし夏帽子

花を愛で夫を支えて喜寿の秋

 

 

 

 

 

 

秋の夜や七人の子に俳画かく

大雨の来て稲刈を又延ばす

倒れ稲起こす二人や陽の沈む

秋の夜や我が身の廻り観世音

秋時雨倉に修まる米袋

 

 

 

 

 

 

赤のまま昔の子等の庭むしろ

喜寿の秋十四本の残りし歯

千人の武者行列や秋の階

喜寿の秋文章教室に入学す

秋草の盛られ教室やわらぎぬ

 

 

 

 

 

 

忘年句会フランス料理夫と座し

枯葉降る音また忙し風立ちて

喜寿過ぎて二年続きの寝正月

落人の哀切深し爐の炎

梅の香に包まれ老の二人雛

 

 

 

 

 

 

平成七年(1995)

小さきより寝釈迦の手癖喜寿の冬

阪神は瓦礫の都冬の闇

夫と子の学位記の額春の宵

国挙げて阪神募金春浅し

春しぐれ点滴つづく夫の傍

 

 

 

 

 

北の娘も夫も退院肥後椿

級会昔植えたる城の花

火の山に飛ぶ雲速し夏の月

紅白の梅百本を植え残す

別れ住む三十年の梅香る

 

 

 

 

 

 

大牡丹白ゆるやかに開き初む

はらからは皆腰まがり夏供養

九十三の師に合ふ涙苔の花

天命を心に刻み冬の花

木枯の山を下り来る声となり

 

 

 

 

 

 

廃校に夫の句碑あり夏の月

一人づつ消え冷まじき身を守る

物忘れ多き秋夜に物思ふ

銀杏大樹乳をたらして神渡し

教室の師に給はりし零余子飯

 

 

 

 

 

 

大榾火返せば火の手音立てて

空海の石座より見ゆ冬の海

初孫を連れて来し娘や夕若葉

平成八年(1996)

老いし友新聞配る雪の朝

櫓(ひつじ)田に榾(ほだ)が火を噴き年終る

 

 

 

 

 

巡礼の四国路想い冬に病む

冬晴や動かぬ雲は観世音

大黒柱いつも夫の座年始

夫作る粥の温もり一月尽

言の葉の深き人なり梅の家

 

 

 

 

 

 

木の芽山九十七の師一人住む

花散り来残る齢に子ら優し

札幌の娘より送らる晴着かな

物忘れ多き二人や栗の花

袖長を重ね二人の梅雨の日々

 

 

 

 

 

 

老鶯や夫の阿呆に随へり

生きる力湧く源泉の新樹中

六ヶ村呑みし熔岩秋落陽

平成九年(1997)

親子老いて鶏頂山の冬紅葉

頂上へゴンドラゆるる秋の雲

 

 

 

 

 

草の花必死にすがる蜂一つ

山さびて瀬音にちるか渓紅葉

武家屋敷大八車の米搗場

椎の実の音立てて降る神の留守

冬に入る健忘症を夫笑ふ

 

 

 

 

 

 

茶の花の前に二人の長話

紅葉散る久に会う友皆老いて

冬の霧村を包みて夜の明くる

粛々と枯れて流るる里の川

生きて見し冬陽の落つる水平線

 

 

 

 

 

 

陽を沈めごうごうと冬の城ケ島

石段を子に支えられ初詣

春暁や今日は箱根へ旅立つ日

水透けて魚群の見ゆる春の海

春の海一廻りして船着場

 

 

 

 

 

 

親雲子雲連れ立ちて去り春の星

青葉木莵月やわらかに雲を出る

夏の月夫に従い老いし幸

宝(ほ)登(と)神社のお守り受けて一涼み

緑陰に差入れ嬉し串団子

 

 

 

 

 

 

菖蒲湯に入る夫は鉢巻す

手術せし夫の両眼聖五月

平成一〇年(1998)

家で生むと見舞に持ち来寒玉子

五十円づつ二ヶ所に入れる社会鍋

お年玉袋に入れて孫を待つ

 

 

 

 

 

どんど焼雪の積もりし神の庭

血圧に倒れ夫呼ぶ寒夜かな

年の暮夫の一言「寝付くなよ」

一口の大寒の水手を合す

咲き初めし枝垂れ紅梅雪降り来

 

 

 

 

 

 

病み上り梅指す壺ところびけり

間に合わぬと叫ぶ夫の手花の道

春宵や子の病院で夫逝きぬ

春惜しむ夫の死に顔手で包む

逝く日迄たどりし日々や花の終

 

 

 

 

 

 

帰り来ぬ夫に別れの春灯

春宵や佛となりし夫抱く

惜春や佛の夫と手を重ね

亡き夫の笑顔が胸に夏は来ぬ

天と地に別れし梅雨の波がしら

 

 

 

 

 

 

夫亡くて秋の夜長を寝つ起きつ

夫笑ふ写真と語る夜長かな

虫の声身近に聞きつ亡夫を戀ふ

ごうごうと海泣く初夏の波の音

空と海と連なり梅雨の朝まだき

 

 

 

 

 

 

水無月や召されし夫の百ケ日

夫の忌や娘の作り来し五目ずし

夏の夢笑ひて亡夫は我包む

夏の夜や亡夫の部屋にて日記読む

蓮浮葉風に吹かれて夫逝く

 

 

 

 

 

 

夫の部屋ひとひこもりて書を読みぬ

麦兆は命会員は宝と夏逝きぬ

秋一日留守にし亡夫に報告す

どの部屋も亡夫の遺影や夜の秋

ねつ起きつ亡夫(つま)の名を呼ぶ秋夜更け

 

 

 

 

 

 

御佛と二人きりの十三夜

秋の夜の夢長々と小さき頃

亡夫(つま)と我が墓石夕焼けに沈みけり

行く秋や亡夫(つま)の心を胸に秘め

平成一一年(1999)

亡き夫の後姿や落葉焚

 

 

 

 

 

となり町迄スパゲテイ食べに冬温し

ふる里の山延々と冬を守る

帰り来し子と語り合う冬座敷

夫亡き後日々無に近し冬に入る

亡き夫と笑ひし写真冬の部屋

 

 

 

 

 

 

わらひ声たえぬ母娘や春の海

空と海一つになりぬ春の景

春の海母はゆっくり放屁して

亡き夫の笑顔を抱き梅の里

年代不明の俳句

春の虹松はつんつん芯伸ばす

 

 

 

 

 

電話ボックス女笑へり樹々若葉

木犀が匂ふきりきり着物着て

髪梳きて六月の風青しと思ふ

鉄置場鉄の貌してひるこほろぎ’

菊焚けば菊の占めゐし土匂ふ

 

 

 

 

 

 

夫旅に身ほとりゆるく蚊遣這ふ

ゆっくりと時計鳴り止む良夜かな

霙来し店先に買ふ子持鱈

月の出の沼にふくらむ種袋

夢殿へ空張りつめし鰯雲

 

 

 

 

 

 

冬枯れといふさびしさの窓閉ざす

金木犀両手廣げる盲の母

銀行の椅子に忘れし冬帽子

那須連山雪に輝きバスを待つ

冬近し老年の頭を並べつゝ

 

※ここまでで1000句

 

 

 

 

金子わか子略歴

大正五年九月七日栃木県さくら市に誕生。

三才~十七才まで、大田原市黒羽町増田家に

在住。十七才でさくら市葛城金子義夫(俳号

恵泉)と結婚。四女三男の子宝に恵まれ、子

達は全員結婚し全員孫を授かった。人生の大

半を、夫は東京で大学の教員、わか子は夫の

葛城の実家を守り子を育てる生活。幾多の困

難を乗り越えて、夫の定年後やっと夫婦共に

葛城で暮らすことができた。

俳句は、夫恵泉に師事し昭和二十五年頃よ

り始める。俳誌『麦兆』が昭和三十年に創刊

してからは本格的に俳句を始め、亡くなる日

までその道に精進した。生涯俳句数は六千六

百三十九句となった。また、夫が主宰である

俳句結社「麦兆」を陰から支え尽した。わか

子の句碑は、葛城の家の裏山の「俳句の森」

に、「木々透きし山の寂光われも透く」「戦場

ヶ原のすすきの細かりき」が建立されている。

平成十一年四月三十日逝去 亨年八十一歳。

辞世の句、「亡き夫の笑顔を抱き梅の里」

俳画を薮本積穂先生に師事。盆栽を世田谷の

鈴木さんに師事。文章教室で随想を五本就筆。

洋裁を指導。仏教を竜光寺深尾法順和尚に師

事し坂東、秩父、四国の巡礼地遍路。

 

奥付

金子わか子句集「観世音菩薩」

編 者  金子義昭(俳号 如泉)

編者住所 埼玉県東松山市殿山町6~22

発行   平成三十年四月三十日

発行所

印刷

製本

 

 

 

 

 

 

 

 

金子わか子俳句集『観世音菩薩』に寄せて

稲葉道子(長女)

この句集の編集に参加することが出来まし

たことを感謝します。膨大な俳句の数くを通

しての様々な思いが伝わってきました。

父との長い別居生活の中で七人の子を育て

上げ家を守り父を蔭になり日向になり支えて

きた母でした。父が思い通りに人生を送るこ

とが出来たのは母の大きな支えがあったから

と思っています。

秋叙勲夫の影にて写さるる   わか子

この頃の母はやっと落ち着いた日々になっ

たのでしょう。記念の写真の母は晴れやかで

す。若い時から洋裁で家計を助け、盆栽を楽

しみ(これは本格的でした)、旅行を楽しん

だ様子が句に窺われます。俳句を父と共にそ

して麦兆の皆様と共に生涯作り続けた母は私

の句作の生涯の師となりました。

木々透きし山の寂光われも透く わか子

亡母が百歳を迎えるこの時句集が出来ること

は本当に嬉しく弟に感謝です。

 

田代幸子(四女)

母わか子の四女として生まれ、七十四年余

りの月日がたちました。母に対しての思いが、

この「句集」を編むことによって更に深まり、

私自身の今までを振り返ることが出来た様な

気がいたします。

『正風俳句かるた』(金子恵泉編)が出来

た小学五年生の頃、それを販売するため母に

連れられ東京神田の本屋さんを歩いたことや、

高校を卒業する時、母一人弟三人を残して東

京に行くことになり、色々母と話し合い悩ん

だことが思い起こされました。

俳句を通して母が生きて来た道の喜び悲し

み苦しみが伝わってきて、俳句の持っている

力はつくづく凄いなと思いました。その時そ

の時の状況が目に浮かび思い出されます。

今回、この句集を出すことができましたの

は、麦兆社の皆様の御蔭であり感謝するばか

りです。皆様のご健康とご健吟をお祈り致し

ます。

 

金子辰夫(三男)

七人兄妹の末っ子の私も六十六歳になりま

した。今から五十六年前頃の母の句で、
    離れ住む生き甲斐捨てじ松根接
  私が小学四年生の頃の句で、母と松の根接

ぎを夜中までし、翌朝、二人で目を覚ました

のがお昼頃、それから何事もなかったように

学校に行ったのを思い出します。 

  また、母は出かけるたびに隣近所にお世話

になってますと言って、お土産を届けていた

のを思い出します。東京と喜連川の二重生活

の中で色々悩みがあったと思いますが、辛い、

寂しい、悲しいと言う言葉を聞いたことがあ

りませんでした。強い母だったと思います。

編集後記

金子義昭(二男)

掲載句は、生涯俳句数約七千句(主に直筆

の俳句、俳誌「麦兆」掲載句)の中から千句

選びました。題名「観世音菩薩」は、残され

た俳句の中に日本仏教に帰結する生活句が数

多く見受けられたことにより、決定しました。

俳句掲載は、一句独立の立場から編年体とし、

詞書や説明書きは全て省略しました。最終選

句に当たっては、姉道子・姉幸子・弟辰夫の

協力を仰ぎ、不明な箇所の話し合いをし、参

考にしました。

七十歳になるまでわがままに暮らしてきた

自分を振り返ってみますと、歳を重ねるほど

迷いや後悔が後を絶ちません。父の『金子恵

泉俳句集成』を、平成二十七年に出版してか

ら、やっと母の句集を出版することができま

した。関係各位に深く感謝の意をささげます。

 

金子恵泉俳句集成 全 如泉

風呂に入って思いついた「軽み」のこと 令和2年3月30日午前2時

◯「軽み」は風だけでもなく、「体」だけでもなく、両方を備えた「風体」である。

◯「軽み」は、芭蕉も恵泉も辿り着いた境地の果てに獲得した「風体」である。

◯「軽み」は、俳句を精進してきた人がその各自の人生の晩年に辿り着く「風体」である。

◯「軽み」は、その「風体」の特徴を具体的に証明することが出来ると思われる。

◯「軽み」は、その境地に辿り着いた人が何時でも俳句にすることが出来るとは限らない。

★「軽み」という「風体」が誰にでも理論上理解できるようにするための調査の具体的方法

?、「軽み」の句であると私が判断した、芭蕉、恵泉、蕪村、一茶、如泉、わか子、麦兆の会員の俳句を、選出分析する。

?各人の晩年の生活や俳句の精進の仕方を調査する。

?「軽み」という「風体」の過去の研究実績を調査し、私の考える「軽み」と比較してその差異を明らかにする。

 

 

 

『金子恵泉全句集』 

 

大正一三年(1924)

 

『花野』

カチカチとひょうし木たたく寒さかな

(※尋常小学校5年生俳句初出。作者が言うにはこの俳句を先生に大層誉められたそうである。)

 

昭和一九年 資料1

「昭和一九年三月二六日充員召集令状を拝す」

昭和二一年(1946)

 

昭和二一年 資料1

昭和二三年(1947)

 

昭和二三年 資料2

自由律

階下に移って谷底に坐った気持

前の丘陵が自分を抑へつける昼

砂遊びの悪童達だけが生きてる

晴れた空の眞中を谷底で診てゐる憂鬱

しっとり暮れて虫の声がして

煙草吸へば目まひ別れて寝る

 

『花野』

 

昭和二四年(1949)

 

昭和二四年 資料3

「舌頭千転」

古翁のをしえは唯内容のみの注意には あらじ一句の調を整へよとなるべしそを今人の心にのみかゝずらふは如何ぞやそもそも句の歌より起りしは宗鑑守武に質するまでもなく周く人の知るところ連歌俳諧発句とよく/?眺め来たれば明らかなるべし而も句は独り立ちせし所以あり句と歌とは姿異るたとへば歌は羽織誇大縞黄八丈白足袋履き桐の下駄にて刈込鮮かなる庭園を遊歩するさまに似たるか句は浴衣に草履引っかけ手拭肩にふらりと夕涼に出でたるが如しこゝを混同そてけじめなきは何事ぞやよく/?味ひかし哲学句をものせんと汗流す輩は今一たび芸術丸を飲み直し一夜熟睡してさてさわやかに旭日の上らん程に起き出でて顔洗ひ給うこそいとめでたかるべし

愚按

 

 

「句の生成」

己が生命を自然の中に見出さむとするものこそ俳句とは云ふべく單なる描写叙景抒情のみにてはさは云ひ難したとえ姿はよしとするも芸術としての価値はなし人生を凝視し人生に感動し而もそれが自然の中に発見されたる瞬間に句は生成さるものなり

 

 

「俳句以前」

絶対鑑照を俳句以前といふさてその所以を述ぶれば

一、俳句にせし時に俳句は死す

表現には制約あり詩心即言語文字は重要なりこの制約を解除せんことこそ日頃心掛けざるべからざる要件にて彼のフローベルがその弟子モーパッサンをして名をなさしめたる鍵も将にこれなりしなり

 

一、感動を写し得ればまことの俳句生る

これこそ表現の生命にしてこの写生こそ絶対写生と云ひ得べしクローチェの所謂直感はこれに近きか

 

一、イチゴはイチゴなり

こゝに俳句生れ永く生命を保つイチゴの新鮮さは古往今来いさゝかも 変化なし芭蕉の不易なり宇宙の生命を知ることは詩心探求の最たるものなり

 

一、宇宙の凝集なり

十七文字の中には宇宙のまことを収むこれ俳句の実体なり西行の和歌における宗祇の連歌における雪舟の絵における利休が茶における其の貫道する物は一なりと云ひし芭蕉は恐らくは宇宙のまことを探求せずんば止まざるの意気を持ちて只此の一筋に繋がりしなるべし

 

一、絶対鑑照

自然鑑照と云ふは対立相対の観念なり自然と一体たる己を知ることこれ即ち絶対鑑照にて句の根底たるべし而して句の母たるべし故に句作りの心を忘れたるときまことの句は生るゝものなり

 

 

昭和二四年 資料4(1949)

 

3,8

さかり居て麦の畑打つ人見れば故郷の春しきりに恋し

 

故郷に侘しく生活する妻と子と思ふはかなしなすすべもなき

 

ぬるみたる田の畔に出て草つめる童を見るに涙する我

 

3,9

麦畑に埃蹴立てゝたはむるゝ親犬小狗春の日うらゝ

 

古池のおぼろ月夜やひきの声

おぼろ夜の道に二つのひき這へる

おぼろ夜の路よぎりけりひき二つ

埃舞ふ街の真昼やところてん

 

3,14

古池やおぼろ月もる蟇の声

 

友はみな唯一すじに学び居ぬたつきに追はるおのが悲しき

 

9,14

加藤君のところで彼の帰宅を待つ

病む友に辞職をすすめようと待つ昏れ

病む友を待つ間に空虚な言葉

辞職をすすめて次に言ふべき言葉なく

何と言ふわれも空腹

辞職すすめんと待てど病友の帰るが恐し

 

「絶望」

神秘の扉が開放された

これから人間は

何を知ろうとするのか

雨が降りつゞく

それでも晴天というのか

この上何を求めようと言ふのか

見た 知った

この世の渦は

青と赤と黄のカクテル

割り切れるものか

灰色の世界に

空虚な朗か

ニヒル ニヒル

人間はうそを言ふことの出来る動物である

 

『花野』

 

昭和二五年(1950)

 

昭和二五年 資料3

「自然と俳句」

自己のいのちが如何に自然と直結してゐるかと云ふことが作句の重要な問題である叙景や単なる描写や主観のみの表現は散文に譲るべきで生を写すこと即ち写生することが大切である而もその生は自然の現象そのものではなくて自己の生なのである

 

小魚のぴょん/?跳ねて猫柳

 

猫柳の芽が大きくなり花となって銀色に光り初める頃の自然が小魚の跳ねることに通じそれが作者の春のときめきであった時はじめてこの句が生れたのである

 

 

 

昭和二五年 資料5(1950)

9,18

 

昭和二五年 資料9(1950)

 

昭和二五年 資料10(1950)

 

 

昭和二五年 資料11(1950)

 

昭和二六年(1951)

 

昭和二六年 資料6(1951)

 

3,13 入試 文系

「常に準備をしているものが運を捕える。

耳をかたむけるものと空耳できく者との十年間の時は小使と社長との答が出る。」

 

「日本の詩の朗読は読詩に如かない

耳から来るものならば西洋の朗読に如かない

日本語には韻があっても無いのと同じだから」

 

皇后さまは神々しい

そのお顔が美しい

だれかに似ているな

そうだ

妻の顔だ

 

7,21 上野駅で

皆楽しそうだな

どこに行く人達か知らぬが

行列が解けて

まるでキャベツ畑の夏蝶が

一時に舞いひ上った様に

長いホームを跳んで行く

 

小さいお嬢さんよ

ころばない様に

お母さんとお姉さんと三人で

どこに行くのか知らないけれど

楽しく気をつけて行ってらっしゃい

 

昭和二六年 資料11(1951)

 

 

昭和二六年 資料12(1951)

 

昭和二七年(1952)

 

昭和二七年 資料7(1952)

 

「波郷は自然を友とし

芭蕉は自然を主とする」

 

 

昭和二七年 資料11(1952)

27,12 裸木集

機関車の火照り見えゆく山しぐれ

大霜や日輪まなこ灼くごとし

一しきりしぐるゝ宿や榾埃

暮れかかる野面明るし初しぐれ

暮れかかる野の面明るし初しぐれ

大日輪野を焼かんとす薄氷

 

 

昭和二七年 資料13(1952)

 

『花野』

 

昭和二八年(1953)

 

昭和二八年 資料8(1953)

 

2,26の朝 茂吉翁逝去の新聞を見て

歌人の最後の選や残り雪

 

降りそそぐきさらぎの雨木々の芽のいまだは

11,12

詩 作品と自己の距離を○とする

小説 作品と自己の距離を堅持する

 

 

昭和二八年 資料14(1953)

 

昭和二八年 資料15(1953)

狂句

迷優のわざをぎをかし春の宵

 

二八・三・二四 雅叙園にて二八年度打合せ会あり。秋葉・塩島・片山・瀬能・鈴木・赤坂・原田・金子 計八名。

 

山楽の間とて折々の花、天井と云はず、欄間と云はず、襖と云はず塗りこめられ座して見るに堪えず。夕暮れに、かそけく浮きて点点と見えたる木の芽に救はる。

 

会談一時間半。後小宴を張る。尾を振り尾を捲く様正視するに忍びず。人の世の寸劇。古今東西を通じて演ぜられる寸劇。喜劇か,悲劇か。

 

二八・三・二五

荻野氏朝来る。長男入学についての御禮。借金のこと。貸金のこと。世の中はすべて金だ。金を獲得することに心を向けねば必ずひどい目に合うという。

 

真の友を得ること難きを知る。今にして知る。余の心を知り生涯の伴侶たるべきは父母亡き後は妻のみ。妻唯一人のみ。春雨終日降る。ホーレン草一把拾円、みそ百匁、焼き飯にして夕餉終る。田舎にては道子を囲み妻子一同久しぶりの団欒たるべし。緑屋の月賦二千円支払う。

そろ/?父の性格が己の中に眼を出して来た。孤立しても他に媚びへつらいはない。他の左様な者を見ると無性に腹が立って来る。

 

 

四・二七・

終日生活に歩みつかれ椽端にて埃の足を洗う 月光水にうつり晩春の水冷たけれども快適なる 寸時の喜び これ人の世の楽しみ歟

 

「鳥追」に見る明治以後

鳥追や夕日に下る九段坂   (子規全集)

鳥追の笠傾けて凧を見る 鳴雪(鳴雪俳句集)

鳥追のかほよくて知る人もなし 青々

 

夕月に鳥追戻る小梅かな 冬草(現代俳句大観)

鳥追や今戸を出でゝ雪催ひ 水馬(昭和一万句)

 

 

七月四日

梅雨の霄れ間しばし。豆腐屋の走り廻るラッパの音縦横に乱れ飛ぶことをかし。七月四日夜。落萩来る。二句を示す。山路の句秀作なり。三〇分程にて帰る。

 

七月五日

「何事も貫徹せずしては成ることなかるべし。俳句も己がものとする為には先人の教えた通り彫身る骨の苦心必要なるべし。予性物に倦み易く四十余年の歳月寔に為すところなかりき。今にして唯々一物無きを恥ず。余生幾何あるを知らず。知らずと雖も成さざるべからず。己を自然に投影してこれを写す。自然とは万象なり。万象は己を投影して写すべし。これ予の句境なり。以て句を成すべし。」

 

『花野』

昭和二九年(1954)

 

昭和二九年 資料16(1954)

3、29 貧の春

11,16

「予曰 俳句は自然を信ずることから出発する西欧人は自然を疑うというが、疑う主体は何か 自己である 自己を信ずることから出発するというが その自己は疑わないでよいか 西洋哲学は自己を疑うことに発したのではないか 「我とは何か」ここより出発したのではないか 自己を疑うことに発した文芸が低次であるというなれば自己を信じて出発したものを高次とういことになるかも知れない 然し自己を信ずることは正しいことではない 自己を発見するというのは 自己の認識の限界内に於けることである 認識の限界を超えた存在者をわれ/?は信ぜねばなるまい それは太陽の出現であり 生物の生命である 或ひは又草花の色彩である この一木一草の神秘を誰が認識し得ようぞ われ/?は自己以外の自然を謙虚に見つめ そこから新しいものを発見すべきである 「松のことは松にならへ」と云うのはその事である 或者は云うであろう 「松にならうのは自己である 所詮自己以外ではない」と 然しもしそれが松を見ることによって昨日も今日も明日も同一の結果しか出ぬとなれば その言を肯定する他はあるまい ところが吾人の進歩はすでに松を見つめることによって昨日の松ではないことを発見している これこそ人間の認識の限界が自然を見ることによって一歩拡大したことになるのではないか 現象に接して自己が進展する これは事実疑いないことがらである 自然を疑って疑って疑いぬいて最後に残るものは何か それは「我思う故に我あり」という自己の肯定である これまで西欧人もいうとおりである 然しその自己の肯定をなす主体は何かというとそれは自己の生命である 而もこの生命は決して人間の創作ではない この生命の根源を予は神というのである この造花即ち神を疑うことは何人にも許されない そこで自然は神の創造であると考えるのである 勿論生物一般もこの中にある 従ってすべてを信じ万象を肯定する この態度こそ俳句の根元であるわけである 俳句は否定の文学ではない 俳句は肯定の文学である 俳句

は自然を肯定し俳句は人間を肯定し自己を肯定する 西洋思想は否定の上に進歩を見出す 俳句は肯定の上に進歩を見出す 東洋思想がこの肯定の上に進歩を見出しているのか否か考究すべきである 予は否定と肯定の立場が帰依するところ何れに決するかに興味を持つ 而も予は肯定こそ眞であるという考えを持つ 否定してその結果が肯定となった如く肯定して結果が否定となることがあるであろうか 肯定と否定とを止揚した肯定即ち絶対肯定こそ東洋に於ける悟りでありキリストに於ける愛でありソクラテスに於ける信であり孔子に於ける恕であり老子に於ける無為である 現代科学は方法論的には否定に出発しているがその根拠は肯定である これを仮説とする人がある 仮説に出発しているという 然り仮説である 然しながらこの仮説は既に肯定の基○に立っているので否定ではない 否定に立つならば仮説の導き出される筈がないのである 予は死を肯定すると同時に生を肯定する 個の死は具象であり個の生は無限である」

 

11,16

鉄骨の組まれし底に夜の焚火

 

11,19

炭満載して貨車東京へばく進す

着ぶくれてとりのこさるゝ教師かな

 

11,20

「美とは安定なり 故に安定したものは美ではない 『不安定の中に希求される安定』それが人間の実在的理想であり 美の累次的具象である 『累次的美の形成』個人のロゴス的発展である」

 

デパート店じまひ

クリスマスセールの人形達

大きな三角の紙袋頭からかぶせられる

電燈が次々に消されて大きなシャッターが下される

 

12,16

大山の雪嶺を見き大山の襞鮮かに雪あり

 

昭和二九年 資料17(1954)

 

「『来たる所を知り行く所を知る者はかなしきかな』と有島武郎は云ふ。然し、知り得る者がおるであろうか。人は知りたいと思い、知ろうとつとめる。けれども幸にも神はその二つの一つすら人には与えては呉れなかった。神からこの魔力の扉の鍵を渡されたのは時のみであった。若し時が人間の手に鍵を渡したら想像しただけでも血行が止まりそうである。人間の終焉の大きな穴の口」

 

29,9,29 「幸福の限界」

「喜びと悲しみの距離は極めて確かである。『幸福』と考えていることは、ちょうどその両者が接した時に突然意識され、そして両者が交錯しはじめた瞬間から消え失せるのである。だから『永遠の幸福』というのは、喜びと悲しみという両者が麻痺した時に意識されるべきで、普通は感情として実感されることは不可能であり、理論として構成し得る単なる概念にすぎない。従って人間が常態ならざる精神状態にある時か、又は死と云うものによる以外は『永遠なる幸福』というものを実感しようとすることは凡」

 

29,9,30 「俳句の作り方一」

「人間から美を引き出すものだ。その引き出されたものを十七音のことばに表現するのが俳句である。だから俳句は十七回刻む造形である。十七回しかのみを使い得ないのだからその前にのみを入れる箇所と入れ方を考えねばなりません。

出来上ったら近くで見たり離れて見た りして全体の姿をじっとみつめ、裏からも表からも横からもその感じをしらべる。そして初めて俳句として出品できる。」

 

 

昭和二九年 資料18(1954)

昭和二九年 資料19(1954)

昭和二九年 資料20(1954)

ひさご 第十一巻

昭和二九年 資料21(1954)

 

俳詩「葬」昭和二十九年二月十二日 黒羽の母死去、十四日葬儀、大雄寺に葬る 年六十六

葬列や吹雪の道のここよりす

吹雪の中柩傾きて畀かれ行く

坂につゞく葬列雪に乱れがち

坂にかゝり葬列雪に乱れがち

坂にかゝり雪の葬列乱れがち

雪の坂柩落ちんとして支へらる

凍てる身に木魚睡魔をつかしむる

雪止んで柩落ちゆく穴の底

雪もろとも柩落ちゆく深き穴

雪の墓葬りし土の黒きかな

頭寒しと言ひし人この如月に墓となる

頭冷たしと言ひしが如月に墓となる

方丈のまわりの牡丹枯れ盡す

 

「俳句のモンタージュ 試作」

 

29,2,24

芭蕉秀句   恵泉選

 

四十才  天和三年

秀句無し

 

四十一才 天和四年

○野ざらしを心に風のしむ身哉

甲子吟行

みそか月なし千とせの杉を抱くあらし

死にもせぬ旅寝の果よ秋の暮

○海くれて鴨のこゑほのかに白し

 

四十二才 貞享二年

○春なれや名もなき山の薄霞

○山路来て何やらゆかしすみれ草

いざともに穂麦喰らはん草枕

○こがらしや竹にかくれてしづまりぬ

 

四十三才 貞享三年

○古池や蛙飛こむ水の音

櫻咲いてよろこぶ鳥のけしき哉

観音のいらかみやりつ花の雲

唐破風の入日や薄き夕凉み

蛤の口しめて居る暑かな

○初雪や水仙の葉のたわむまで

 

四十四才 貞享四年

○よく見れば薺花さく垣ねかな

花の雲鐘は上野か浅草か

西東あはれさひとつ秋の風

○名月や池をめぐつて夜もすがら

月はやしこずゑは雨を持ながら

○たび人と我名よばれむはつしぐれ

○箱根こす人も有らし今朝の雪

古郷や臍の緒に泣くとしのくれ

 

四十五才 貞享五年

此山のかなしさ告よ野老掘

○草臥て宿かる比や藤の花

○ちゝはゝのしきりにこひし雉の声

蛸壺やはかなき夢を夏の月

ひょろ/?と尚露けしや女郎花

吹とばす石はあさまの野分哉

○雪ちるや穂屋の前の刈残し

冬ごもり又よりそはむ此のはしら

 

四十六才 元禄二年

春雨や蓬をのばす草の道

秣負ふ人を枝折の夏野哉

○結ぶより早歯にひゞく泉かな

夏草や兵どもが夢の跡

○閑さや岩にしみ入る蝉の声

五月雨をあつめて早し最上川

あら海や佐渡に横たふ天の川

秋の風伊勢の墓原猶すごし

蜻蛉や皌とりつきかねし草の上

初しぐれ猿も小蓑をほしげ也

いざ子供はしりありかん玉霰

四十七才 元禄三年

草の葉を落るより飛蛍哉

白髪ぬく枕の下やきり/¨?す

○木がらしや頬はれいたむ人の顔

 

四十八才 元禄四年

住つかぬ旅のこころや置火燵

おとろへや歯に喰あてし海苔の砂

雪間より薄紫の芽独活哉

○行春を近江の人とをしみける

五月雨や色紙へぎたる壁の跡

粽結ふかた手にはさむ額髪

ひら/?とあぐる扇や雲の峰

白露をこぼさぬ萩のうねりかな

木枯に岩吹きとがる杉間かな

 

四十九才 元禄五年

秋海棠西瓜の色に咲にけり

○名月や門にさし来ル潮がしら

塩鯛の歯ぐきも寒し魚の店

葱白くあらひたてたるさむさ哉

 

五十才 元禄六年

寒菊や粉糠のかゝる臼の端

○埋火や壁には客の影ぼうし

 

五一才 元禄七年

○梅が香にのつと日の出る山路哉

涅槃会や皺手合する数珠の音

麦の穂を便につかむ別かな

○凉しさや竹握り行く藪通り

朝露によごれて凉し瓜の泥

○大井川浪に塵なし夏の月

○秋近き心のよるや四畳半

ひや/?と壁をふまへて昼寝哉

菊の香の奈良には古き佛達

○秋ふかき隣は何をする人ぞ

○此道や行人なしに秋の暮

○旅に病で夢は枯野をかけ廻る

 

追補

三十七才 延宝年

夜ル竊ニ蟲は月下の栗を穿つ

○枯枝に烏のとまりたるや秋の暮

 

三十八才 延宝九年

○芭蕉野分して盥に雨を聞く夜哉

櫓の声浪ヲ打て腸氷る夜やなみだ

以上七十七句

 

『花野』

昭和三〇年(1955)

 

『花野』

 

昭和三〇年 『麦兆』第一号(創刊号)

 

昭和三〇年『麦兆』 第二号

昭和三一年(1956)

 

『花野』

 

昭和三一年 俳誌『麦兆』第三号

 

昭和三一年 俳誌『麦兆』第四号

昭和三二年(1957)

 

『花野』

昭和三二年 俳誌『麦兆』第五号

昭和三三年(1958)

 

『花野』

昭和三三年 俳誌『麦兆』第六号

 

昭和三三年 俳誌『麦兆』第七号

昭和三四年(1959)

 

昭和三四年 資料22(1959)

 

六月二十五日学術講演会で武者小路実篤先生の講演を聞いた。二十七日駿台出版社に立寄ると先生の言葉が(複製)掲げてあったので、その文がよかったから次に写して置く。

 

大愛

大愛は我等をとりかこむ

我等は万事大愛に任せて

安心して生きる

死ぬのも生きるのも

大愛の意思に任せる

私はあなたに私の一身を任せる

生きられるだけ生きて

あなたのもとに帰りたい

私の父が帰ったやうに

私の母が帰ったやうに

私の愛する人尊敬する人が

帰ったやうに

私は生きられるだけ生きて

あなたのもとに帰りたい

実篤

 

二五のお話とこの文と一体である。尊い言葉だ。

三四,六、二七記

九月三十日 姉より音便あり

「コウロギの啼く淋しさ、でもコウロギは決して悲しくて啼いているのでは無いてせうむしろ楽しくてたまらないのかも知れません それを人間が悲しく聞き淋しく又は忙しくそれぞれの心できめてきヽます」とあり。

 

十二月七日

芭蕉句に驚き入りし

冬がれや世は一色に風の音 元禄中の作(もとの水)

 

 

昭和三四年 資料23(1959)

 

5,28

『花野』

 

昭和三四年 俳誌『麦兆』第八号

 

昭和三四年 俳誌『麦兆』第九号

 

 

 

昭和三五年(1960)

 

昭和三五年 資料22 1960

三五,三、二

「処思」

宇宙あり、万物あり、

流転運行して息まず。

人あり、己あり、

生生継継して止まらず。

 

三月十二日

「造花万物を成し各々その所に置く。大小強弱随って生くいわんや賢愚文質をや。賢は賢に生き愚は愚に生き文質またそれぞれに生く。生きるは徹するにあり。徹せざれば死す。『幻の栖ならずや』と言ひし古人遂に『一筋につながり』ぬ。愚質それ放つべからず。」

 

 

昭和三五年 資料24  (1960)

 

昭和三五年 資料25  (1960)

35,1,1

35年1月現在

義夫   大正1,8,15 生  47,6才

わか子  大正6,9,7  生  42,4才

道子   昭和10,6,30生  24,7才

昌子   昭和12,8,21生  22,5才

紀子   昭和16,7,16生  18,6才

幸子   昭和18,10,16生 16,3才

十郎   昭和21,11,4生  13,2才

義昭   昭和23,10,4生  11,3才

辰夫   昭和27,1,1 生  8,0 才

 

1、20

 

3,12

「俳文」

造花万物を成し各々その所に置く。大小強弱随って生く。況や賢愚文質をや。賢は賢に生き愚は愚に生き、文質またそれぞれに生く。生きるは徹するなり。徹せざれば生きず。「幻の栖家ならずや」言い、古人道に「一筋につながり」ぬ。

 

 

『花野』

 

昭和三五年 俳誌『麦兆』第一〇号

更衣

 

昭和三六年

 

昭和三六年 資料26  (1961)

 

『花野』

 

昭和三六年 俳誌『麦兆』第一二号

 

昭和三六年 俳誌『麦兆』第一三号

 

昭和三七年(1962)

 

『花野』

 

 

昭和三七年 俳誌『麦兆』第一四号

 

昭和三七年 俳誌『麦兆』第一五号

 

昭和三八年(1963)

 

『花野』

 

 

昭和三八年 俳誌『麦兆』第一六号

 

 

昭和三九年(1964)

 

『花野』

 

昭和三九年 俳誌『麦兆』第一七号

コタンの詩

 

 

昭和三九年 俳誌『麦兆』第一八号

 

昭和四〇年(1965)

 

『花野』

昭和四〇年 俳誌『麦兆』第一九号

 

昭和四〇年 俳誌『麦兆』第二〇号

信濃の秋

昭和四十一年(1966)

 

『花野』

 

昭和四一年 俳誌『麦兆』第二一号

 

昭和四一年 俳誌『麦兆』第二〇号

 

昭和四二年

 

昭和四二年 資料26!※通し番号で26が昭和36年と重なっている。訂正必要!

 

『花野』

昭和四二年 俳誌『麦兆』第二三号

 

昭和四二年 俳誌『麦兆』第二四号

蓑虫

昭和四三年

 

昭和四三年 資料27

(※学生紛争の年 このこの手帳重要なり)

恵泉「歴史手帳」 昭和43年(1968)1月より

 

今日できないことは、明日もできない。ゲーテ

 

「人間はいつも自分が満足な状態にありたいと思う。この心を希望という。希望は時間と空間、質と量、精神と肉体との状態によって変転する。   ―考―」

 

「秋になると木の葉が落ちる。春が来れば、木の芽が出る。地球上のものは、一切地球の存在する自然の法則の通り、一分の違いもなく運行する。そしてすべてのものは地球の運行の法則の外には出られない。これを運命という。―考―」

 

 

2月15日

翁七部集、昿野集 巻之三「暮夏」の部に津島俊似として二句みえ その後の「涼しさや橋の下ゆく水の音」とあり、この句、予昭和二十六、七年の頃、教員旅行の途次修善寺に立寄りたる折の句と全く同じ。但し予はその頃この句を全く知らず。

 

44年2月1日より世、船橋町5丁目17番23?305号となる。

 

 

『花野』

 

 

昭和四三年 俳誌『麦兆』第二五号

 

 

昭和四四年

 

昭和四四年 資料28  (1969)

44,1,7

 

「学園混迷歳去来

師弟閉心如仇敵

誰知凡夫百年計

極寒月下対学舎」

 

 

49,10,3

「人の善意ほど尊いものはない。

けれどもそれほど弱いものもない。」

 

昭和四四年 資料29  (1969)

 

昭和四四年 資料30  (1969)

「吐心録」  金子恵泉

 

44,10,4

「良心ほど高貴なものは無い。しかし、良心ほど無力なものも無い。」

 

10,6

「呑舟之魚失水制於螻蟻。」

 

10,10

「人は生まれる時と所を選ぶことはできない。」

 

10,13

「人の心を知りたいと思って文学に志したが、人の心ほど玄妙なものはないということがわかった。」

 

11,4

「自由は獲得するものではなく、随順する事によって大自然から与えられるものである。

11,4

「奪い取ったものは、必ず奪い取られる。」

 

11,4

「自力に驕るものは破れ、他力を信ずる者は全し。」

 

11,12

「利に走らざれば老いず。閑に居れば楽し。」

 

 

昭和四四年 資料31 (1970)

 

『花野』

 

昭和四四年 俳誌『麦兆』第二六号

 

 

 

昭和四五年

 

昭和四五年 資料30  (1969)

「吐心録」  金子恵泉

45、1,27

「童はことばを知らず行いを知る。」

 

1,       27

「自ら然るを知る、これを上とす。自ら然るを知らず、これを下をす。」

 

4,9

「価値があるということは、功利的であるということとうらはらである。自己保存に役立つという意味である。精神的にも肉体的にも結局そういうことになる。

生きものにとって価値があるということは、動物も植物も人間もいのちを害なわない、いのちの永続を助けるというものの評価である。宗教も、芸術も、あらゆる学術もこの一点を見失ってはならない。他を利用し、他に利用されるところには社会構成の意味がある。けれども、利用ということばを犠牲と考えてはならない。犠牲はいのちの滅亡を意味しているからである。」

 

4,9

「他人を踏み台にして生きているものがある。仏のような顔をして心は獣である。然しこんな人間は自分だけうまくやったと思っていても目あきの千人もいることを忘れているから、つまりは動きのとれない穴の中に落ち込んでゆく。」

 

8,4

「先人の説を批判するのは、よくよく辛抱しかねる場合にのみ限るべきで、大方は謙虚に聴くことが好ましい。

荻野 清 はしがき」

 

10,1

「為師自然 人自定矣」

 

 

昭和四五年 資料31 (1970)

 

昭和四五年 資料32 (1970)

45,10,16

栗飯に旅行く腹をこしらへて妻と一緒に駅に駆け着く

 

乗り換えも心せわしき人の波東京駅に着いて安心

 

6号車Eという席窓近く見送る妻のくれし板チョコ

 

すべり出すや妻も手をふるひかり号たちまち渡る六郷の川

 

箱根山霧のかなたに浮ぶ見え手前は早稲の田圃一望

 

トンネルを出れば又入るトンネルのうるさきほどに続く幹線

 

三島にてひょっこり見えし冨士の山しめたと額を窓にはり付く

 

神代より聳えしと聞く山からに生きる限りは見つつありたし

 

川止の嘆き偲びて大井川東海道の一の貫録

 

近頃の文化というは公害の煙突立ちて草木枯れゆく

 

名古屋にて一ぷくしたるひかり号名神道路右に左に

 

曇り来て山も野原も灰色に鈴鹿越えれば雨となりけり

 

古の都か京のすさまじく近代的となりてうそ寒む

 

新大阪夜の列車の人となり弁当買って旅を噛みしむ

 

須磨明石この辺りかと見張りしが遂に分らず雨の闇のみ

 

愛媛より用意はじまる寝台車荒々しきに臓ひやしつつ

 

三段の下段がよくてもぐりこむこれが寝床か毛布一枚

 

のり付けし寝巻一枚投込まれおそるおそるに横になりけり

 

時折はゆれ傾きて山陽の旅はこれより眠るほかなき

 

寝台の上の方からいびきして寝付かれぬまま水飲みに立つ

 

枕辺の電灯消して目を閉じて列車折々きしむ音聞く

 

目覚むればここは本土か九州か時計は 午前六時半なり

 

ブラインド上げれば外は今日も雨小学 生は夏の服装

 

岩山の段々畑径曲り墓石並びて家は貧 しき

 

やま峡にカラーテレビの広告塔ここにもすでに文化公害

 

雨けぶる終着駅に降り立ちて西も東も 知らぬ旅人

 

観光というバスに乗り一安心12時迄 は車まかせに

 

学会という大学へたどり着きタクシー 代はわずか200円

 

チラホラと見覚えのある人の顔会費払 って番茶一ぷく

 

会場の机の上に白い菊競い立ったる若 人の弁

 

爆音が折々窓をふるわせて発表の声何 も聞こえず

 

老人のもそもそ語る発表に問はずもが なの若人の問

 

総会ということもありくたびれて型の ごとくに議事了りけり

 

バス仕立て宴会場に乗り込めば何処も 同じ泳ぐ連中

 

薩摩なる名物汁に舌鼓二時間ほどのビ ール焼酎

 

旅館探し中途で席を退いて3000円 の高千穂の部屋

 

桜島今朝は噴煙見えもせずタクシー呼 んで急ぐ会場

 

昨日見し顔ぶれ少し減りもして司会の 告げる開始遅らせ

 

研究の発表という名のもとに語るはど れも要領を得ず

 

鐘二つ鳴りても止めずべらべらとまと まる気配更に見られず

 

聞く方も後半はただうつうつと時のた つのを惜しむ風なれ

 

12時を過ぎることはや20分やっと 終われば拍手パチパチ

 

食券を買って座席に落ち着けば丼めし の盛りすさまじき

 

フェニックスバックに記念写真とり午 後の講演会場を聞く

 

会長の胸につけたる大造花挨拶に立つ これは驚き

 

俳諧のわびさびほそみ追いやられにが にがしくも今日の講演

 

公園が済めば各々座を立ちてそそくさ と出る大学の門

 

旅果ての朝はホテルの窓遠く煙ほのか な桜島山

 

沖縄に散りし夫へ手向けしを聞きしは 京の庭の山茶花

 

 

『花野』

 

昭和四五年 俳誌『麦兆』第二七号

 

昭和四五年 俳誌『麦兆』第二八号

昭和四六年

 

昭和四六年 資料30  (1971)

「吐心録」  金子恵泉

 

46,3,27

「自然化々育成」

 

3,27

「神獣相半謂人」

 

3,27

「心身相和謂生」

 

3,27

「観世音是妙境」

 

3,27

「法自然即命長」

 

46,6,22

「説明しない

説明がない

あるだけ

いるだけ

しているだけ

 

光っている

動いている

生きている

死んでゆく

何も言はない

 

自然。

この無限の魅力

言葉のない

不思議な 流れ

微妙な 音

光」

 

46,10,11 睦会 於烏山

「稲村先生 栃木師範の恩師

六十から八十までは気力の差だけであ

る」

 

 

昭和四六年 資料33 (1971)

46,1

「人間は同じものを作ることはできる。しかし違うものを創ることはできない。

これが人間と神の違いである。

同じものを作る力は人間にある。けれども違ったものを創る力はない。」

 

 

46,4

「風俗は文学を顕わしている。

文学は心である。

故に心は風俗である。」

 

「体についているものを一つ一つみてごらん。そこにあなたの詩がある。

あなたの周囲を見てごらん聞いてごらん。そこにあなたの生活がある。

あなたの身についているものを一切とり去ってごらん。それがあなた自身であり、あなたはそれ以外の何物でもない。」

 

 

10,22(金)

午後8時半札幌(律子)より庸子死亡の?あり。全員病院に行っていて死亡の?あり。東京へ早く知らせてくれと紀子の依頼のよし。9時頃武より?あり。2週間位前から風邪で近所の医者にかかっていたが思わしくなし  入院させたが片肺がダメで心臓が弱り手を尽したが回復できなかった。庸子の遺体と共に一同帰宅したところである。紀子は庸子の傍に泣き伏しているので?はむり。心をたしかにもつようよく言ってくれと頼む。わか子と道子がゆく。今後又こちらから連絡する。

 

 

昭和四六年 資料34 (1971)

2,4

 

昭和四六年 資料35 (1971)

46,8,6

 

昭和四六年 資料36 (1971)

6,11

 

『花野』

 

昭和四六年 俳誌『麦兆』第二九号

嘘の雛

 

 

昭和四六年 俳誌『麦兆』第三〇号

 

昭和四六年 俳誌『麦兆』第三一号

霜の朝

 

 

昭和四六年 俳誌『麦兆』第三二号

身辺

 

昭和四七年

 

昭和四七年 資料30  (1972)

「吐心録」  金子恵泉

 

47,6,9

「古い秩序を一つずつ破壊していって残るものは何か。秩序とは、人間が生きるための知恵を積み重ねて作り上げた習慣である。古い習慣が新しい習慣と交替して行く。そこに新しい秩序が作られる。その新しい失序の基盤となるものは自然の法則ないしは節理である。この摂理、法則に反するものは必ず破られてゆく。

生物は生きる基礎を地球に置く。人間は地球の生きる基盤である。

そこで最小限度の生きる条件を考えてみると、

一、光

二、水

三、空気

四、食物

 

第二次的条件は、

一、住居

二、衣服

 

第三次的条件

一、習慣ないし秩序」

 

47,7,6

「日本文学と自然」

「東洋人は自然に仕えてきた。

西洋人は自然を仕えさせてきた。

印度の仏は自然であり、支那の天も自然であり、日本の神も自然である。仏に仕え、天に仕え、神に仕える、すべて自然に仕えることである。これが帰一であり、祭祀である。つかえまつることが祭の原義であるのはそのためである。

西洋における自然は、すべて人間に奉仕すべきものであり、奉仕しない自然は、動植物を含めて、人間によって征伐され、破壊され、亡される。人間が唯一最高の存在である。従って神というのは、人間が自然にうち負かされたとき人間に味方して自然を打ち負かしてくれる超人的力の所有者であると、人間が勝手に自己本位に考えたものである。いわば月光仮面的存在が神である。もし超人的力を持てない場合、自然に負けた場合は直ちに神の座から引き降ろされるか、さもなければ、いつかどこかで自分に勝利をもたらしてくれるという想定のもとに、しばらく神を許すのである。神といえども人間に不利な存在は許さない。これが西洋人の考えである。

さて、日本人の神は何かというと、東洋人の神と同様である。然し、又そのうちに日本人独特の考え方がある。即ち、日本人の神は、支那における造化すなわち、万物を化々育成する根元力としての神という観念と、人間の父母である神という観念が一体となっている。従って自分と血肉が直結しているという考え方である。

古事記の神話における造化三神すなわち、天御中主神、高御皇産霊神、神御皇産霊神よりはじめて伊邪那岐、伊邪那美二柱の神は生みの神、御祖神であるとする考え方である。この神が造化であり自然であるというのである。それゆえに、人間と対立したり人間に仕えさせたり、人間に敵対したりするものとしての自然ではない。したがって、いつ、いかなる場合でも自然は人間の親である。この親から生れ、生々発展するのが人間であり、自己である。絶対に自然を征服するという考え方は起らない。造化に随い造化に帰るという考え方が根本である。

この点が支那の天と少し違う。支那の思想は天帝であって、造化の観念は同じく根元力であるが、その造化すなわち天帝は、人間に対して命令するもの、人間は服従すべきもの、これに人間が服従しなければ亡びるという思想である。命令者と服従者という考え方である。日本の場合は命令者ではなく、生成発展を望むものとしての神であり造化であって、親として考えている。人間はそれゆえに、服従者ではなく、育成されは発展する子である。

この根本思想が、支那の思想と結び付いた段階で、変化した。すなわち、天帝の思想が自然を親から命令者へと変化させてしまった。親子に命令するものではない。子の成長を祈念し、発展を祈るのみであるにもかかわらず、命令し、罰する者へと変質させてしまった。

このように変質したために、西洋の自然観は極めて現実的、近視眼的、絶望的であるのに比べて日本の自然観は希望的、発展的、理想的である。

科学においても西洋は征服を目的とす るが日本は融合を目的とする。

人間は自然の中に生きる。自然を無視したり敵視して生きることは不可能である。征服するのではなくて、恩恵の中に生きるのである。自然の内にある生命体なのである。

この根本思想を悟らないならば、人間はそれこそ滅亡へ前進することになる。

文学はこの自然への随順と帰一を叫ば ねばならぬ。教育もまたここから出発せねばならぬ。

日本人は、この理を一日も早く悟って、その実践に着手する必要があり、その資格を十分具えているのである。」

 

 

昭和四七年 資料37 (1972)

47,1 歳旦吟(以後も)

三日の月

 

「天地に理あり

人間に義あり

理に随って義を為す 是を道という。」

 

「人間は生活の知恵を働かして、刻々環境を変形してゆく。

変形する環境に順応する速度が速ければ進歩と呼び遅ければ反動と呼ばれる。

しかし進歩も反動も幸福とは関連がない。

幸福というのは全く個人的な感情であって、抽象概念とか普遍性などはない。個人の感情は喜怒哀楽などでそのうち喜楽などを感じたときその個人が幸福であると言いうるのである。

親が喜ぶことは必ずしも子が喜ぶことゝ限らない。まして他人間のことは相反するのが現実である。だから幸福というものは全く個人的で共通性がないのが常である。連合赤軍にしても彼等が幸福と感じたことは大部分の人々にとって此の上もない不幸だったわけである。」

 

 

『花野』

 

昭和四七年 俳誌『麦兆』第三三号

 

昭和四七年 俳誌『麦兆』第三四号

 

 

昭和四七年 俳誌『麦兆』第三五号

 

 

昭和四八年

 

昭和四八年(1973)資料38

(※この手帳は恵泉が世界一周をしたときの

旅行記である。この文章は麦兆に掲載してある

ので、ここでは俳句のみを抜き出すこととする。

 

4,10 6時目覚める

「詩」

「日本の音が聞こえる

小さな小さな

かすかな音だ

ケルンはまだねむっている

身見もとにささやく声だ

日本の声だ

かちかちかちかち・・・・・・・

おお わたしは聞いている

日本のみんなの声を

お父さん お父さん お父さん

富美子の声だ

みんなのささやきだ

この時計は私と一緒に世界を旅してい

この小さな時計 日本の声 みんなのことば

ケルンの暁が 次第にひろがり

窓の外から ドイツの雑音が流れてくる

日本の音は小さく 小さくなってゆく

でも消えはしない ほら、 ほら、

雑音の切れ間に 日本の音が

日本のみんなのささやきが

耳の底まで聞こえるだろう

お父さんがんばってね がんばるんだよ

四角で小さな目覚し時計が

一生懸命に呼びかけている

ケルンの暁だ もう朝が近くまで来ている

夜がすっかり明けたら

又 旅をつづけるのだ

目覚し時計よ  お前もだ さあ」

 

5・2

 

5・7 青松寺を見た。sこで出来た漢詩を鐘さんに記念に短冊に書いて上げた。

「南勳香異国之友

随友三拝聖人廟

涼風自来身爽快

旅中洗心青松寺」

 

 

昭和四八年 資料42  (1973)

5,27

 

『花野』

印度にて

 

昭和四八年 俳誌『麦兆』第三六・三七合併号

 

昭和四八年 俳誌『麦兆』第三八号

 

昭和四九年

 

『花野』

昭和四九年 俳誌『麦兆』第三九号・四〇号合併号

 

昭和四九年 俳誌『麦兆』第四一号

 

昭和五〇年

 

昭和五〇年 資料40 (1975)

五十年九月九日 祝句

 

 

『花野』

昭和五〇年 俳誌『麦兆』第四二号

 

 

昭和五〇年 俳誌『麦兆』第四三・四四合併号

昭和五〇年 俳誌『麦兆』第四五号

昭和五一年

 

昭和五一年(1976)資料40

 

昭和五一年(1976) 資料41

五一、一一

 

「芸術とは気質を通して見られた自然の

一角である。

俳句とは人間を通して見られた自然のすべてである。」

 

 

 

和五一年 (1976) 資料42

 

『花野』

昭和五一年 俳誌『麦兆』四六号

 

昭和五一年 俳誌『麦兆』第四七・四八号合併号

 

昭和五二年

 

昭和五二年(1977)資料41

 

 

昭和五二年(1977)資料42

 

『花野』

池造り清水の口の一と工夫     麦51

※この句を恵泉は自壊して「軽み」の句と思っているようなことを言っていた。

 

「幻住庵」

芭蕉の幻住庵ノ記を読むこと久し、年の瀬のひと日、伊勢より京都に出、石山に幻住庵を尋ぬ。三百年を経て旧師に会う心地し、しばらく独り言して往昔を偲ぶ。

 

 

昭和五二年 俳誌『麦兆』第四九号

 

昭和五二年 俳誌『麦兆』第五〇号

「幻住庵」

芭蕉の幻住庵ノ記を読むこと久し。年の瀬のひと日、伊勢より京都に出、石山に幻住庵を尋ぬ。三百年を経て旧師に会う心地し、しばらく独り言して往昔を偲ぶ。

 

 

昭和五二年 俳誌『麦兆』第五一号

夏帽子

 

 

昭和五三年

 

昭和五三年(1978)資料42

 

昭和五三年(1978)資料44

 

『花野』

 

昭和五三年 俳誌『麦兆』第五二号

 

 

昭和五三年 俳誌『麦兆』第五三号

 

昭和五三年 俳誌『麦兆』第五四号

 

昭和五三年 俳誌『麦兆』第五五号

 

昭和五四年

 

昭和五四年(1979) 資料42

五四,四、一七

葉桜や火ともし頃の故郷を発つ

葉桜を躍り出でくる悪童ら

 

 

昭和五四年(1979) 資料47

五四、二,四 立春

春立つや句の弟子二人結ばるる

 

 

昭和五四年(1979)(資料45)

五四、五、三一 春の句

 

二七 快晴

 

「冬の海は淋しい

冬の海は淋しい

白い波頭は

白髪だ

黒い海の面は

深い切り込みのしわだ

雪が降り込んで

海は今年も終る」

 

 

昭和五四年 1979 資料46

 

昭和五四年 1979 資料48

 

『花野』

 

昭和五四年 俳誌『麦兆』第五六号

 

昭和五四年 俳誌『麦兆』第五七号

(※「花野」では五十五年に掲載されている。)

 

昭和五四年 俳誌『麦兆』第五八号

(※「花野」では五十五年に掲載。)

 

昭和五五年

 

 

 

昭和五五年(1980)(資料49)

「春雷」「草餅」

 

『花野』

 

昭和五五年 俳誌『麦兆』第五九号

(※「花野」では五十六年に入っている。)

 

昭和五五年 俳誌『麦兆』第六〇号

冬夕焼

 

昭和五五年 俳誌『麦兆』第六一・六二合併号

 

昭和五六年

 

昭和五六年(1981)(資料45」)

56,5,18 深大寺

 

 

昭和五六年(1981)(資料50」)

56,6,25

五月雨や雀の歩く台所

 

8,16

来るものは皆来て帰り法師蝉

 

 

昭和五六年 1981 資料46

五六・六・二六 恵泉亭

 

『花野』

 

昭和五六年 俳誌『麦兆』第六三号

 

 

昭和五六年 俳誌『麦兆』第六四号

昭和五六年 俳誌『麦兆』第六五・六六合併号

 

「去来抄抄説 一」   金子恵泉

芭蕉の高弟向井去来が師芭蕉の教えを忠実に書き残したと考えられている『去来抄』から、句作りの参考にと思い、抄出して説明したい。

 

本文

散銭も用意がほ也はなの森   去来

先師曰く「花の森とは、聞きなれず。名處なるにや。古人も、森の花とこそ申し侍れ。詞遣細工して、かゝる拙き事いふべからず。」と也。

一句の意は、花盛りの森に花見に来た人が、森にあるのだろう。賽銭も用意している面持ちが感じられるということである。この句について芭蕉は下五の「花の森」に難があると指摘し、花の森という語は聞きなれない、名所なのだろうかと言っている。そして昔の人(俊頼朝臣)も森の花(あづまじのおいその杜の花ならばかへらんことを忘れましやは)とは歌っているが、花の森とは言っていない。詞遣いを私意で小細工をして、このように花の森などと下手な言い方をしてはならないと注意している。このことは、句作する際に余り人々に用いられていない

詞を勝手に造り上げて使用すべきではないという教えであろう。現代人の特に心すべきことと思う。私製用語の乱造乱用は句作りには特に避けたいものである。

 

 

昭和五六年 俳誌『麦兆』第六七号

秋の池

 

 

「去来抄抄説 二」   金子恵泉

 

本文

凩に二日の月のふきちるか   荷兮(かけい)

凩の地にもおとさぬしぐれ哉  去来

去来曰、二日の月といひ、吹きちるかと働たるあたり、予が句に遥か勝れりと覚ゆ。先師曰、兮が句は二日の月といふ物にて作せり。其名目をのぞけばさせる事なし。汝が句は何を以て作したるとも見えず、全体の良句也。たゞ地迄とかぎりたる迄の字いやしとて、直したまへり。初は地迄おとさぬ也。

荷兮の句に対する去来の評価と芭蕉の評とがこの文の前段、去来の句に対する芭蕉の評価と添削が後段である。

まず、去来は、「二日の月」「吹ちるか」の語の働に対して、「予が句に遥か勝れり」と称揚した。これに対して師芭蕉は「兮が句は二日の月といふ物」で句を作っているので、その題目をとれば「させる事なし」といい、去来の句については「何を以て作したるとも見えず、全体の良句也。」と評価し、特別にこれといって目立つ題材をもって作った句とは感じられないが、全体としては良い句であるといったのである。ただし、去来の句の用語に関しては厳しく批判し、「地迄とかぎりたる迄の字いやし」として「地にもおとさぬ」と直したのである。

この「地迄」を「地にも」と添削した芭蕉の心は、「地迄」と限定しては句柄が小さくなり(までは元来範囲の及ぶ処を示す副助詞)、「地にも」の「も」の対比的含蓄的な語の効用には及ばないことを去来に教えたものと思われ、このことは句柄というものが、いかに素材や用語によって決定づけられるかという大切な作句上の心得を諭したものともいいえると思う。

荷兮の句も、発想の奇抜さや張りつめた力強い表現のため時人の称賛を博し、「凩の荷兮」とまでいわれたほどで、去来が「予が句に遥か勝れりと覚ゆ」と感嘆したのも無理もない。それにもかかわらず芭蕉が去来の句を好句としたのは、荷兮の才気に対して去来の正直素直を良しとしたものであろう。才気ある着想は蕉門の其角が優れていたし、芭蕉も其角を藤原定家に比したほどだから、荷兮の才能を認めていたに違いない。しかし、才気の行き着くところはやがて談林風になり、蕉風の希求する俳風からは遠ざかってしまう。芭蕉の考えの中には、この心配があったものであろう。現今の俳句界には、新し味を求めるに急なあまり、新奇を衒った着想や用語が行われているが、心すべきことである。

凩の荷兮に対して凩の言水という人があった。池西言水で貞門の俳人、芭蕉の先輩格の人で、その句は

凩の果てはありけり海の音

という句である。芭蕉には

木枯に岩吹きとがる杉間かな

こがらしや頬腫れ痛む人の顔

木枯や竹にかくれてしづまりぬ

などがある。現代俳人山口誓子氏は凩を

海に出て木枯帰るところなし

と詠い、寒々とした寂寥感を訴えている。

 

 

 

 

昭和五七年

 

昭和五七年 資料46  (1982)

 

昭和五七年(1982)(資料50」)

 

 

昭和五七年(1982)(資料51)

 

『花野』

浅草

それぞれに花野の花のなつかしき  麦71

ふりかへりふりかへり見る花野かな 麦71

(※前句「ふりかえり」の句は、栃木県さくら市葛城の「俳句の森」に句碑となっている。)

 

 

昭和五七年 俳誌『麦兆』第六八号

(※「花野」では五十六年となっている)

「去来抄抄説 三」   金子恵泉

 

本文

うづくまるやくわん(薬罐)の下(もと)のさむさ哉

丈草

先師難波(の)病床に、人々に夜伽の句をすゝめて「今日より我が死期(後)の句也。一字の相談を加ふべからず。」と也。さまざまの吟ども多く侍りけれど、ただ此の一句のみ「丈草、出来たり」と、の給ふ。かゝる時は、かゝる情こそ動かめ。興を催し、景をさぐるいとまあらじとは、此の時こそおもひしり侍りける。

「さまざまの吟ども多く侍りけれど」とある句を『芭蕉翁終焉記』(其角)によってみると、丈草の句と次の六句合わせて七句である。

病中のあまりすゝるや冬ごもり  去来

引張てふとんに寒き笑ひ聲    惟然

しかられて次の間へ出る寒さ哉  支考

おもひ寄る夜伽もしたし冬ごもり 正秀

籤(くじ)(旧漢字)とりて菜飯たかする夜伽哉

木節

皆子なりみのむし寒く鳴尽す   乙州

七人七句のうち特に丈草の句を「去来たり」とほめたのは、どういうことであろうか。丈草以外の句をみると、それぞれに師の病床夜伽の様子が想像されまたそれぞれに思いがこめられていてよい句である。去来によれば「かゝる時は、かゝる情こそ動かしめ。興を催し、景をさぐるいとまあらじとは、此の時こそおもひしり侍りける。」と、句の発想表現について、工夫をこらさず感じたまゝを詠むべきであることを思い知ったと述べている。一句を作るに当って、興を催し、景をさぐることは、当然あるわけであるが、このような時―師芭蕉の病篤い折の夜伽―には、その句案のいとまはないはずだから丈草の句のようにありのまゝ感じたままを率直に句にすることがよいのであろう。

 

 

昭和五七年 俳誌『麦兆』第六九号

 

「去来抄抄説 四」   金子恵泉

 

本文

じだらくに寝れば凉しき夕哉

さるミの撰の時 一句の入集を願ひて、数句吟じ来れど取べきなし。一夕先師のいざくつろぎ給へ、我も臥なんとの給ふに、御ゆるし候へ、じだらくに居れば凉しく侍ると申。先師曰、是ほ句也ト。今の句につくりて入集せよとの給ひけり。

さるミの(猿蓑)を撰ぶ時(今)一句入集してもらいたいと願って、数句作って来たが入集するほどの出来ばえの句がなかった。ある日の夕刻先師芭蕉翁が「さあ楽になさい。わたしも横になりましょうから」とおっしゃったので、「ではお許し下さい。じだらくにして居りますと凉しうございましょうから」と申しますと、先師が申しますには、「これこそ発句です、今の句(じだらくにの句)に作って入集しなさい」とおっしゃいました。

「じだらくに」の句は、去来発句集(俳書体系)に去来の句としてあるが、猿蓑には宗次の句としてある。宗次は猿蓑にもう一句入集してもらいたいので数句作って来たが、それらの句はいづれも入集に価しない句であった。芭蕉は宗次が苦心してあえこれ考えて作った句には」、上手な句にしようとの作意が見えてよくないとしたのであろう。句作りの心得として初心者に肝要なことは、感じたままを素直に詠むことである。「じだらくに」の一句は、正にその好例である。このことは、前号(麦兆第六十八号)で延べた「うづくまるやくわんの下のさむさ哉  丈草」の俳話にも明らかに示されている句作りに大切な心得である。また「俳諧は三尺の童にさせよ、初心の句こそたのもしけれ」(『三冊子』)という芭蕉の言葉も巧者の病の恐しさ対する注意と考えられる。

 

 

昭和五七年 俳誌『麦兆』第七〇号

「去来抄抄説 五」   金子恵泉

 

本文

此木戸や錠のさゝれて冬の月  其角

猿みの撰の時、此句を書おくり、下を冬の月・霜の月置煩ひ侍るよしきこゆ。然るに初は文字つまりて、柴の戸と読たり。先師曰、角が冬・霜に煩ふべき句にもあらずとて、冬ノ月と入集せり。其後、大津より先師の文に、柴戸にあらず、此木戸也。かゝる秀逸は一句も大切なれば、たとへ出版に及ぶとも、いそぎ改むべしと也。凡兆曰、柴戸・此木戸、させる勝劣なし。去来曰く、此月を柴の戸に寄て見れば尋常の景色也。是を城門にうつして見侍れば、その風情あはれに物すごくいふばかりなし。角が冬・霜に煩ひけるもことはり也。

芭蕉俳諧のお手本とも言われている『猿蓑』を編集するための発句を選んでいた時、其角から手紙で「此木戸や錠のさゝれて冬の月」の句を送って来た。その手紙に、下五を「冬の月」とすべきか「霜の月」とすべきかに迷い煩っているのだが、どちらがよいだろうかと書き添えられていた。そこで『猿蓑』編集に当っていた去来と凡兆が先生である芭蕉にその旨をお知らせすると、芭蕉は即座に「迷ふべき句でもない、冬ノ月がよい」と言われたので「冬ノ月」として集に入れられた。さて、この句の書きぶりは、最初去来や凡兆が見た時は「此木戸」という書き方が「此」と「木」とつまって一字のように見えたので、去来も凡兆も「柴の戸」と読んでしまっていた。ところが大津に滞留していた芭蕉の手紙で「この上五は『柴の戸』

ではない。『此木戸』である。このようにすばらしい句は、読み方が違っては大変なことになる。たとえ出版の運びとなったとしても至急改めなければならない。」と厳しい注意が去来と凡兆のもとに寄せられた。そこで『猿蓑』には「此木戸や錠のさゝれて冬の月  其角」として入集出版されたのである。凡兆は師芭蕉の意見に対して「柴ノ戸」でも「此木戸」でも、一句のよさについてたいした違いはないと言ったが、去来は、さすがに「柴の戸」では普通の景色であるが「此木戸」となると城門ということになりその風情は言語に現しえない程物すごく又あはれであると感じ入ったというのである。最後の其角が「冬・霜」に煩ったというのも無理もないといった去来のことばは、なかなか意味が深長である。すなわち、「霜の月」という時には、鑑賞の焦点が霜の上に移り荒涼とした冬の月のもとに照らし出された城門の全体的景情が分裂する恐れがあることを見抜いた去来の鑑賞眼を評価することができるように思われる。

初心のほどは句作りに当って様々な句材を取り合わせて、一句のおもしろ味を出そうとすることが多いけれども、その句材の選び方取り合わせ方は、あくまで一句の情趣に分裂を来たさぬよう心掛ける必要がある。

 

 

昭和五七年 俳誌『麦兆』第七一号

ふりかへりふりかへり見る花野かな 花57

(※『花野』に掲載されている『麦兆』からの俳句は、第1号?71号までであり、昭和五八年からは、俳誌『麦兆』が第一(最重要)資料となる。)

 

 

「去来抄抄説 六」   金子恵泉

 

本文

魯町曰、不易流行其基一なりとは如何に。去来曰、此事辯じ難し。あらまし人躰にたとへて言はゞ、先不易は無為の時、流行は座臥行住屈伸伏仰の形同じからざるが如し。一時一時の変風也。其姿は時に替るといへども、無為も有為も元は同じ人也。

芭蕉は俳諧の向うところを不易・流行のことばで示しているが、この考えは芭蕉が奥の細道の旅を終ってから門弟に示したものであるといわれ、蕉風俳諧の重要な理念とされている。しかし、この不易流行の本義は非常にむずかしく、当時の門人達でさえ解説が容易ではなかったようである。

今、ここに挙げた一節は、芭蕉第一の門人であった去来が、その弟魯町の質問に対して不易流行を比喩で説明したものである。魯町は「不易も流行も其のものとは一つであると聞いていますが、それはどういうことですか」と尋ねたところが、去来は「そのことは説明するのがむずかしい。そこで、およそのことを人体にたとえて言ってみよう」と前置きして説明したのである。そのことばによると、まず、不易というのは人が何もしないでいる時、流行と

いうのは座臥行住屈伸伏仰の動作をしている時でその形が刻々変化している時のようなものである。つまり流行というのは一時の変風である。其の姿は時々刻々変化しているが、無為も有為も元は同じ人なのである。そこで、その元といい、人というのは一体何を指すのであろうかということになる。

去来が其角に贈った書の中に次のようなこ

とばがある。

吾これを聞けり。句に千載不易のすがたあり。一時流行のすがたあり。これを両端におしへたまへども、その本一なり。一なるは、ともに風雅のまことをとれば也。

これによると、「元」というのは「風雅のま

こと」ということになる。そこで「風雅」とは一体何をさすのであろうか、「まこと」とはどういう意味であろうかが解かれねばならない。ここでわたくしは、芭蕉がその門弟森川許六に別れる時、彼に与えた『柴門の辞』(一名『許六離別ノ詞』)をみたいと思う。すなわち、

去年の秋、かり初めに面をあはせ、ことし五月のはじめ、深切に別れををしむ。其わかれにのぞみて、終日閑談をなす。。其器画を好み、風雅を愛す。予こゝろみにとふ事あり、画は何の為好むや、風雅の為好むといへり。風雅は何の為愛すや、画の為愛すといへり。其まなぶ事二つにして用をなす事一なり。―中略―予が風雅は夏炉冬扇のごとし。衆にさかひて用ふる所なし。たゞ釈阿・西行のことばのみ、かり初めにいひちらされしあだなるたはぶれごとも、あはれなる処おほし。後鳥羽上皇のかゝせ給ひしものにも、これらは歌に実ありて、しかもかなしびをそふるとの給ひ侍りしとかや。されば此の御こと葉を力とし、其ほそき一すぢをたどりうしなふ事なかれ。猶古人の跡をもとめず、古人のもとめたる所をもとめよと、南山大師の筆の道にも見えたり。風雅も又これに同じといひて、灯をかゝげて柴門(ここでは俳諧の意)に関係あることばは、「あはれなる処」、「実ありて」、「かなしび」、「古人のもとめたる所」などであると思われるが、「あはれ」は宣長のいう「もののあはれ」であり、「実」は「人の心の真実」、「かなしび」は「いとほしみ、なつかしむ愛する心」を意味するものと考えられ、いわゆる中世文学の理念といわれる文学精神を指しているものと思われる。

―つゞく―

 

 

 

 

昭和五八年

 

昭和五八年  資料46

58・5・14 宇都宮駅

 

「俳句とは・・・造化の神秘に気付いた驚きと歓びを五、七、五のことばのリズムに表現したものが俳句である。

発見の歓び

自然の生命活動

人間の生命活動

造化の神秘」

 

 

 

昭和五八年 資料46

 

昭和五十八年  資料53

昭和五拾八年五月十四・十五日

再)

 

七月二十日新宿「たかはし」に於て安田先生に

麦兆社より記念品を贈呈する一席を設ける。出

席者は哲夫、余沙、如泉、一泉、子泉、容泉、

北、英明、恵泉 以上九名

梅雨に酌む人なつかしき一夜かな   (再)

紫陽花を簪に今日の肴かな      (再)

 

 

日大文理学部時代の旧友仏文の佐藤良雄氏よ

り電話あり、喜連川に予を訪ねしも予留守のた

め千載一遇の好機を逸し無念のことなりと。予

返信に

悪友の俤に泣く夜寒かな       (再)

 

十月二日辰夫運転にて笠間稲荷参詣す 即吟

ならず目に留まりしものを記し置く

御燈、神前の松、赤まへだれの狐赤頭巾の狐、

笠間焼

十月十二日 古内武夫妻を案内して日光見物

す 中禅寺湖、華厳滝。東照宮を見る

 

十月二十九日 養泉寺にて「いづみ」会主催の

蕎麦の会あり、予招かれて参り高塩武一君の紹

介のありし後約二十分程挨拶を兼ねて教育を

説く そば打名人 中沢しげる君をはじめと

し集まりし主なる人々次のごとし 養泉寺住

職、小川郵便局長、花塚教育長、高塩武一、

相馬氏、高野校長、その他合計出席者二十七名

会終って小生「いづみ」会に入会す、そばの会

は別名「そば道楽」というとぞ、心温まる会な

あたたかきそばに思い出咄かな

 

高塩、花塚両君小生宅まで車で送ってくれて帰

十一月一日二日松の小枝や菖蒲の枯れ葉焚

きをした

 

十一月三日堀福太郎教授の奥様胃癌にて逝去さる由五日早朝島立教授より電話あり。享年六十一歳なりしと。五日自宅に於いて通夜、六日自宅に於て葬儀の旨申し添えらる。予通夜参列、葬儀会葬の為直ちに上京す。通夜は堀、島立、松村及び小生の四人。霊前に侍し思い出話などしつゝ時々重ぬ。雨の音聞ゆ。

六日葬儀午後一時より二時告別式。総長、文理学部長生花。葬儀焼香参列あり。義昭車にて予を送り参列。

葬了り島立教授と共に帰り義昭宅に立ち寄り昌子の家に泊る。七日和子上野駅まで見送り、午後四時頃帰宅す。

 

 

昭和五八年 俳誌『麦兆』第七二号

 

 

昭和五八年 俳誌『麦兆』第七三号

 

「去来抄抄説 七」   金子恵泉

 

本文

次に中世文学理念を歌論の上にみることゝする。さて、釈阿・西行は共に平安末期に出て鎌倉室町時代即ち中世初期に活躍した歌人であり作歌にも歌論にも優れた業績を残している。釈阿は藤原俊成の法名であり、元久元(一二〇四)年十一月三十日に九十一歳で没している。『千載集』を編纂し、『古来風体抄』という歌論も著している。後鳥羽院(上皇)御口伝に「釈阿はやさしく艶に心も深くあはれなるところもありき殊に愚意に庶幾する姿なり」と評され、『慈鎮和尚自歌合跋文』にも「なにとなく艶にも幽玄にも聞ゆることのあるべし」とその歌風を称えられている。また、西行は建久元(一一九〇)年二月十六日没、年七十三歳。佐藤義清、法名円位、西行はその号である。歌集に『山家集』があり一五五二首を収めている。初め北面の武士、二十三歳の時出家、諸国を遍歴し、「願はくは花の下にて春しなんそのきさらぎの望月の頃」と生前歌った通り二月十六日釈迦の涅槃の日に入滅した。その歌風については後鳥羽院御口伝に「西行はおもしろくて、しかも心も殊に深くありがたくいできがたき方も共に相兼ねて見ゆ生得の歌人とおぼゆおぼろげの人まねびなどすべき歌にあらず不可説の上手とあり、『吾妻鏡』にも、頼朝の和歌の問に対して答えた西行のことばとして次のことが記されている。即ち「詠歌者対花月動感之折、僅作三十一字也全不知奥旨」と。『山家集』の歌は、無常詠嘆、寂しい自然、力強い動的な自然を詠んだもの、庶民生活、人恋しさを詠い、特に平安貴族の和歌を庶民の和歌へと転換した歌人といわれている。参考までに俊成・西行・後鳥羽上皇の詠歌のうちから世に知られている歌を二首ずつ挙げてみると

俊成

夕されば野べの秋風身にしみて

鶉鳴くなり深草の里

(千載集巻四秋上)

むかし思ふ草の庵の夜の雨に

涙なそへそ山ほととぎす

(新古今集巻三夏)

西行

こころなき身にもあはれは知られけり

鴫立つ沢の秋の夕暮

(新古今集巻四秋上)

さびしさに堪へたる人のまたもあれな

庵をならべむ冬の山里

(新古今集巻六冬)

後鳥羽上皇

見渡せば山もとかすむ水無瀬川

夕は秋となに思ひけむ

(新古今集巻一上)

我こそは新島守よ壱岐の海

荒き波風心して吹け

(増鏡巻二)

芭蕉が「かりそめにいひちらされしあだなるたはぶれごとも、あはれなる処おほし」と述べ「後鳥羽上皇のかゝせ給ひしものにも、これらは歌に実ありてしかもかなしびをそふるとの給ひ侍りしとかや」と言った意味がわかるように思う。芭蕉の作句の中に右に挙げた代表的な中世歌人の歌心が明らかに感じられるからである。中世歌人の歌心はまた日本文学の中を一貫して流れてきた日本人の歌心でもある。

次に南山大師(空海)の筆の道の教えとして挙げた「古人の跡を求めず、古人のもとめたる所をもとめよ」「風雅も又これに同じ」という意味を簡単に述べるならば、「古人の跡」とは古人の残した形の意で、「古人のもとめたる所」とは古人が追及した心であり、その心は即ち「実(まこと)」であるとの意味であろうと思う。芭蕉が許六に教えた重要な点は形をまねることは易いが心を学ぶことはむずかしい。そして「実の心」「真心」「誠の心」というものが俳諧の精神の核であり、これを忘れることなく努力するようにということであったと考えられる。

芭蕉は俳諧の上に「古人の求めたるところ」をどう受け止めどう具現したのであろうか。『卯辰紀行』(芭蕉四十四歳から四十五歳に亘る旅の記で、一名『笈の小文』ともいう)に、

西行の和歌における利休が茶における宗祇の連歌における雪舟の絵における其の貫道する物は一なり

と述べ、更に、

しかも風雅におけるもの造化にしたがひて四時を友とす見る処花にあらずといふ事なしおもふ所月にあらずといふ事なし像花にあらざる時は夷狄にひとし心花にあらざる時は鳥獣に類す夷狄を出で鳥獣を離れて造花にしたがひ造化にかへれとなり

と。以上芭蕉の述べているところを要約してみ

ると、諸芸術の根本精神は一つであり、その一

つというのは「造化にしたがひ造化にかへ」る

ことであるという。「造花」とは天地自然の大

理大道をさすものと考えられ、それに従うとい

う意は「花」の像、心を学ぶことにあるという

のであろう。人間の心の中にあるさかしらを離

れて素直にものを視ものを考える、そこに歌が

生れ俳諧が作られるということのように思わ

れる。この心から生れるものは不易であれ流行

の句であれ真の俳諧であるということであろ

う。

 

 

昭和五八年 俳誌『麦兆』第七四号

 

「去来抄抄説 八」   金子恵泉

 

本文

電のかきまぜて行闇夜かな  去来

丈草、支考共曰、下の五文字過たり。田づらとか何とかありたし。去来曰、物を置くべからず。たゞ闇夜也。兩子曰、句にして拙なしと論ズ。其後草に語りて曰、。退ておもふに両士ハ電のと見らるゝ也。たゞ電後闇夜の句也。故に行とハ申侍る。草曰、さバかりハ心つかず。いかゞ侍らん。

句解  初秋の闇夜に突如ピカピカと恐ろしい速さで走り抜けて行き夜空が引き裂かれたように感じられる。その一瞬のあとは一そう深い闇夜の静寂にかえる。電が秋の季題である。

さて、この去来の一句について、蕉門の高弟である丈草や支考は「『闇よかな』という下の五文字は言い過ぎている。『たづら』とか何とかありたいものだ」と批評した。この批評に対して去来は、「下五に物を置いてはならない。たゞ『闇よ(夜)』でよい」と答えた。すると、曰く丈草・支考の二人は「そうは言っても、句としてはへたである」と論じた。其の後自分(去来)は丈草に話したことに、「あのあとで考えてみたがお二人の考えはあの句を『電』の句と見られたからあの批評が出たものである。自分のつもりでは電の去ったあとの闇夜を句としたものである。だから『かき混ぜて行』といったわけである。」すると、丈草は、「それほど闇について考えていたとは気がつかなかった。しかし句としてはどうであろうか」といった。

この談話は作句上、なかなか大切な心構えを述べたものである。つまり、一句作るのに『何』を主題にするかによって表現を考えなければならないことを去来が語っているのである。この場合は「闇夜」に主題が置かれていて「電」ではなかったわけである。作句上「切字」の置

かれる場合は、その切字の上の語がおよそ主題となるべきもののようである。特に「や」・「かな」・「けり」のように深い感動を表現する感動詞の場合は然りである。一・二の例を挙げてみると

名月や池をめぐりて夜もすがら  芭蕉

不二ひとつうづみ残してわかばかな

蕪村

煤臭き畳も月の夜なりけり    一茶

なお、この文の最後にある「いかゞ侍らん」は、一応丈草のことばとして解釈したが、去来が後人に向かって「どうであろうか」と問いかけてみたとも考えられるようである(『去来抄評釈』岩田九郎著)との説もある。

 

 

 

「去来抄抄説 九」   金子恵泉

 

本文

去来曰、句案に二品あり。趣向より入ると、詞道具より入ると也。詞道具より入ル人は頓句多句也。趣向より入る人は、遅吟寡句也と云。されど案方の位を論ずる時は、趣向より入るを上品とす。詞道具より入る事は、和歌流には嫌と見へたり。俳諧は穴がちに嫌はず。

去来が言うには、句を作る考え方に二通りある。一つの詩想とか詩趣とかいうものから句を作ろうとするのと、おもしろく感じたことばや珍しい素材などから句を作ろうとするのとの二通りである。ことばや素材からヒントを得て句を作ろうとする人は、句が早く出来多く作れる。詩想詩趣から作る人は句作りが遅く、出来る句の数も少ないということである。しかしその二通りの考え方で、どちらが格が高いかといえば、趣向から句作りに入る方が上位である。ことばや道具から句を詠むということは、和歌の方では嫌うようであるが俳諧ではしいていけないというわけではない。

このように去来は句作りの姿勢について述べているが、この見解は今日わたくしどもの句作りにもあてはまるものであると思われる。ことばや素材に心引かれて一句の発想がきまり、その素材を中心に句を作ることは一般に行われている句作りの近道であるし、俳諧の方ではあながち嫌うことではない。さてここで注意すべきことは詩想乃至詩趣から発した俳句が格が高いということである。つまり句を作るときの発想が句の格の上下に関係するとなれば、常に発想の源泉をなす詩心の涵養が大切となる。古人の発句・和歌、現代人の俳句・短歌、を味読することはもち論その他文学一般の読書、芸術などに関しても折にふれできる限り視野を拡げ教養を深めてゆくことが大切なことになる。これは言うべくして行い難いことではあるが、心掛け次第である程度の効果を挙げることができるはずである。

なお句作に多大の便宜を与えてくれるものに歳時記がある。江戸時代の俳人が俳諧の季題を集めて句作の参考にした書物であるが、明治以後引き続き研究され増補訂正などをして今日に及び各種の歳時記が刊行されている。

 

 

 

昭和五九年

 

昭和五九年 資料40

 

 

昭和59年 資料46

五九,一、二五 東京句会 午後五時 池袋

「たかはし」自参句二句

雪晴れや俄か句会の頭数       (再)

ねんねこの子守が通る雪の道     (再)

落ちそうに柘植の頭に残る雪     (再)

暖房の花越しにある雪景色

 

喜連川芝山薬師寺

枯れ芝にひと休みして山に入る    (再)

杉の枯葉落ち積む階をふみしめつ   (再)

薬師寺の荒れたるまゝに枯れ尽す

日溜りを歩めば無住狐狸の家

 

文理国文科学生の謝恩会に贈る 五九,二、二五 卒業式

春浅き門出の旅や照り曇り      (再)

○  春浅き旅の行く手や照り曇り    (再)

 

五九,二、一〇 ひとり日向ぼっこして書斎に居る

○  樫の葉が影曳きながら残り雪

○  軒の牡丹藁着せられて春を待つ

反りかへる樫の葉の船風寒し     (再)

北風や樫の葉船の形して       (再)

鳴きながら雀追い来る鴉かな

○  雪晴れや少し見え来し庭の土

 

五九,二、二六 大雪

雪激し雀よどこへ日が暮れる     (再)

 

五九,三、二五 六義園

○水温む思ひ思ひに池の鴨      (再)

○写真撮る老人会や梅の花      (再)

写さるゝ老人会や園の梅       (再)

山低み雪なだらかに積りをり     (再)

青空のひろがり雪の山低し      (再)

雪の堤道を挟みて續きけり

雪国の春の日差しや大雪原      (再)

雪国の春の日眩し大雪原       (再)

雪原の中に小さき町ありき

大雪原越しつ越されつ北陸路     (再)

残雪の崩れ来そうな山の道      (再)

春雨のけぶる山々高速路       (再)

送電塔野面を走る春の雨

花曇り新潟望む三〇〇粁       (再)

○  雪に霞む新潟望む三〇〇粁     (再)

 

五九年三月二十八日 朝雨 午後晴天

春雨にけぶる山々高速路       (再)

送電塔野面を走る春の雨       (再)

花曇新潟望む三百粁         (再)

春浅しバス待つ老婆子持村      (再)

めしという字の大きさよ春霞     (再)

春の山ずりこけそうな雪の層     (再)

残雪の山の裾ゆく上州路       (再)

深々と雪に埋もれ桑の畑       (再)

残雪や三国峠のカーブ数       (再)

残雪や三国峠の九十九折       (再)

凍結の隧道暗し三国越え       (再)

 

 

虫生岩戸海岸 二十九日 曇のち晴

○  残雪の絶壁なして道狭し      (再)

弥彦山佐渡は霞みて遠かりき     (再)

春の日の海に燃えいる弥彦山     (再)

○春の陽の海に燃えいる弥彦山    (再)

沖をゆく船白く見ゆ春の波      (再)

○  沖をゆく船足遅し春の海      (再)

遠霞風に碎ける波頭         (再)

広がりて伸びてくづれぬ春の潮    (再)

○  広がりて延びてくづれぬ春の潮   (再)

○春浅し波迫り来る親不知

しづ/?と波寄り来る親不知

春浅し波返す音親不知        (再)

○  春浅し波迫り来る親不知      (再)

○往昔の翁を聞きたし老桜      (再)

残雪を越えて触れたる翁の句碑    (再)

○残雪を踏みて触れたる翁の句碑   (再)

雪除けのとりで通過や波はげし    (再)

防雪のトンネル暗し波の音      (再)

防雪のトンネル暗し波はげし     (再)

○防雪のトンネル暗く海の音     (再)

 

三月三十日 晴 朝ホテルより眺望よし

家持の国見の跡や雪解坂       (再)

春の波足濡るるまで寄せ返す     (再)

春の波足濡るるまで来て返す     (再)

雨(あま)晴(はらし)そこまで見ゆる春の海      (再)

春の波足を濡らして引きにけり    (再)

○  大鐘を撞きし山頂雪解水      (再)

見晴るかす加賀の国原雪光る     (再)

○  雪解水大鐘撞きて山下る      (再)

 

兼六公園

ちらほらと名園の梅咲きかかる

残雪の山を望みて園に立つ

金沢の起源の井戸や残り雪      (再)

◎金沢の名の起り井や残り雪     (再)

草だんご名園めぐり疲れけり     (再)

草だんご名園巡り小休止       (再)

名将の夫人住みしと庭の雪      (再)

名将の夫人の居間と庭の雪      (再)

雪解水湛えて澄める氷室跡      (再)

◎  雪解水湛えて青む氷室跡      (再)

○春泥の僅かにありぬ園めぐり

名園に鯉遊びゐて水温む

○  名園を一巡りして草だんご     (再)

 

三十一日 雨 夜強降 夜半の句

明日を待つ宿の屋根打つ春の雨

○  咲きかけて雪に逢ひけり紅椿

初の雨傘さして見る城下町

雨音の強くなりゆく春の宵      (再)

春雨の強くなりゆく旅の宿      (再)

一しきり雨の音する春の宵

 

金沢俳人と別る

よき人と旅の別れや弥生尽

灰皿も加賀の生れか残り雪

残雪や梢(うれ)に残りしかりんの実

実盛の甲を拝む春の暮        (再)

実盛の甲を拝む春の寺        (再)

春浅き神域に拝む甲かな       (再)

○  春寒や秘史伝へ来しこの甲     (再)

神域に拝む甲や春浅し        (再)

幾星霜経て宝となりし甲かな     (再)

幾星霜武将の秘史かこの甲      (再)

◎  春寒や秘史伝え来しこの甲     (再)

岩洞を抜けてめぐるや那谷の春    (再)

春寒や岩洞抜ける堂めぐり      (再)

岩洞に座す観音の目の光り      (再)

◎岩洞に座す観音や残り雪      (再)

岩の壁触るれば雪解水滴る      (再)

雪解水滴る岩や翁の句碑       (再)

○翁の句碑囲み雪解の岩に立つ    (再)

 

山中温泉

山中の松の古びよ残り雪

その昔翁ひたりし湯やいづこ     (再)

木々芽吹く翁ひたりし湯やいづこ   (再)

残雪や溪に垂れ込む松の枝

夜もすがらせゝらぎ聞くや春灯下

 

全昌寺

句碑古りて二つ並ぶや日足伸ぶ    (再)

苔むして句碑二つあり翁と曽良    (再)

裏山の風聞きしとや春日和

 

永平寺

○霊域に残雪丈余修行僧       (再)

修行僧残雪に立ち禅問答       (再)

門前の禅問答や春の雪

 

気比の松原

春寒や人の寄り来る浜焚火

 

ますほの小貝 本隆寺 住職より小貝をいただく

○手にとりしますほの小貝春の寺   (再)

 

國井泉車出迎えて同宿 史跡奥の細道むすびの地 大垣着午後四時半

蛤のふたみの石や水温む

○  結びの地蕾ふくらむ桜かな

句道標古びむすびの地のおぼろ

水門川翁の俤水温む

 

五九,四、二 快晴 八時立

行く春や手を振る友の遠ざかる    (再)

行く春や手をふる人の遠ざかる    (再)

行く春や美濃連山のはだれ雪

木曽川の雪解の水の豊かかな

 

名古屋

鯱の霞の上に現われぬ

大垣城を友と仰ぎて春惜しむ     (再)

天守閣同士と仰ぎ春惜しむ      (再)

七人の雅友と仰ぐ桜かな

行く春を惜しみて友に別れけり    (再)

行く春やはるかに浮ぶ天守閣     (再)

 

 

昭和五九年(1984) 資料52

59,11,4 黒羽

 

 

昭和五九年(1984)  資料53

元旦

 

三月二十八日より四月二日まで六泊 北陸方

面奥の細道の跡をたどる一行七名 如泉・一泉

子泉・容泉・川上・余沙・恵泉二台の車に分乗して

東京出発、以下日記のごとし

二十八日 小雨のち晴 前夜雨はげし

三国峠残雪丈余層を成す

大雪原越後の春は尚遠し

春雨のけぶる山々高速路       (再)

送電塔野面を走る春の雨       (再)

雪霞む新潟望む三〇〇粁       (再)

花曇新潟望む三百粁         (再)

春浅しバス待つ老婆子持村      (再)

めしと書く字の大きさよ春霞     (再)

めしと書く字の大きさよ春の町    (再)

春の山ずりこけそうな雪の層     (再)

残雪の山裾走る上州路        (再)

深々と雪をかぶりて桑畑       (再)

残雪や三国峠の九十九折

凍結の隧道暗し三国越え       (再)

二十九日 曇のち晴

残雪の絶壁なして道狭し       (再)

弥彦山霞みて佐渡は遠かりき     (再)

春の湯の海に燃えゐる弥彦山     (再)

沖をゆく船足遅し春の海       (再)

遠霞風に砕ける波頭         (再)

青空の次第に広がる春の山

雪堤の道を狭みて続きけり

雪国の春日眩し雪の原      (再)

雪原の中に小さき町ありき      (再)

残雪の中に小さき町ありき      (再)

残雪や越しつ越されつ北陸路     (再)

 

出雲崎良寛生誕地

句碑有良寛の父以南の句也

我やと羽音まて聞く千鳥哉   以南

良寛宝暦八年1758出雲崎名主の山本以南の長男として生れた

秋日よりさむ羽すゝめのはをとかな 良寛書

このみやのもりのこしたにこともらとあそぶはるひはくれずと(も)よし

親不知子不知

親しらず子はこの浦の波まくら越後の磯のあわと消えゆく

 平清盛の弟池大納言の夫人の歌

 

春寒し波迫り来る親不知       (再)

春寒し波返す音親不知        (再)

雪除けのとりで通過や波の音     (再)

防雪のトンネル暗し海の音      (再)

 

    長円寺句碑(青海町文化財)

一家に遊女もねたり萩と月

芭蕉翁の宿 桔梗屋(太陽暦八月二十六日)

 

三月三十日 晴

朝ホテルより眺望よし

見はるかす越の国原残り雪    (再)

家持の国見の跡や雪解坂       (再)

春の潮脚を濡らして曳き行けり    (再)

雨(あま)晴(はらし) 底まで見ゆる春の海      (再)

大鐘を搗き放ちけり雪解水      (再)

残雪や加賀の国原銀世界       (再)

残雪の人を呑みたる谺かな

残雪に這って窺くや日本海

 

三月二十六日より4月2日までの北陸の旅追加句

彼の佐渡はこの方角か海霞む

雪国の春の遅さよ雪の壁

名園をひと巡りして草だんご     (再)

岩洞にゐます観音雪しずく      (再)

手に受けしますほの小貝春の寺    (再)

行く春や遠くなりゆく天守閣     (再)

 

 

昭和五九年 俳誌「『麦兆』第七六号

初日

 

「去来抄抄説 十」   金子恵泉

 

本文

行春を近江の人とおしみけり  はせを

先師曰、尚白が難に、近江は丹波にも、行春ハ行歳にも有べしといへり。汝いかゞ聞侍るや。去来曰、尚白が難あたらず。湖水朦朧として春をおしむに便有べし。殊に今日の上に侍るト申。先師曰、しかり、古人も此国に春を愛する事、をさをさ都におとらざる物を。去来曰、此一言心に徹す。行歳近江にゐ給はゞ、いかで此感ましまさん。行春丹波にゐまさば本より此情うかぶまじ。風光の人を感動せしむる事、眞成哉ト申。先師曰、汝ハ去来、共に風雅をかたるべきもの也と、殊更に悦給ひけり。

先師(芭蕉)が言われるには、「この(行春を近江の人とおしみけり)の句について、尚白(大津の人、医師、初め貞室に師事し、後芭蕉に入門、近江蕉門古参の俳人)が非難して、『この句で、近江の人とあるのは丹波の人といってもよいし、また行春というのは行歳といってもよいであろう。だからこの句は安定していない。』といっている。お前(去来)はどう考えるか。」と言われたのでわたくし(去来)は次のようにお答えした。「尚白の避難は正当ではありません。琵琶湖がぼんやりと霞んで春を惜しむのにまことにしっくりと合った情景であったからでしょう。殊にこの句が成立した情景は創作したものではなくて只眼前のことですから感動もいっそう深いものがあると思います。」と。すると先師は「その通り。昔の人もこの近江の国に春を惜しんだことは、ほとんど都の春を惜しんだことと同じようであったのだよ。」と言われた。わたくしは「この先師のひと言が心に深くしみました。もし、行歳に近江に居られたなら、どうして暮れゆく年を惜しむという感じがありましょう。もしまた、行春丹波に居られたなら、いうまでもなく春を惜しむという情はうかばないでしょう。自然の景趣が人を感動させることは全くまことの事であります。」と申しました。すると先師は「汝去来よ、お前は共に風雅(俳諧)を語ることができる者だ。」と、殊更におよろこびになられた。

一句の意は、晩春のひと日琵琶湖畔にあって近江の人(門人達)と共に暮れゆく春を惜しんだことであるよというのである。この句は「猿蓑集」(芭蕉七部集の一で蕉風の代表的撰集)には「望湖水惜春」と前書があり、下五が「惜しみける」となっている。

この一章は、去来がその師芭蕉翁の俳境を理解することのできた高弟であったことを示している。すはわち、去来の鑑賞の要点は、この句に見られる芭蕉の俳境というのは、第一に琵琶湖晩春の情景が、惜春の情趣を興こさせるものであったことの確認、第二にこの句は眼前の実感にもとづいて作られたものであるとしたことである。芭蕉は右の二点を読みとった去来に対して「共に風雅をかたるべきもの也」と賞讃の辞を呈している。が、更に芭蕉の俳意の源泉には中世以降脈々と流れてきた日本詩歌の伝統的精神があったのである。「古人も此国に春を愛する事、おさおさ都におとらざる物を。」と言った芭蕉のことばはそれを証して余りあるということができよう。この歌心は芭蕉俳諧の真髄であって、同じ俳諧という名であっても、貞門や談林とは大きな違いがあるのである。そしてこの歌心を芭蕉は折にふれて門弟子にも諭し時には文にも書きとどめている。

 

 

昭和五九年 俳誌『麦兆』第七七号

 

「去来抄抄説 十一」   金子恵泉

 

本文

すゞしさの野山にみつる念佛哉  去来

此ハ善光寺如来の洛陽真如堂に遷座有し時の吟にて、初の冠ハひいやりと也。先師曰、かゝる句は全体おとなしく仕立るもの也。又五文字しかるべからずとて、風薫ルと改め給ふ。後猿蓑撰の時、再び今の冠に直して入句ましましけり。

「すゞしさの」の句意は、野山に青葉のしげるころ、いかにも涼しい風が吹く中に人々の念仏を唱える声が流れ鉦の音も聞こえてくる。念仏を唱えている人々が仏の有難さをしみじみと感じているであろう心が私(去来)にも伝わってくる。何と尊いことであることよ、というのである。

この句は、信濃の善光寺のご本尊阿弥陀如来様が京都の真如堂(左京区にある天台宗の寺)に座を遷され(出開帳のこと)た時に作った句で、初案の句は始めの五文字は「ひいやりと」というのであった。先師(芭蕉翁)がおっしゃるには「このような句というものは、全体をおだやかに作るものである。また始めの五文字『ひいやりと』が適当でない。」と。そして「風薫ル」と改められた。後猿蓑集を撰した時にはまた「すゞしさの」という今の五文字に直して、集の中に入れられたのである。

(注)後猿蓑。続猿蓑とも呼ばれ俳諧集二冊。上巻には歌仙五、下巻五一九発句。作者は芭蕉・支考・沽圃・馬莧・里圃・惟然らで、服部沽圃が芭蕉の委嘱を受けて撰に当り、各務支考が手を加えて成立したものと考えられている。この俳諧集は七部集『冬の日』(1684)、『春の日』(1686)、『曠野』(1694)、『ひさご』(1690)、『猿蓑』(1691)、『炭俵』(1698)、『続猿蓑』の最後の集となり、芭蕉晩年の俳風を代表するものであろうとみられている。

さて、この一文から芭蕉の去来に教えたことを推量すると、発句というものは、その表現しようとする内容によって言葉を選ぶべきである。「念仏」の本情というものは、心を静かにおだやかにして、ひたすら仏の慈悲を頼む唱えごとであるから、言葉もおだやかなおおらかなものが調和がとれる。してみると「ひいやりと」は少し厳しすぎる。また「風薫ル」といえば、「薫風」に強さがあるから「念仏」よりもその自然的情景に注意が注がれてしまう。芭蕉の苦心したのは「風薫ル」野山と「すゞしさ」の野山との微妙な情趣の違いであったものと思われる。この微妙な情趣を如実に表現するところに心を砕くべきであるということを去来に教えたのであろう。このことは俳句という最短詩型の文芸作品製作という上に極めてむずかしい点であり、それゆえに物ごとの本質把握の修養を常に心がけなければならないはずである。

 

 

昭和五九年 俳誌『麦兆』第七八号

大揚羽

 

「去来抄抄説 十二」   金子恵泉

 

本文

岩鼻やこゝにもひとり月の客  去来

先師上洛の時、洒堂ハ 此句月の猿と申侍れど、予ハ客勝なんと申。いかゞ侍るや。先師曰、猿とハ何事ぞ。汝此句をいかにおもひて作せるや。去来曰、名月に山野吟歩し侍るに、岩頭一人の騒客を見付たると申。先師曰、こゝにもひとり月の客ト、己と名乗出たらんこそ、幾ばくの風流ならん。ただ自称の句となすべし。此句ハ我も珍重して、笈の小文に書入けるとなん。予が趣向ハ猶二三等もくだり侍りなん。先師の意を以て見れバ、少狂者の感も有にや。退て考ふるに、自称の句となし見れバ、狂者の様もうかみて、はじめの句の趣向にまされる事十倍せり。誠に作者そのこゝろをしらざりけり。

先師(芭蕉翁)が京都に上られた時、自分(去来)は先師にこの岩鼻の句について洒堂(近江膳所の人、浜田氏、芭蕉の門人)は下五の月の客を月の猿とするのがよいと申しますが、私は月の客の方がすぐれているだろうと申しました。いかがなものでしょうかとお伺いしました。すると、先師は「猿とは何事だ、お前はこの句をどう考えて作ったのか。」とおっしゃった。それで自分は名月の夜、句を考えながら山野を歩いておりますと、岩の端に一人の風流人がいるのを見付けたのです、と答えました。先師は「こゝにも一人月を見る客(風流人)がいるぞと、自分で名乗り出たならば、その方がどれほどか風流であろう。他の考えはせず、ひたすら自分のことを自分でいう句に―そういう句は自称の句というのだが―するがよい。この句は私も大切に考えて、笈の小文に書き入れておいた。」と申された。自分の構想は先師の考えられるよりも二三等もくだっているであろう。先師の考えのように解すると、すこし風雅の道に心をうち込んだ人の感じもでてくるのだろうか。落ちついて静かに考えてみると、自称の句としてみると風流人のようすも目の前に浮んではじめの句の構想より十倍もすぐれたものとなる。ほんとに作者(去来)がその作句の心を知らなかったのであった。

さて、この一節で去来は芭蕉翁の作句精神と自分のそれと比較して、いかに未熟であったかを素直に反省している。そしてその反省自体が後進者に対する大切な教えとなっているわけである。ここでは自称の句というのは一句の主体が作者自身である句を言い、その主体が作者意外となる場合は他称の句ということになる。

つまり、去来の発想は、一人の風流人を見付けたことにあるのだが、芭蕉の教は、その風流人は己(去来)自身であるとした方がよいというのである。去来は見たままを直叙したので虚子のいう客観写生であるが、芭蕉はそれを作者自身の主観的発想に切り換えるべきだと考えたものであろう。去来もこの芭蕉の考え方のすぐれていることを称揚している。句作りの祭、特に発想の参考となる一文だと思う。

(注)『笈の小文』。芭蕉の紀行文で、別名「卯辰紀行」・「芳野紀行」などのある紀行にこの「笈の小文」の題名があるが、ここにいう「笈の小文」は別な句文集で芭蕉自身の手控えの集であるとみられている。

 

 

昭和五九年 俳誌『麦兆』第七九号

 

「去来抄抄説 十三」   金子恵泉

 

本文

いそがしや沖のしぐれの真帆かた帆 去来

去来曰、猿ミのハ新風の始、時雨ハ此集の美目なるに、此句仕そこなひ侍る。たゞ有明や片帆にうけて一時雨といはば、いそがしやも、真帆もその内にこもりて、句のはしりよく心のねばりすくなからん。先師曰、沖の時雨といふも、又一ふしにてよし。されど句ハはるかにおとり侍るト也。

いそがしや沖のしぐれの真帆かた帆 去来

去来(わたくし)が、猿蓑集は新しい俳諧の風の初めを示す俳諧集であり「時雨」はその集の中でも見どころとなる題材であるのに、この「いそがしや」の句は失敗してしまいました。

ただ「有明や片帆にうけて一時雨」といえば、いそがしやという意味も真帆の意味もその中に含まれて、句の意味がさらりと通って、心もちも軽快にあらわされたでありましょうと申しますと、先師芭蕉は「沖の時雨というのも、又ひとかどの趣があって良い。けれども発句としてみれば、『有明の』の方にははるかに劣っている」とおっしゃった。

さて、今、去来の初案句と推敲の句とを並記してみると、

いそがしや沖のしぐれの真帆かた帆

有明や片帆にうけて一時雨

となる。前者は「いそがしや」という主観語で情景を一括したのに対し、後者は「有明や」という客観語で時刻を示し、前者は「沖のしぐれ」と言って傍観的(又は遠景視的)に作者の作句位置を定めているのに対し、後者は「片帆にうけて」と主体的に時雨を受け止めて迫力を句に顕現している。前者は「真帆かた帆」と情景を尽して全韻余韻を消しているのに対して後者は、「片帆にうけて」と軽く言うにとどめて「一時雨」のあわただしさに響かせている。以上で去来のいう「はしりよく」、「ねばりすくなからん」の意味もほぼ説明しえたと思うが、この「はしり」「ねばり」の語の意味は芭蕉俳諧の風、すなわち蕉風の重要な作句姿勢に関係があり、やがて蕉風の究極理念とされている「軽み」について門弟子に教えたと思われるところを門弟子の書き残したことばから引用してみよう。「浅き砂川を見るごとく」(『別座舗』)、「今思い行るゝ風体はさらさらとそそぎ立て、浅き砂川を見るが如しとぞ」(『初蝉』、「先上品躰の句といはゞ、一情動て詞むつかしからず。一句のことはりさへざへとして、其趣向雲霞のごとく、是ハ巧者も手をはなちたる場也。たとへバ千尺の岩上より落かゝる滝水のごとく、なまり、ねばり、甘ミもなく、其妙所をはからざるハ規矩の外へ飛出たる所也。」(『袖日記』)、

参考『猿蓑』巻頭「時雨」の句

初しくれ猿も小蓑をほしけ也   芭蕉

あれ聞けと時雨来る夜の鐘の聲  其角

時雨きや並ひかねたる魦ふね   千那

幾人かしくれかけぬく勢田の橋 僧丈草

鑓持の猶振たつるしくれ哉  膳所正秀

廣沢やひとり時雨るゝ沼太郎   史邦

舟人にぬかれて乗し時雨かな   尚白

伊賀の境に入りて

なつかしや奈良の隣の一時雨   曽良

時雨るゝや黒木つむ屋の窓あかり 凡兆

馬かりて竹田の里や行しくれ 大津乙刕

たまされし星の光や小夜時雨   羽紅

新田に稗殻煙るしぐれ哉   膳所昌房

いそがしや沖の時雨の真帆片帆  去来

 

 

 

 

 

昭和六〇年

 

昭和六〇年(1985) 資料52

60,2,5

 

 

昭和六〇年(1985) (資料54)

 

梅 改造社歳時記中採録された芭蕉の梅の句二十五句有 その中最も優れたる一句

梅が香にのつと日の出る山路哉(芭蕉句)

目の覚めるばかり池畔の枝垂梅

真白く池の端なる枝垂梅

○  白梅の目覚むるばかり北の窓    (再)

梅の香やあらぬところに三日の月   (再)

二三片梅散りゐたり今朝の池

梅が香や光鋭き三日の月       (再)

枯れたかとのぞけば梅の蕾かな    (再)

みのむしの付きゐる枝に梅の花    (再)

郵便夫一言ほめて梅の花       (再)

○  梅の花一言ほめて郵便夫      (再)

白梅の年毎に見て美しき

誉めながら村人の来る梅の花     (再)

水温む浮葉のごとく鴨遊ぶ

よく見れば鴨をちこちに水温む

那須野が原行くや車窓に梅の花

伝説の狐も出でよ月と梅       (再)

伝説の狐出そうな月と梅       (再)

帰る子を待たせて切るや梅の花    (再)

鳴り渡る昼のサイレン花三分     (再)

 

 

昭和六十年(1985) 資料53

元旦

 

六月四日 古河市見学 晴天

午前八時四十五分 町公民館前出発 赤塚武之助委員長以下十二名

午前十一時 古河公民館前到着

連歌師 兼載(?一五一〇)宗祇と交わり心敬に学んだようである。応仁の乱を関東、東北に避けて晩年を送った。折にふれて語った歌論連歌を養子の兼純が記した「兼載歓談」がある。(日本文学史 一三〇頁参照 高木市之助)

 

 

六月十八日 小樽へ 晴天

途中 浮玉 海猫 急停車 駅名 あさり ぜにばこ ていね 海ばたけ おたるちっこう

朝日山展望台 ヨーギン蝉

小樽展望台

小林多喜二文学碑

銀鱗荘 句碑

遠き家の氷柱落ちたる光かな 年尾□

 

雲の層突き抜けし目に夏の海     (再)

雲の底突き抜けし目に夏の海     (再)

右帰路 仙台空港着陸寸前

 

六〇年六月二十三日

 

昭和六〇年 俳誌『麦兆』第八〇号

 

 

「去来抄抄説 十四」   金子恵泉

 

本文

下京や雪つむ上のよるの雨   凡兆

此句初冠なし。先師をはじめいろ/?と置侍りて、此冠に極め給ふ。凡兆あトこたへて、いまだ落つかず。先師曰、兆汝手柄に此冠を置べし。若まさる物あらバ我二度俳諧をいふべからずト也。去来曰、此五文字のよき事ハたれもしり侍れど、是外にあるまじとハいかでかしり侍らん。是事他門の人聞侍らバ、腹いたくいくつも冠置るべし。其よしとおかるる物は、またこなたにハおかしかりなんと、おもひ侍る也。

この「下京や」の句は、最初は上の五文字がなかった。先師(芭蕉翁)をはじめ他の人々もいっしょになって、いろいろと上五を置いてみて、最後にこの冠(上五文字)に決定された

凡兆は「あっ」といってまだ十分納得がいかず落ちつかなかった。先師は「凡兆お前の手柄としてこの上五文字(しもぎょうや)を置いてみるがよい。もし、この『下京や』よりもよい上五文字があるとしたら、私は二度と俳諧のことはいわない」と仰言った。自分(去来)は、この五文字のすばらしいことは誰でもわかるが、この外にはあるまいということは、どうしてわかろう。もしこの事を他流の人が聞いたら笑止にも、いくつも上五文字を置いてみることであろう。けれども他流の人がよいと置かれたものは(私達)蕉門の方からみればおかしなものだろうと思ったことである。

さて、この一章の要旨は、一句製作上の発想と構成、すなわち詩的感情の発句表現について、芭蕉と門人との態度考え方の差を示したものである。この句、はじめは「雪つむ上のよるの雨」という中七・座五だけで冠がなかったわけである。つまり、雪の積もった上に静かに雨が降っているという自然の一情景に心引かれた作者の発想があったわけであるが、冠がないので一句とはならない。芭蕉が最後にきめた「下京や」の冠は、「雪つむ上のよるの雨」の情景に場所を設定して実感を強くした配慮であり、さらに中七以下の情景との調和を熟慮しての語であろうと思われる。芭蕉の絶対的自信に対し、去来・凡兆はじめ門人達には、この冠の一句における効用の意味は汲み取り得なかったようであり、先師芭蕉との俳境の距離が感じられるのである。

「下京」は、京都のいわゆる下町、上京の貴族的なのに対して庶民的な親しみ易いところと思われていた。賀茂川と桂川とに囲まれたあたり一帯で、中流以下の商家が並び、俳人達には好もしい雰囲気の町並であったらしい。

句意は、商家の立ち並んでいるこの下京にも雪が降り積もって静かな夜に入った。商家の灯が雪を照らして夜も更けてゆく。ふと気がつ

くと、いつの間にかわったのか雨になって積った雪の上に音もなく降り注いでいる。なんと静かな夜であることよ。

 

 

昭和六〇年 俳誌『麦兆』第八一号

 

「去来抄抄説 十五」   金子恵泉

 

本文

鶯の身を逆にはつね哉   其角

鶯の岩にすがりて初音哉  素行

去来曰、角が句は春煖の乱鴬也。幼鴬に身を逆にする曲なし。初の字心得がたし。行が句ハ鳴鴬の姿にあらず。岩にすがるハ、或ハ物におそはれて飛かゝりたる姿、或餌ひろふ時、又ハこゝよりかしこへ飛うつらんと、伝ひ道にしたるさま也。凡物を作するに、本性をしるべし。しらざる時ハ、珍物新詞に魂を奪ハれて、外の事になれり。魂を奪るゝは其物に着する故也。是を本意を失ふと云。角が巧者すら時に取て過有。初学の人慎むべし。

其角と素行二人の鴬の句について言ってみるならば、其角の句は、春も暖かになって鴬も盛んに鳴く頃の鶯の姿である。初春の頃の幼い鴬には身を逆さまにするような曲芸はできない。「初音」の「初」の字が合点がゆかない。素行(長崎の人、芭蕉の門人、去来の親戚に当る人といわれている。)の句は鳴く鶯の姿ではない。「岩にすがりて」という様子は、或る場合は他のものにおそわれて、飛びかゝった姿であり、或る場合は餌を拾う時か、又はここから次のところへ飛び移ろうとするとき伝い道にした様子である。おおよそ物を句に作る場合には、その物の本来の性質を知るべきである。その本質を知らない時は、珍らしくかわっていることや、新しいことばに気を取られて、詠もうとした物とは別のことになってしまう。気を取られるというのは、その物(珍物新詞)に執着するゆえである。これを本意(真実の相)を失うというのである。其角のような俳諧に巧みな作者でも、時には過がある。(まして)、初めて俳諧に入ったような人は、慎まねばならない。

さて、この一文は現代俳句を詠む私どもにとっても、非常に大切な教であると思われる。流石に去来は蕉門の第一人者だけあって、句作りの心構え、用語の慎重であるべきことを、実例にそくして厳しく述べている。其角のこの句は有名な句で、蕉門の森川許六などは「身を逆さまに」というところがおもしろいと賞賛した程であるが、去来は「幼鴬に身を逆にする曲なし。」と言い切って、暗に其角は幼鴬の本性を知らずに、発想の奇をねらったと考え、また、素行の句については、「岩にすがる」鶯が、初音を鳴くというのは極めて不自然だと断じている。

俳句も文学であるから、虚構を否定する必要はないが、物の本性を知らずに句とした場合は、着想の新奇のみが先行して、真実さが稀薄になることは否めない。物の本性を知ることは作句者の大切な心掛けである。

 

 

昭和六〇年 俳誌『麦兆』第八二号

 

「去来抄抄説 十六」   金子恵泉

 

本文

白雨や戸板おさゆる山の中  助童

去来曰、墨崎に聞て此に及ぶなし。句体風姿有、語路とゞこほらず。情ねばりなく事あたらし。当時流行のたゞ中也。世上の句おほくハとするゆへにかくこそ有レト、句中にあたり逢、或ハ目前をいふとて、ずん切の竹にとまりし燕、のうれんの下くゞる事いへるのミ也。此児此下地有て、能師に学バ、いかばかりの作者にかいたらん。第一いまだ心中に理窟なき故也。もしわる巧の出来るに及んで、又いかばかりの無理いひにかなられん、おそるべし。

「白雨や」の句について、去来は次のように話した―自分(去来)は黒崎で聞いた句でこの句に及ぶものはない。句の姿に趣があり、ことばの調子がすらりとし、句心もさらりとしてごてごてした所がなく素材も新鮮である。今、は

やりの中心である。世の中で普通に作られている句の多くは、「そうするゆえにこうなる」と句の中に理窟ばって角が立ったり、または眼前のことを詠むといって、「ずん竹の竹にとまった燕」とか「のれんの下をくぐった燕」と詠むだけである。此の児(助童)は、この句にみるような素質があって、よい師匠について勉強すれば、どれほどかよい作者になることであろう。第一、まだ心の中に理窟がないからである。もしよくない技巧をこらすことができるようになると、またどれほどの無理(理窟)をいう作者になることだろうかと恐ろしいことである。

この一章は、作句の心構えについて、去来が実例を示して説明したものである。要点は第一に、童心の純情を高く評価し、いたずらに理窟や技巧を用いることを極力排斥している点が挙げられ、第二に、用語の難渋さは避けるべきであるという、この二点を強調しているように思われる。

去来は或る時、野明という門人に「句の位とはいかなる物にや」と問われたとき「畢意句位は格の高きにあり。句中に理窟をいひ、或は物をたくらべ、或はあたり合たる発句は、位くだるもの也。」(『去来抄』)と答えたことがある。「情ねばりなく」については『麦兆』第79号「去来抄抄説 十三」に触れたものを参照されたい。

さて、清新純情といへば一般に少年を指すか

といえば必ずしもそうとは言いえない。たまた

ま助童のごとき素質をもった少年なればこそである。しかし、理窟・技巧に走った大人に比べればまだ少年のほうがはるかに有望であると考えられてよいのではあるまいか。

うぐいすがうちのしみずをのみにくる

この句は健司少年がまだ学校に上らない頃の一句である。山麓の農家の子であった。「うちのしみず」と大人は言えるだろうか。この一句には、うぐいすと自分は親しい友達であり話のできる間柄であるという楽しい仲間意識がある。理窟張った動物愛護論や麗々しい愛鳥週間のキャッチフレーズは一瞬にして消え去るような迫力と懐かしさが溢れている。これこそ詩情の源泉であり、俳句の妙味であると思う。

早いなあはるかむこうに入道雲

長野県の小学四年生の句である。「もう夏だ、夏が来たぞ」山国の長い冬に堪えて来た少年の歓喜の叫びである。子供の感覚は澄んだ鏡である。子供は自然と一体である。この子供のような澄んだ感覚と素直に受けとめる心があれば句作りの第一条件は満たされたということができ、第二は用字用語の勉強となる。

 

 

昭和六〇年 俳誌『麦兆』第八三号

 

 

 

 

 

 

昭和六一年

 

昭和六一年(1986)  資料53

昭和六十一年

 

三月八日 竜光寺芋串観音

(※この「竜光寺」に恵泉の句碑あり。「ちちははをふところにして初詣」)

 

昭和六一年 資料45  (1986)

61,3,7

巣を乗せたまま花となる庭の梅    (再)

鼻唄でそば煮る女日脚伸ぶ

 

10,7 自医病

いかめしき病棟に妻秋の風      (再)

田圃より見舞の人や秋のバス

 

12,17宇都宮駅にて

酔うて寝てクリスマス聞くベンチかな (再)

酔うて寝て年の瀬の音聞くベンチ   (再)

 

12,26

歳末の受診待つ間の浮世かな

さっさっと衣ずれの音看護士過ぐ

受診待つ歳末の病廊声ひそめ     (再)

病廊の看者ら歳末の声ひそめ     (再)

歳末の病廊患者ら声ひそめ      (再)

 

 

昭和六一年(1986)  資料54

61,3,7

巣を乗せたまま花となる庭の梅

 

10,7

◎いかめしき病棟に妻秋の風

 

61、1217 宇都宮駅にて

酔うて寝てクリスマス聞くベンチかな

酔うて寝て年の瀬の音聞くベンチ

歳末の受診待つ間の浮世かな

さつさつと衣ずれの音看護婦過ぐ

受診待つ歳末の病廊声ひそめ

病廊の患者ら歳末の声ひそめ

 

 

昭和六一年 俳誌『麦兆』第八四号

 

「去来抄抄説 十七」   金子恵泉

 

本文

鶯の啼て見たればなかれたり

起ざまに真そつとながし鹿の足  杜若

干鮭となる/?行や油づゞ    雪之

去来曰、伊賀の連衆にあだなる風あり。是先師の一体也。遷化の後益々おほし。如此の類也。其無知なるにハ及がたし。支考曰、いがの句或ハさしてもなき句ハ有れ共、いや成ルハ一句もなし。いがの連衆ハ上手也。

去来わたくしは以下申すように考えている。伊賀の俳人達にはあだなる風―優美・可憐・愛情を基調とした句風という意味と、智的でなく技巧をこらすことなく、無邪気純真な感じをすなおに表現する句風をいう意味と二通りの意味があるとされている。この一節では後者の意を用いていると考えられる。―がある。この句風は先師芭蕉翁がもっていた一面であった。師芭蕉翁が逝かれた後、この句風が益々多くなっている。その句の風は前に掲げた三句の類である。これら三句をみると、無智なところは及びがたいものである。支考が「伊賀の俳人達の句は、あるいはそれほどでもない句はあるけれども嫌な感じのする句は一句もない。伊賀の俳人たちは句作りが上手である。」といっているのは、よくうなづけることである。

この一節は句作の姿勢と心構えについて去来が伊賀の俳人の作った例句を示して説明している節である。まず「鶯の」の句は、まだ若い鶯が十分に鳴けない。ためらいながら鳴きかけては止めてしまう、そしてまた鳴いてみる。そうして幾度も繰り返していたが、やがて勇気をふるって鳴いてみたら、ホーホケキョウと鳴くことができた、ほっとして喜んだ若い鶯が目に見えるようである。鴬という鳥は幼児から成長期までの過程で親鳥の鳴き声をまねて練習し幾度も幾度も練習を積んで上手に鳴けるようになる鳥だということを聞いたことがある。それを教えてくれた方は町の高柳さんという歯科医師で鶯をこよなく愛し飼育しておられた方である。鶯の鳴きはじめは、ホ―ホケキョウとは鳴けず、何度もホー、ホーと鳴いて突然ホ―ホケペチョと鳴く。それを親鳥の籠の側に置く。親鳥はホ―ホケキョウと上手に鳴いてみせる。幼い鶯は側で親鳥の鳴き声をきいてまねる、そして上手になるものですよと実物を前にして教えて下さったものである。その高柳さんはもう亡くなられてあの鶯の声を聞くことができない。懐かしい思い出である。

「起きざまに」の句。鹿がひょいと起き上がった。すると、寝ていた時も細長い足だと思って見ていたが、その足の長いこと、本当に鹿の足は細長いなあと思われたという、感じたまゝを表現した一句。「鹿」は秋の季題である。「干鮭と」の句。干鮭は鮭の腸を抜いて陰干にしたもので、冬の季題である。この句の意味は、肩にかついだ棒の先に干鮭と油筒とが触れ合ふ度に音を立てているというのであろう。現今は見られぬ情景であるが往時はよく見掛けた情景らしい。蕪村の句に「からざけの片荷や小野の炭俵」、芭蕉に「乾鮭の空也の痩も寒の内」などがある。なお、乾鮭はわたくしの子供の頃、歳の暮に父が町から買って来て台所の隅に荒縄で吊って置き、少し片身をそぐように切って焼いて食べさせてくれた思い出があり、それを塩引と呼んでいたのである。漱石の句に「乾鮭のからついて居る柱かな」があり、半山に「乾鮭の荒縄かめる顎かな」という句がある。

なお、「鶯の」の作者は去来抄は書かれていないが、他の書『初蝉』に杜若とあり、また別書に少年杜若とある(『去来抄』評論社刊)ので、杜若の句と考えてよいかと思う。杜若は伊賀上野の蕉門である。さて、去来のいう「無知なるにハ及びがたし」という意味は、智的な技巧を凝らしていない純真さを称賛した言葉であり、支考の「いや成ルハ一句もなし」の「いや」の語意は、嫌味の意で俗にいうきざとか思わせぶりというほどの意味である。去来も支考もその作句心得は同じことを大切だというのであり、その同じことは、智的技巧的でなく純真無邪気な感動をすなおに表現して一句とするがよいというのであろう。

句作りが上手になると、素直、素朴さを忘れてとかく智的技巧に走り易いものであるが、これは十分心すべきことと思う。

 

 

昭和六一年 俳誌『麦兆』第八五号

四・一四 手術

雑音に耐え病窓に春惜しむ

春暁や手術台上無一物

 

 

昭和六一年 俳誌『麦兆』第八六号

 

昭和六十二年

 

昭和六二(1987)  資料56

62,1,12

 

昭和六二年(1987) (資料57)

 

 

昭和六二年 俳誌『麦兆』第八七号

後の月

 

昭和六二年 俳誌『麦兆』第八八号

 

「去来抄抄説 十八」   金子恵泉

 

本文

馬の耳すぼめて寒し梨子の花   支考

去来曰、馬の耳すぼめて寒しとハ我もいへり。梨の花とよせらるゝ事妙也。支考曰、何のかたき事か有らん。吾子の如く、かしらより一すじに謂くださん社難けれと論ず。曲翠曰、二子互に得處を易しとし、不得處を難しとす。其論共に尤也。しかれども総体を謂バ、一すじに謂下さんハ難かるべし。来曰、翠亦得られざる故也。凡修業ハ我が得處を養ひ、不得處を学バゝ、次第にすゝみなん。得處になづんで外をわすれバ、終に巧を成すべからず。

「馬の耳」の俳句について、去来自分は「馬の耳すぼめて寒し」とは自分もいうことができるが、「梨の花」と配合することは非常にすぐれたことであるといった。すると支考は「何のむづかしいことがあろう。あなたのように上からひとすじに言い下して一句を作ることこそむづかしいことだ」と言った。すると、曲翠は「二人はそれぞれ互いに自分の得意な点をたやすいとし、不得意な点をむづかしいとしている。その意見はどちらももっともなことである。しかし、全体的にはあらましをいうならば、ひとすじに言い下して一句を作ることはむづかしいであろう」といった。そこで自分は次のように考えた。曲翠もまた不得意なところなので―ひとすじに言い下して一句を作ることをむづかしい―との意見をのべたのである。およそ修業というものは、自分の得意としているところを延ばし不得意なところを学び補ってゆけば、次第に上達してゆくことであろう。自分の得意とするところにとらわれて、それ以外のことを忘れていると、終に上達する事ができないものである。

この一節は、去来・支考・曲翠の三人が句作りの修業についての意見を述べ合っている節である。支考の「馬の耳」の句を去来が採り上げて一句配合の「妙」を賞美した。それについて作者支考と曲翠の意見が挙げられている。そして去来は曲翠の意見を一歩前進させた考えを述べているのであるが、その要点は、句作りの修業で大切なことは、自分の得意とするところは益々伸ばすよう努力し、不得意なところは、努力して修業を重ねてゆくことが大切であるというのである。そこでわたくし達初心者としては、自分の作った句を他の人に見せて教えを受けるとか、他の人々の作った俳句や俳句に関する論説或いは歳時記などを参考に勉強することが大切であろうと考えられる。

(注)支考。各務氏。美濃の俳人、元禄三年芭蕉に入門、蕉門十哲の一人に数えられている。『葛の松原』をはじめ多数の俳論の著書がある。

曲翠。近江膳所本多侯の重臣、菅沼氏、貞享四年頃芭蕉に入門、元禄三年四月芭蕉に幻住庵を提供した。

 

 

昭和六二年 俳誌『麦兆』第八九号

 

昭和六二年 俳誌『麦兆』第九〇号

 

 

昭和六三年

 

昭和六三年(1988) (資料58)

63,1 ,16

 

昭和六三年 資料59 (1988)

「発句」

「尤もと感ずるがよし   上

さも有べし       中

さも有るべきにや    下

さはあらじ       下の下」

 

 

海外旅行控

1、世界一周 S48,3,11?90日(1973)

2、アメリカ・カナダ S498,2?21日(1974)

3、中国 (上海、北京、西安、南京、蘇州)S54,5,23?15日(1979)

4、台湾 (台北、台中、台南)S59,11,17?5日(1984)

5、中国(香港、広州、桂林)S62,3,28?6日(1987)

 

 

昭和六三年 資料60 (1988)

2月十九日 上京の車中にて

 

昭和六三年 俳誌『麦兆』第九一号

鰯雲

 

「去来抄抄説 十九」   金子恵泉

 

本文

梅の花あかいハ/?あかいハな  惟然

去来曰、惟然坊がいまの風大かた是の類也。是等ハ句とハ見えず。先師遷化の歳の夏、惟然坊が誹諧導き給ふに、其秀たる口質の處よりすゝめて、磯際にざぶり/?と浪うちて、或は杉の木にすう/?と風の吹わたり、などゝいふを賞し給ふ。又誹諧ハ季先を以て無分別に作すべしとの給ひ、又この後いよ/?風体かろからんなど、の給ひける事を聞まどひ、我が得手にひきかけ、自らの集の歌仙に侍る、妻呼雉子、あくるがごときの雪の句などに評し給ひける句ノ勢、句の姿などゝいふ事の物語しどもハ、皆忘却せると見えたり。

惟然の「梅の花」の句を引用して、去来が言うには、惟然の今の句風はおおよそこの「梅の花」のようなものである。このような句は句とは見えない。先師芭蕉翁の亡くなられた歳の夏、惟然の誹諧を教えなされた時、その惟然の得意とする詠風から導こうとされて「磯際にざぶり/?と浪うちて」とか、或いは「杉の木にすう/?と風の吹わたり」などという惟然の句をおほめになった。また、「誹諧は気分が進んできたら工夫をこらすことなくさらりと作ることがよい。」と仰せになり、また「これから後は、句の風姿がますます軽くなるだろう」などといわれたのを早のみこみして、自分の得意とする方に師の言をひき付け、自分(惟然)の撰をした歌仙(惟然が素牛と号した頃の撰で、元禄七年刊の『藤の実』)中にある「妻よぶ雉の身をほぞうする―去来」とか「うちあくるごと小糠雪降る―鳳仭」などの句について、芭蕉が批評をされ、句の勢とか句の姿などということのお話があったことは、皆忘れてしまったものとみえる。

この一章は、惟然の句風について、去来が非難したものである。惟然の句風は、詩情が興ると、巧まず思うままに表現するという、一面、句作りの大切な素質をもっていたため、芭蕉に愛されたけれども、その素質にまかせて自由奔放という短所に走り、遂には芭蕉没後蕉門の高弟から非難されるに至った。去来の言葉は穏当であるが、許六などは、惟然は世上の人を迷わす大賊(去来宛書簡)であるといった程であったという。

さて、この章の最も重要な意味は、俳句を作る者にとって陥り易い欠点について、去来が惟然を引き合いに出して警告していると考えられることである。すなわち、「我が得手にひきかけ―句ノ勢、句の姿などゝいふ事の(先師芭蕉翁が)物語しどもハ」惟然は忘れてしまっているのかというのである。芭蕉晩年に称えたと考えられている「軽み」も門弟子中には、芭蕉の真の俳味を理解することができず、唯、言葉安易に平談俗語の用い易すさをよいことにして駄作に走った者もあったに違いない。惟然もその一人であったと思われる。

(註)

○妻呼雉子「藤の実」秋の歌仙中に、「散る花も丹波から来る川流(野童)につけた去来の「妻よぶ雉の身をほそうする」という付句について、はじめ下七は、「うろたへてなく」であったのを、芭蕉が「身を細うする」と直して、「同じ事をかくいへば姿出来るものを」といわれた。

○あくるがごとく「藤の実」の秋の部の歌仙中にある鳳仭の「ふるふがごとくこぬか雪ふる」について芭蕉が「是又いきほひ也。など打明るごと作せずや」と言って、「うちあくるごと小糠雪降る」と添削した。

○藤の実 俳諧撰集。半紙本一冊。素牛(惟然)編。元禄七年刊。四季発句約三百句、連句四、竹草の俳文一編。元禄二年秋芭蕉から贈られた「藤の実は俳諧にせん花の跡」を巻頭に正秀、竹草、去来、野童、洒堂、車庸らの句が収められている。惟然はこの「藤の実」時代は、「張り残す窓に鳴き入るいとど哉」「蝋燭のうすき匂ひや窓の雪」のような句作りだったが、元禄十年前後から、「何でやのう柿が大分なったはさ」のような句というよりむしろ口先を突いて出た文句というものになり、蕉門から非難されたのである。

○惟然(一七一一?)広瀬氏。素牛、鳥落人、湖南人、梅花仏、風羅堂と号す。正徳元年二月九日没、六十余歳。美濃の人。酒造家に生れ、庭前の梅花が鳥の羽風に散るのを見て隠遁を志し妻子を捨てて俳諧の道に入ったという。蕉門に入ったのは元禄二年、以降芭蕉に随従すること多く、元禄七年芭蕉臨終の看護をし、「引張てふとんぞ寒き笑ひ聲」を詠んだ。芭蕉没後、思慕尊敬の念深く、粟津の無名庵に起臥して師の冥福を祈り、後、師の風雅の跡を慕う行脚をした。

(補足・『麦兆』第八九号「去来抄抄説」の六行目「珍物新詞」の次に「魂を奪ハレて外の事になれり。」を入れる。)

 

 

昭和六三年 俳誌『麦兆』第九二号

 

「去来抄抄説 二十」   金子恵泉

 

本文

牡年曰、発句の善悪はいかに。去来曰、発句は人の尤と感ずるがよし。さも有べしといふは其次也。さも有べきやといふは又其次也。さはあらじといふは下也。

牡年が問うて「発句の善し悪しは、どうしてわかりますか」といった。去来(自分)は答えて次のように説明した。発句は、人が「なるほどその通りだ」と感ずるのがよい。人が「そうもあるだろう」と思うのは、その次である。「そういうことがあるだろうか」と思うのが又其次である。「そんなことはない」と人が思うのは一番下である。

この去来の説明は実に簡単明瞭である。これを要約すれば、発句は真実であることが良いということであろうと思う。徒らに美辞麗句を重ねても真実を曲げ捏造したものは良い句ではないというのである。「俳諧は三尺の童にさせよ。初心の句こそたのもしけれ(『三冊子』)という芭蕉の教も純真さが巧みさより大切であるということであろう。

(註)牡年。去来の弟。久米氏の養子となり久米利文という。一七二七年没七十歳。俳諧に関する大切な質問をしばしば兄去来にして教を受けている(『去来抄』)。

 

 

昭和六三年 俳誌『麦兆』第九三号

 

「去来抄抄説 二十一」   金子恵泉

 

本文

玉棚のおくなつかしおやの顔  去来

初ハ面影のおぼろにゆかし玉祭と云句也。是時添書に、祭時ハ神いますが如しとやらん。玉棚の奥なつかしく覚侍る由を申す。先師いがの文曰、玉まつり尤の意味ながら、此分にてハ古びに落可申候。註に玉だなの奥なつかしやと侍るハ、何とて句になり侍らん。下文字和かなれば下をけやけく、親のかほと置ば句成べしと也。そのおもふ處直に句となる事をしらず。ふかくおもひしづみ、却て心おもく詞しぶり、或は心たしかならず。是等は初心の輩の覚悟あるべき事也。

この「玉棚の」の句は、はじめは「面影のおぼろにゆかし玉祭」という句である。(この句を師芭蕉に見てもらうために伊賀に送った)その時の添え書に、「祭る時は、神様がそこにおいでになるように祭る」とか申します。その言葉のように、仏壇の奥に親の霊魂が来ていると思うと親の顔が目の前に浮んでなつかしく思いましたと書きました。すると先師芭蕉翁は伊賀から手紙を下さって、その手紙に、「玉まつりの句は、なるほどと思われる句で、言わんとする心はわかるが、このままでは古び―すでに言い古したくり返し―という欠点におちるということになると思われる。添書にあるある

『玉棚の奥なつかし』とあるのが。どうして句にならないのであろうか。このことばをそのまま上に置くと、和な感じになるから、下をはっきりと「親の顔」と置けば一句ができ上るのだ。」と書かれてあった。(それで自分《去来》は考えたのであるが)句を作る時に、思うところがすぐに句になることに気がつかず、ふかく考え込みかえって句の意味が重ぐるしくなり、ことばもさらりとゆかず、句に表そうと考えていたことも不明瞭になり、焦点がわからない句となってしまう。こういうことは、句作り初心の人びとの十分注意すべきところである。

右の一説に記された芭蕉の教えは、句作りの心構えの第一要件は、句材をどう上手に表現するかではなくて、句材をどう感じたのか、その感じたままを素直に表現するところにあるということであろう。これは初心者のみでなく経験者にも必要な心構えであろうと思う。推敲しているうちに、初めの感動はどこへやら、似ても似つかない立派な難解俳句になってしまうことがよくあるからである。

 

 

昭和六三年 俳誌『麦兆』第九四号

 

「去来抄抄説 二十二」  金子恵泉

 

本文

野明曰、句のさびはいかなるものにや。去

来曰、さびは句の色也。閑寂なるをいふにあらず。たとへば老人の甲冑を帯し、戦場にはたらき、錦繍をかざり御宴に侍りても老の姿有るが如し。賑かなる句にも、静かなる句にもあるもの也。今一句をあぐ。

花守や白き頭をつき合せ  去来

先師曰、寂色よく顕はれ、悦べると也。

野明が「句のさびとは、どういうものでしょうか」と質問した。そこで去来(自分)は次のように答えた。さびは句の色合である。閑寂なのをいうのではない。たとえば、老人が鎧や冑を身につけ、戦場で働き、あるいはまた美しい衣装を着かざり御宴の席に坐しても、老人は老人らしい姿が見えるというようなものである。賑やかな句にも、静かな句にもさびというものはあるのである。いま例として一句を挙げよう。「花守や白き頭をつき合せ」(去来の句)この句に対して先師芭蕉翁は「寂色がよく表われていてよろこばしい」といわれた。

さて、「寂び」は句の色であるというが、この句の色という意味は一体何であろうか。「色」の字義のうち形相・兆候(大辞典)の字義近いように思われ、「句の寂色」というと「寂」の形相・兆候が去来の「花守や」の句によく表われているということのようである。そこで「花守や」の一句に感じられた「寂」について考えてみることにする。この「寂」の概念は「侘び」と共に蕉風俳諧の美的理念といわれたもので、特に重要視されているのであるが、この理念の解明は、蕉門の高弟にも難しいとされていたようである。もともとこの「寂び」という文学理念は、藤原俊成によって「さび」の評価をうけている西行の三首の和歌『総合芭蕉事典』によって窺うと

長月の月のひかりのかげふけて

すそののはらにをじかなくなり

蛬夜さむに秋のなるままに

よわるかこゑのとをざかり行

松にはふまきのはかづらちりにけり

とやまのあきは風すさぶらん

俊成の歌論「幽玄体」(『古来風体抄』)に見る幽玄静寂の趣によって、文学理念ないし歌の美的理念として発見されたものといわれている。従って連歌・俳諧に於いてもこの幽玄閑寂の理念は、当然考えられるのである。しかし、芭蕉は(去来のことばによれば)「閑寂なるをいふにあらず」と教え、又「賑かなる句にも静かなる句にもあるもの也」と言っている。ここで「静かなる句」は俊成の「幽玄静寂」に則しているが、「賑かなる句」というのはどういう句を指しているのであろうか。去来の「花守や」の句をみると「花守」というものは花の番人で明るい情景であるのに、老人が頭をつき合せている様子は、決して賑かな様子とは考えられない。職場で働く老人、御宴に侍る老人などは賑やかというよりは、華々しい有様と考えられるので、賑やかに通じる有様かとも思われる。もし、そう考えられるとすれば華々しい情景の中においても、老人は老人としての形相・兆候が感じられるということになる。どんな上手にメーキャップをしていても、名優と言われる役者でも、老人には老人の、若者には若者の兆候が感じられる。それが「寂び」であり、「神さび」、「乙女さぶ」「翁さぶ」という言葉の「さび」と一致し、「らしさ」という語と同意に解されるように思う。つまり、本質が兆として顕われ感じられる、これが「寂」の実体か。「さぶ」は、「そのものらしく」(日本国語大辞典)とも言われているのも同じ意味である。但し「色」の言葉が付いて「寂色」となると形相・兆候そのものではなく、形相・兆候から感じられるもの、「感じ」そのものを言うように思われる。

(註)野明。福岡の人。黒田藩士、去来の母方の主筋にあたる人。蕉門。嵯峨に住んだ。

 

 

昭和六三年 俳誌『麦兆』第九五号

 

「去来抄抄説 二十二」  金子恵泉

 

本文

夕ぐれハ鐘をちからや寺の秋  風国

此句初ハ晩鐘のさびしからぬといふ句也。句ハ忘れたり。風国曰、傾日山寺に晩鐘をきくに、曽てさびしからず。仍て作すス。去来曰、是殺風景也。山寺といひ、秋の夕ト云、さびしき事の頂上也。しかるを一端遊興騒動の内に聞て、さびしからずと云ハ一己の私也。国曰、此時此情あらばいかに。情有りとも作すまじきや。来曰、若し情有らバ如何にも作せんト、今の句に直せり。勿論句勝れずといへども、本意を失ふ事はあらじ。

「夕ぐれハ鐘をちからや寺の秋」の句、初は夕暮の鐘の音が淋しくないという意味の句であった。その句は忘れてしまった。風国は「この頃、山寺に遊んで、夕暮の鐘を聞いたが、一向にさびしくなかった。それでそういう句を作ったのです。」といった。それで自分(去来)は、「この句は興のない句だ。山寺といゝ、秋の夕暮といゝ、最もさびしいものだ。そういうことなのに面白く遊び、うち騒ぐ間に夕暮の鐘を聞いて、さびしくないというのは、それは自分だけの私ごとで、真の情景の感じではない」といった。すると風国は、「実際にこの鐘を聞いた時、淋しくないと感じたらどういうものでしょうか。実際にそう感じた時でも、そう感じたとおり句にしてはいけないのですか。」と反問した。そこで自分は、「もし本当にそういう情があったのなら、何とかして句にしてみようと、此の句に直したのである。もちろん直した此の句が上出来の句とは言えないかも知れないが、事物の実の相を失っていることはあるまいと思う。」去来は風国に句の種、すなわち句作りの根本精神は事物の実相を失わないことにあると教えている。このことには誰しも異論はないと思うけれども、実作に当って非常にむずかしいのはもし、風国の言うように淋しくは感じないのに淋しいと言わねばならないのは、おかしいのではないかという疑問に対する答としては、明確とは言い難いのではあるまいか。例えば「辛崎の松は花より朧にて」という芭蕉の芭蕉の句に対して、去来は「即興感偶」の句であると評している。この意味は、目に見ておもしろいと感じたことを其の場でその感じたままを句に詠む、つまり即興句というものであると説明しているからである。それならば、この即興句と実相感入の句との一致点はどういうことにあるのであろうか。

さて、俳諧の世界では、本意・本情を大切にしている。事物の本性又は本質という意味で、芭蕉の遺語で有名な「松の事は松に習へ、竹の事は竹に習へ」(『三冊子』)ということばも私意をはなれて事物の本性を知ることを大切としたものである。「習へといふは、物に入りてその微の顕えて情感るや句と成る所也。たとへば、ものあらはにいひ出ても、そのものより自然に出る情にあらざれば、物我二つに成りて、その情誠に不至。私意のなす作意也。」(『三冊子』)と師芭蕉の教を土芳が述べている。この土芳の説明でわかるように、句作りの心としては、まず第一に事物の本性をよく知ることが大切で、たとえ即興といっても私意にもとづく感情は誠の情とは言いえない。事物の実相すなわち本性の発した現象を見とめ聞きとめて句とすることを句作りの心とするべきである。こういう考え方に基づけば去来の言う「即興感偶」の意味がわかるし、去来も又そういう本性・本情論をふまえて風国に教えたわけである。風国はその去来の真意がわからなかったので疑問をもった質問に及んだのであろう。この風国の疑問は風国ならずとも現在の俳句作者にとっても陥り易い問題であると考えられる。見たまま、感じたままと、マンネリ化・類型化との作句上の異見として、季題・季語を中に挟んでしばしば論じられるからである。

(註)『三冊子』。伊賀の服部土芳が芭蕉の教を忠実に伝えようとして、「しろざうし・あかぞうし・くろざうし』の三部に著述した俳論書。安永五年刊。

風国。蕉門。医業。去来に師事し『初蝉』『菊の香』出版。特に『泊船集』を出した功績は大きい。「朝顔の葉かくれにまた花ひとつ」

 

 

 

平成一年

 

平成一年 資料60 (1989)

1,8,12 『麦兆』98号へ出句控

 

入院

 

入院

 

八月十八日

 

「誠関」

「風雅天地

芭蕉行脚

六百里

病床遥座

陸奥の空」

 

平成一年 資料61 (1989)

 

平成一年 資料62  (1989)

1,6,30

 

7月7日 昼食

 

約束することは一番むづかしい

実行できるのは百に一つだから

 

7,13

 

「人間の智恵は大自然の摂理にくらべたら極めて小さいものだ

大自然の美しさに比べたら人間の美術など比べものにならない

大自然に帰ることは生物の貴い帰結だと思へ」

 

1,7,19

 

平成一年 俳誌『麦兆』第九六号

雪まつり

 

「去来抄抄説 二十三」  金子恵泉

 

本文

春の野をたゞ一のミや雉子の聲  野明

初ハ春風や廣野にうてぬ雉子の聲也。去来曰、うてるうてぬとあたり相てやかまし。廣キ野をたゞ一のみやといハん。丈草曰、廣の字猶いやし。春の野ト有らんか。去来心服ス。

「春の野を」の句、初めの句形は「春風や広野にうてぬ雉子の聲」であった。自分(去来)は「廣野にうてぬ(負けない)というのは、「うてる(負ける)」ということばと対蹠的に考えられて不自然である。だから、この句の場合は「広き野をただ一のみや」とした方がよいと思うといった。すると丈草は「廣の字がまだこだわりがある。『春の野を』としてはどうであろうか」といった。自分はその意見に心から感服した。

この一節は、実例を挙げて俳句実作の推敲について去来が述べたものと思う。野明の原句と去来丈草の三句を並べてみると、去来の意図した意味が鮮明にわかるように思う。

春風や廣野にうてぬ雉子の聲 野明の原句

廣き野をたゞ一のみや雉子の聲 去来推敲

春の野をたゞ一のみや雉子の聲 丈草推敲

野明の原句は、春風と雉子の聲の季重なりでよくないが、それ以上にまずいのは「うてぬ」という語である。去来は、その「うてぬ」と対蹠的な用語が連想されてよくないため、「一のみや」として雉子の聲の本質を活かし、また「春風や」という季重なりを避けるため「広き野を」を上五に置いたものと思われる。更に丈草の推敲は「広き野」・「一のみや」の二語が相対的にひびき、計算されたような感じがするので、詩情がそがれるというのであろう。去来は丈草の推敲に対して心服したとあるのは決して誇張したほめ言葉ではないと思う。季重なりについては、去来はおそらく心に残ったことではないかと想像するが、それならば、雉子の聲を詠むのに他に季重なりにならぬことばがあるかというと流石に去来もすぐに探し出すことばできなかったのではあるまいか。ともあれ、一句の情景は、のどかな春の野をひとのみにしたような、雉子の甲高い声がしたというので、春ののどかさと雉子の聲が織りなした情筧の一こまであるわけである。句作用語の勉強に資する好論であると思う。

(註)野明。福岡の人。正徳三年没、五〇歳前後か。黒田藩士。一一〇〇石。放任して京都嵯峨住。去来門。

平押に五反田くもる時雨かな (続猿蓑)

 

 

平成一年 俳誌『麦兆』第九七号

 

平成一年 俳誌『麦兆』第九八号

 

平成一年 俳誌『麦兆』第九九号

秋夕焼瞼に熱き天地かな

 

平成二年

 

平成二年 資料60 (1990)

 

平成二年(1990)(資料63)

 

平成二年 『麦兆』第一〇〇号記念特集号

(※この箱入りの単行本である「特集号」には、恵泉が『麦兆1号?百号』の中から自選した俳句が掲載されている。)

 

 

平成二年 俳誌『麦兆』第一〇〇号

 

平成二年 俳誌『麦兆』第一〇一号

 

平成二年 俳誌『麦兆』第一〇二号

浜祭

 

平成二年 俳誌『麦兆』第一〇三号

 

 

平成三年

 

平成三年(1991)(資料63)

 

平成三年八月二十二日夜

「追ってくる仕事

今日は雨か  お友達来た

使いに町へ出る

いつも追ってくる仕事

 

待っている仕事

くににかえってから十年

雨の日  風の日

寒い日  暑い日

いつも待っている仕事」

 

 

平成三年 資料36 (1991)

3、1、14

 

3、,3,4

手を握り笑顔で逝きし春嵐    十郎

手を握り笑顔で逝きし総入歯   辰夫

 

 

平成三年 俳誌『麦兆』第一〇四号

連句の発句・脇

事の無き年をと祈る初日影

柱にきざむ孫たちの丈  如泉

 

平成三年 俳誌『麦兆』第一〇五号

 

 

平成三年 俳誌『麦兆』第一〇六号

麦秋や教え娘(ご)ら皆古稀となり

 

 

平成三年 俳誌『麦兆』第一〇七号

 

 

 

 

平成四年

 

平成四年(1992) (資料63)

平成4年二月十四日 午後一時 栃木支部俳

 

平成四年 (1992)(資料66)

元旦

 

H4,10,13

「山気発生雲

雲施雨成森

風到吹新樹

全山忽躍動」

 

 

平成四年 資料65 (1992)

 

 

平成四年 俳誌『麦兆』第一〇八号

 

 

平成四年 俳誌『麦兆』第一〇九号

行く春

 

平成四年 『麦兆』第一一〇号

平成四年 俳誌『麦兆』第一一一号

 

平成五年

 

平成五年 1993(資料66)

 

「俳画は人生のたしなみ、

俳句は心のたのしみである。

簡素な歌の一つである。」

 

 

目はよく他の物を見ることができるが自らそのマツ毛を見ることはできない。

 

 

平成五年 資料65 (1993)

 

 

平成五年 資料66 (1993)

H5、1

 

5,12,4 新保逸司と俳話す

子供の心 句の心の元泉

天高し残月一つ空に残る

 

 

平成五年 資料77 (1993)

 

 

平成五年 俳誌『麦兆』第一一二号

どんど焼

 

平成五年俳誌『麦兆』第一一三号

 

平成五年 俳誌『麦兆』第百十四号

 

 

平成五年 俳誌『麦兆』第一一五号

秋の旅

 

 

 

平成六年

 

平成六年(1994) (資料68)

元旦

あじさいは「麦兆」のしるし、

あじさいは梅雨の花

 

H6,9,27 雨

「命あるものすべてのものは(人間、動物、植物も)その生命の維持向上するために必要なもの(食料、空気、水、光、熱も)を神から恵み与えられている。神に感謝し貪らず過不足なく拝受して命を全うすべきである。」

 

平成六年 俳誌『麦兆』第一一六号

 

平成六年 俳誌『麦兆』第一一七号

 

平成六年 俳誌『麦兆』第一一八号

 

 

平成七年

 

平成七年(1995) (資料69)

 

十一月十七日 裏庭にて 亡き母を遠くしのびて

たらちねの逝きし昔の幼き日の面影しる

しさふらんの花

 

 

十二月十日 東京支部 忘年句会 出句

年の瀬やひとり湯気噴く大やかん (再)

 

再び母を偲びて

たらちねの母逝きましし遠つ日の面影さやにさふらんの花

 

十二月九日 如泉宅句会

 

◎「俳句の性質」

「俳句と鑑賞者と同じ人 日本の短詩の特徴

自分の好み 心理的時間」

 

六月一日 佐藤篤司君来訪 二十年ぶり

友連れて句の森巡る竹の秋

○  春深雪繰り返へし読む一茶の句

 

茸の賛 前文の一部 昭和三十八年中秋の日 恵泉作

古木に生じて新翁の育みを得たり 是を遥に望めば瑞雲重なり起るが如く・・・観すれば・・・(続く)

(※前文は、縦8?、横10?ぐらいの、固く乾燥した猿の腰掛茸に米粒ほどの筆文字で200字程で書き残されている。)

※この文を書き写しておくこと。如泉が茸を保管している。

 

 

平成七年(1995) (資料68)

 

 

平成七年 俳誌『麦兆』第一一九号

紅葉

 

平成七年 俳誌『麦兆』第一二〇号

明暗

 

平成七年 俳誌『麦兆』第一二一号

桜貝

 

 

平成七年 俳誌『麦兆』第一二二号

原爆忌

 

 

 

 

 

 

平成八年

 

平成八年(1996)(資料69)

 

平成八年五月末日落日を見る かんぽより帰りがけ

 

「あ、まっ赤な太陽

燃え尽き

ひとりで沈んでゆく

孤独な太陽

何物も寄せ付けない

厳粛な一瞬一瞬

孤独な太陽

光ぼうなき太陽

燃え尽きた太陽

沈黙の大地の扉が開かれ

静寂の待つ大地へ

まっ赤な太陽の死の瞬間

春の終り

夏の初め

大地は火の玉を呑み込む

まっ赤な火の玉が

あ、あ、あつ、

沈みゆく沈黙の大地へ

孤独な火の玉

時も無く

空間も無く

近づく術も無い

目をつぶって拝む

あ、火の玉」

 

 

平成八年(1996) (資料71)

 

 

平成八年(1996) (資料68)

平成八年 資料70 (1996)

生き死には神に預けて年忘れ     (再)

※この句は一泉の句と似ている。

 

平成八年 俳誌『麦兆』第一二三号

夜寒

 

平成八年 俳誌『麦兆』第一二四四号

 

平成八年 俳誌『麦兆』第一二五号

春の空

 

特別寄稿

両吟歌仙「牡丹の巻」

平成五年五月十八日  恵泉捌

金 子 恵 泉

金 子 わか子

 

表(六句)

1  発句 夏  夕やみに牡丹の香ひろがれり   わ

2  脇   夏  軒の風鈴かすかなる音     恵

3  第三 夏  夏の夕久々に来し子の笑顔    わ

4       雑  厨に物の煮ゆる音する     恵

  月の定座

5    秋   月の出を待って供える芒の穂     恵

6   雑  七人の子ら皆育ちたり        わ

7    春  華やぎて服購いし春の夢        わ

8  春  遠く聞こゆる鶯の聲        恵

9  花の定座

春  桜草庭木の裾に花ざかり        恵

10  冬   那須野は寒き風の夕ぐれ      わ

11  雑   札幌の娘より送らる晴着かな    わ

12  恋雑 思う人より届く恋文         恵

13  雑   送られし旅の写真のにこやかに   わ

14  雑  疲れ忘れて友への文書く       恵

15  秋  大理石渓谷の秋滝一條        わ

16  秋  雁渡りゆく外国の空         恵

 月の定座

17       十六夜の月昇りけり町の上        恵

18   雑   傘寿を祝ふはらからの宴         わ

名残の表(十二句)

19  雑  近頃は報道ばかり空転し       恵

20  雑  東京の空晴るる時なし        わ

21  雑  大いなる夢を抱きてくにを発ち    恵

22  雑  父母の位牌を身辺に供へ       わ

23  雑  文明とは何ぞラッシュに命がけ    恵

24  秋  田舎はすでに紅葉始まる       わ

月の定座

25   秋  雨晴れて月中天に冴え渡り      恵

26   秋  空家の庭に萩こぼれ散る       わ

2 7  雑  田舎道大声挙げて子等通る       わ

28   雑  真一文字に伸びる航跡      恵

29   雑  今日も来し出席返事二三通      わ

30  雑  心休まる山の温泉           わ

名残の裏(六句)

31恋雑   抑えてもなほ燃えさかる恋心     恵

32   雑  幼き頃の美しき夢          恵

33   雑   都にて修行の道辿り来て        わ

34  雑  亡き父母を偲ぶ俤          わ

花の定座

35  春  花曇り午を知らせるオルゴール    恵

36  春  花の蔭より笑こぼるる        わ

恵泉  十七句  

わか子 十九句 

 

両吟歌仙「牡丹の巻」

平成五年五月十八日  恵泉捌

金 子 恵 泉

金 子 わか子

 

表(六句)

1  発句 夏  夕やみに牡丹の香ひろがれり   わ

(「夕やみに」暗い牡丹の香と広がりが感じられる)

 

2  脇   夏  軒の風鈴かすかなる音     恵

(「香」から「音」に転じて夏の庭の静けさの一端)

 

3  第三 夏  夏の夕久々に来し子の笑顔    わ

(「静かさ」から「賑やかさ」に転じる)

 

4  雑  厨に物の煮ゆる音する        恵

  (変換するために雑を入れる・「賑やかさ」から「一家団欒」へ)

 

月の定座

5    秋   月の出を待って供える芒の穂     恵

(夏から秋へ・恵泉が二句続けて五七五を詠む)

 

6   雑  七人の子ら皆育ちたり        わ

(一家の歴史が表現されている)

 

7    春  華やぎて服購いし春の夢        わ

(主婦のささやかな夢)

 

8  春  遠く聞こゆる鶯の聲        恵

(「春の夢」人間から「鶯」動物へ転換)

 

 花の定座

9    春  桜草庭木の裾に花ざかり        恵

(「鶯の聲」から「桜草」春の情景へ転換)

 

10  冬   那須野は寒き風の夕ぐれ      わ

(少し無理がある・本来ならば「春」か「雑」)

 

11  雑   札幌の娘より送らる晴着かな    わ

(場の転換・討ち越し7と11・服と晴着)

 

12  恋雑 思う人より届く恋文         恵

(娘から恋・送らるから届く)

 

13  雑   送られし旅の写真のにこやかに   わ

(恋から旅から写真)

 

14  雑  疲れ忘れて友への文書く       恵

(写真を送られた返事)

 

15  秋  大理石渓谷の秋滝一條        わ

(文から旅景)

 

16  秋  雁渡りゆく外国の空         恵

(旅景から外国)

 

月の定座

17       十六夜の月昇りけり町の上        恵

(外国から十六夜の月を見ている)

 

18   雑   傘寿を祝ふはらからの宴         わ

(十六夜の月から傘寿の祝)

 

名残の表(十二句)

19  雑  近頃は報道ばかり空転し       恵

(傘寿の祝から世情の空しさ)

 

20  雑  東京の空晴るる時なし        わ

(世情から自分の空しさ)

 

21  雑  大いなる夢を抱きてくにを発ち    恵

(自分の空しさから夢を持ち外国へ)

 

22  雑  父母の位牌を身辺に供へ       わ

(出発から先祖へ)

 

23  雑  文明とは何ぞラッシュに命がけ    恵

(父母の位牌から現代社会の自分へ)

 

24  秋  田舎はすでに紅葉始まる       わ

(そういうものに関係なく紅葉は始まり)

 

月の定座

25   秋  雨晴れて月中天に冴え渡り      恵

(紅葉から秋の月)

 

26   秋  空家の庭に萩こぼれ散る       わ

(秋の美しさから空家の寂しさ)

 

2 7  雑  田舎道大声挙げて子等通る       わ

(田舎の情景)

 

28   雑  真一文字に伸びる航跡        恵

(子等の遠足、道の情景から航跡の空へ)

 

29   雑  今日も来し出席返事二三通      わ

(田舎の空の情景、広さから田舎の催し物)

 

30  雑  心休まる山の温泉           わ

(集まり事は温泉)

 

名残の裏(六句)

31恋雑   抑えてもなほ燃えさかる恋心     恵

(温泉、花街から恋心)

 

32   雑  幼き頃の美しき夢          恵

(恋心から子供の頃への気持ちを振り返る)

 

33   雑   都にて修行の道辿り来て        わ

(子供の心から修行の心、求道心)

 

34  雑  亡き父母を偲ぶ俤          わ

(求道心の中に父母を偲ぶ)

 

花の定座

35  春  花曇り午を知らせるオルゴール    恵

(父母を偲ぶから花曇り)

 

36  春  花の蔭より笑こぼるる        わ

(午から宴)

恵泉  十七句  

わか子 十九句 

(※各句の解説は恵泉が自らしている。)

 

まだ固き蕾へぽつぽつ梅便り      

牡丹の芽雪に遇ひたる大事かな    

 

 

平成八年 俳誌『麦兆』第一二六号

 

「俳句の特性」・・その一   金子泉恵

麦兆第一二五号に特別寄稿として両吟歌仙「牡丹の巻」を提出いたしました。突然の寄稿で不思議に思われる会員もあろうかと思いましてペンを執ります。

現在、日本文芸作品の中で俳句程多くの人々に愛好されているものはありますまい。俳句は作者が同時に観賞者であるという点で特殊な文芸とも言われ、その意味では短歌と同様であるが短歌より更にとり付き易い性質であるので性別年齢を問わず愛好者が増えているものと言うことができる。このとり付き易い性質こそ俳句の本質とも言える重要な特性である。その理由を述べてみよう。

平安時代の末期から鎌倉時代にかけて和歌の一体である「連歌」が盛んに行われた。この連歌というのは和歌の上の句と下の句とを別人が作って一首の歌とする作法で、この句を受けて次に五七五の第三句を続ける。次にこの五七五を受けて七七と第四句をつける。この方法で三十六句続けて終わりとするものを「歌仙」と呼び、その最初の五七五の一句の「発句」と呼ぶ。この形式を「連歌」又は、「連歌(つらねうた)」と言い、それぞれの句の数によってよよし(四十四句)、五十韻(五十句)、百韻(百句)、十百韻(千句)などと呼ばれ歌仙の半数の場合は半歌仙という場合があったが本式は百韻連歌であったという。現在残っている模範的な連歌は「水無瀬三吟百韻」という連歌で宗祇、肖柏、宗長の三吟である。

雪ながら山もとかすむ夕かな   宗祇

河風に一むら柳春見えて     宗長

舟さす音もするき明けがた    宗祇

稀に同一人が千句続けて一巻を成す場合があってこれを「独吟千句」と呼ぶ。二人で交互に付け合うのを両吟、三人の場合を三吟という。

(以下次号)

 

 

平成八年 俳誌『麦兆』第一二七号

 

「俳句の特性」・・その二   金子恵泉

連歌が盛んに行われたのは当時の歌人間の文芸としてのことであって、一般民衆には縁遠いことであった。ところが連歌師の中には日本古来の和歌の道を勉強しなくとも日常生活の中で感じたことや見聞したことを、連歌の形で歌ってみてはどうかと考えた人が現われ、実行してみたらこれはおもしろいとなった。連歌には一定の方式があり歌人の文芸と考えて遠目に見ていた一般民衆がこの約束事や規則にとらわれないで、五七五・七七と続けてゆく待望の連歌の出現に驚き且喜んだであろうことは想像に難くない。

もちろん連歌の余波として俳諧体の連歌が連歌師の間で行われたことはあったのであるが、これを余技や余興ではなく独立した俳諧体の連歌と位置づけた二人の連歌師があった。この大胆な連歌師の一人は山崎宗鑑で他の一人は荒木田守武である。

宗鑑・守武の両名は、先輩とも言うべき旅の連歌僧飯尾宗祇の没後、和歌連歌を滑稽・諧謔を旨をした俳諧体の連歌に改め、名称も俳諧と略称した。この俳諧が大いに流行し、江戸時代には連歌は一部歌人の間に行われるのみとなり、俳諧が文芸の主流をなす程になったのである。この有様は宗鑑の撰と言われている『新撰犬筑波集』や守武の『独吟千句』などで窺うことができる。おもしろいことは宗鑑の『新撰犬筑波集』の「犬」の一字である。これは明らかに俳諧の特性である滑稽性を主張したものと思われる。

さて、和歌連歌を凌駕して全盛を極めるまでに至った俳諧であるが、時流に乗り滑稽がやがて駄洒落に流れ卑俗に落ち始め大衆性の弱点が俳諧に現われ始めた。初めは紙一重の違いもやがて除ききれない大事となる例がある。然し幸いなことに江戸の大衆は、この俳諧の落ち入り易い特質を転換して、一つの文芸を作り上げた。機知・穿ち・もじり・風刺などを人間の心理作用のおもしろさとみて、形は俳諧の五七五をそのままとした。これが川柳である。川柳の作品は、その点者であった柄井川柳によって撰集された膨大な『柳樽』によって如実に大衆に好まれたかを知ることができる。

川柳は後に述べることとして俳諧に戻り俳句の特性の考察を進めることとしたい。

(以下次号)

 

 

 

 

 

 

平成九年

 

平成九年(1997) (資料76)

 

「生命讃仰」 吟  恵泉

「太陽燦燦

水流満満

山野生生

新樹光光

万物閑閑」

 

 

平成九年(1997) (資料71)

 

平成九年四月六日 雨 法順和尚句碑建立

祝いの日

老鶯の一声雨の寺の庭     恵泉

晩鐘の余韻のそらを雁わたる   法順句碑

 

 

平成九年十一月十一日 七時半出発 二本松菊見物 道子 昌子 わか子 恵泉午前八時出発

バスの旅喚声続く山紅葉    昌子

会津嶺のおぼろに見えし冬霞  道子

菊の香や会津魂武家屋敷

日新館研ぎ澄まされし菊の花

武家屋敷武士の子育つ秋桜

スペースシャトルどこ飛んでいる夜のしぐれ

 

「スペースシャトル」

「お前は今何を考えているのか

宇宙には西も東も南北もない

夜も昼もない 春夏秋冬もない

始点も終点もない

唯あるだけだ

始め終りもない

○も夜もない

地球宇宙に一つしかないと○○といるだけだ ○誰も知らなければ

それでいい 数えてみると一つしかないからそれでいい 他にみつけた人がいると二つにも三っにもなる

覚える必要もない 知る必要もない」

(※判読が難しい文字は○とした。)

 

 

平成9年 資料72(1997)

 

複合語の場合

上が目的語の場合濁らない

雪吊り(ゆきつり)

上が下を修飾するときは濁る

逆さ吊り(さかさづり)

 

◎「芭蕉は雄大なもの壮大な美を文芸の一番に

置いてゐる」

 

 

平成九年 資料73  (1997)

 

11・9 吟行会

秋灯や三十六の句座の膳       (再)

◎紅葉宿三十六の句座の膳      (再)

 

平成9年 資料74 (1997)

 

 

平成9年 資料75 (1997)

「恵泉語録」平成九年元旦

雪消えて里の眩しき初日影

 

老父母の手をとりあひて初詣  十郎

先生のこと思い出すお正月   如泉

 

一九九七、一,一二

「法律とは

人間が発明した

本能と理性の

中和剤である」

 

「考えれば考える程

判らなくなってくる

宗教とは何の教えか

考えられなくなる

魔法の泉である」

 

「自分を救うものは

自分であり自分

を滅ぼすものは

自分である」

 

一,一五

「命とは不思議で

ある 生まれた命が死

ぬということ これも

不思議なことである」

 

「成人とは何のことか

二十年生きると

何が成ったのか

生神と成神と

古事記の神様である」

 

 

平成九年 俳誌『麦兆』第一二八号

 

「俳句の特性」・・その三   金子恵泉

日本歌謡の歴史が奈良時代の記・紀から万葉集に見る短歌・長歌などの形を通って、連歌・俳諧に発展し、遂に江戸時代には俳諧体の連歌・発句となり、更に明治・大正・昭和期には俳句の呼称で盛んになり、平成の今日は短歌と共に全盛を極めている。その経緯を図示すると下図の様になる。

・・・・下図略・・・

以上俳句の特性の第一として俳句の略歴を図示した。此の図に示す通り俳句の始まりは、日本の歌謡であり、一千年に余る年月の間に様々な経緯を辿って現在の形質を備えた短詩形文芸となったことが判るのである。

単なる思い付きや模倣の文芸ではない。従って俳句の特性として忘れてならないことは「歌の心」であり、先人は歌の心を「風雅の誠」と教えてくれている。それでは歌と俳句は何が違うのかというと歌(現在は短歌)は三十一音律で俳句は十七音律であると明確な違いがある。それでは「風雅の誠」という歌の生命とも言うべき思想は短歌と俳句と違うことになるか否かというと、この思想は全く違わない。そこで俳句の第二の特性は何かということになる。実は、俳句の第二の特性、これが俳句の俳句たる所以であり、有季定型という言葉の通り季節を詠み込むことが必須の作句上の条件となる。春夏秋冬の四季の言葉を一句中に必ず入れる、これは全く俳句以外には無い条件である。川柳にも無季俳句を主張している向きにも無い条件である。「季」を有季俳句はなぜ絶対条件と考えているのか、重要な条件的特性であると思うので項を改めて次号に述べることとしたい。

(以下次号)

 

 

平成九年 俳誌俳誌『麦兆』第一二九号

 

「俳句の特性」・・その四   金子恵泉

俳句の特性は有季定型である。無季自由律を主唱する人もあるが、発生的伝統的に考えると有季定型こそ俳句の 重要な特性であることは、麦兆第一二八号に図示した通りである。

凡そ地球に生きるものは、すべて大自然の運行と無関係では有り得ない。動植物も人間も同じである。生物だけではなく無生物も実は地球と運命を共にしているのである。

太陽系の一惑星である地球上に生を受け、光と水とを享受している生物は、全くこの地球の自然こそ一刻も離れることができない生活共同体なのである。

さて、地球は自転公転があり、地上にはまた経度緯度の違いによる位置関係で、熱帯・亜熱帯・温帯・寒帯等の違いがあり、生物はそれぞれ生活の場を定めて太古から今日へ今日から未来へ生き継いで行く訳である。

日本は地理的条件が大部分温帯に属している為に、春夏秋冬の四季に区別して生活し、更にその一季を初・中・晩の三季に分けた自然受容まで考えることが出来たのである。この自然環境条件に適合した生活が営まれ長い年月の間に衣食住の工夫改善が進歩という意識のもとに継続された。その間には海岸を渉る航海術

が生まれ、それと共に大陸文化の影響も加わり、やがて連歌俳諧へと展開して今日に及んでいる。

以上述べた通り人間の営みは大自然の気候風土との深い関り合いの中に行われている訳であるが、文学文芸の営みの中で季節を成立の必須条件をしている文芸は俳句以外には無い。これが俳句の重要な特性である。特性の重要であることは、季節に対する考え方が人それぞれ異なっていて季節に誘発された感情が詩情に昇華され句となるために、その便宜の為に季節の研究が積み重ねられている。

「歳時記」がその集積であって多くの俳句作者が利用している。時候・天文・地理・人事・宗教・動物・植物と部類別して使用に便利を図っているが暦の上で新旧がある為、春夏秋冬などの分類も月別に分類した分け方もある。如何様に分類されようが自然との関係は無視することは出来まいし、無視する必要もない。句作りの心は大自然に素直に向う時に生れてくるものであろうと思うからである。

(以下次号)

 

 

平成九年 俳誌俳誌『麦兆』第一三〇号

 

「俳句の特性」・・その五   金子恵泉

俳諧の発句が文芸の俳句という呼び名に定着してから百年足らずのことであるが、前号まで四回に亘り述べてきたことは、日本固有の文芸と言われている俳句の二大特性の一つ「有季」に関する論考であった。そこで本稿では、他の重要な俳句の特性であると考えられる「定型」に就いて論述したいと思う。

さて、「定型」に就いて述べるの為には、日本歌謡の音数律に就いて考えてみる必要がある。古事記や日本書紀に散見する歌謡では、音数律が一定していたとは考えにくいのであるが、日本最古の大歌集である万葉集を見ると、二十巻に収められている四千五百十六首歌が五音と七音の音数律で作られているし、最も多い歌は、五・七・五音の長句と短句の組み合わせの、いわゆる短歌である。この三十一音数律は和歌→短歌として今日に至るまで改変されずに盛んに行われているのである。

平安時代を経て、鎌倉・室町時代に入ると五・七・五音の長句と七・七音の短句を交互に置いて一定の長さで終りとする歌の遊び、これを連歌と言って盛んに行われ、歌人の間に行われた連歌を純正連歌と称しその始めに置く五・七・五音の長句を始まりの句即ち発句と称した。

この純正連歌が歌人の間に盛んに行われていた頃、風流人の間に滑稽味を帯びた即ち俳味を帯びた連歌が起こり、これを純正連歌に対して、俳諧体の連歌と称し、その連歌の起こしの五・七・五の長句を発句と称した。この俳諧体の連歌を略称して俳諧と呼ぶようになり、江戸時代には専ら俳諧という呼称が用いられるようになっていたのである。そして、発句もやがて連句の発端の句という考え方から五・七・五の音律の句という意識を帯びるようになり、江戸の元禄・天明・文化と近代に近づくに随って一七音の独立性を持つようになり、明治に入ると俳味を帯びた句、つまり正岡子規の「俳句」論となるのである。

以上俳句の第二の特性は。五音・七音・五音の十七音律の定型であり、その定型は日本歌謡の母体とも考えられる音律が生んだ文芸形式である。

明治以降、外来思想・文化文明が流入し、第二次大戦後はその激しさが加わってはいるが、和歌(短歌)、発句(俳句)は日本文芸の在り様として、国際社会の広野の中に香り高き生命の花を咲き続けることを信じて稿を終る[1]

 

 

平成九年 俳誌俳誌『麦兆』第一三一号

 

 

平成一〇年

 

平成一〇年(1998) (資料71)

 

「季語はそのまま使うこと

季語を説明しないこと」

 

○老骨の構え盤石弓始

 

 

平成一〇年 俳誌俳誌『麦兆』第一三二号

ここに来て遂に寝込むか風邪薬

(※前句「ここに来て」が、『麦兆』自選投句の最後の句となった。)

 

 

平成一〇年 俳誌俳誌『麦兆』第一三三号

平成十年三月二十九日

栃木支部三月句会 於 喜連川公民館

梅が香や遠き旅路の一と休み

 

(※金子恵泉はこの俳句会の十六日後に永眠した。この時の出句が絶句となった。その句は、恵泉の机上にメモ書きで残されていた。)

 

 

 

金子恵泉 平成10年4月14日逝去 享年85歳 戒名天徳院碩学恵泉大居士

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

國井泉車 代表俳句

      新年句会

御降りや秘湯の屋根のピアニシモ

元朝は殊更清ら月の意地              麦

夜の底に駒子ゐさうな雪の駅          麦

一月

沈み浮き渦が引導落葉舟          長

町内は老いのみ残る三が日       長

初日乗せ運河は直と機嫌よし      長  麦

枯るるにも力は要るか路傍草      長  麦貝

笈摺の破れつづれも春着かな      長  麦

ちり鍋も汁のみとなり艶ばなし   堀A

お降りや山の辺の道幾曲がり      堀A

木枯や歩けることを誇りかに      堀A

初春の雨の軽さよ二寧坂          公 

五十年前の恋言ふ炬燵夜話        公

継ぎはぎの手鞠唄佳し添寝婆      公    貝

なまはげの一暴れして厠借る      紫    貝

墨絵とも見ゆ円窓の初景色       紫  麦貝

身じろぎもせず風鳴りの森の木菟  紫  麦貝

手品師のカード撒くよな散紅葉   紫  麦貝

着膨れて流星群の只中に          紫    貝

天帝は何哀しくて雪こぼす        論友  貝

極論の応酬町内会寒し           論友  貝

枯野宿途切れ途切れの夢ばかり    論友  貝

風花も絶え極上の闇を得し       堀B

木枯しの去り転生を疑はず        堀B

なまはげの帰るさ爺と談笑す      堀B

切株の直列寒し男坂

着飾らせ成人式は親のもの

星屑の庭木の降りし聖夜かな

探梅や老母の足の頼りなさ

失せ物は出ぬと断定初みくじ

春近し歳月人を待たずとや

冬椿陽気な色を呉れにけり

手ごたへを竿のしなりに寒の入り

雪の夜の裸電球路地の奥

豆の数掌に溢れけり鬼は外

 

 

      二月

光にも重さあるらし青き踏む      友

魞挿すやあらかた余生見えて来し  友発

湯冷めせぬやう血の色のバスローブ長    貝

青き踏む過去を引き摺るもの捨てに長    貝

あめつちのにほひは甘し春浅し    発    貝

涅槃西風余生あらかた見えて来し  発    貝

光にも硬軟あるか東風眩し       発    貝

優しくて玄海育ち風生忌         発    貝

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    紫    貝

落ちて来る雲雀ひかりに戦きて    紫    貝

立ち尽くす梅のまだきに山の威に  紫    貝

憂さ募る灯ともし頃や街おぼろ    堀B論貝

背伸びして屈みて猫も春を待つ    長

春愁の仮面いづくに購はむ    長

長閑なる牛飼ふ村にある気骨      長

月影の白さ整ふ春の宵         公

初もろこ夕日散らかし釣られけり  公

東風吹かば蘇りなむ草も吾も      公

芽ぐむ意を漲らせ待つ草も木も    堀A

静いつか寂へと変はる探梅行      堀A

春の湖目凝らせばまた光の矢      堀A

あめつちのにほひは甘し春浅し    発    貝

涅槃西風余生あらかた見えて来し  発    貝

光にも硬軟あるか東風眩し       発    貝

優しくて玄海育ち風生忌         発    貝

ありたけの光背負ひて青き踏む    発

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    紫    貝

落ちて来る雲雀ひかりに戦きて    紫    貝

春禽も我が御岳も孤を愛す        紫

立ち尽くす梅のまだきに山の威に  紫    貝

唐紙を開くればそこも深き闇      紫

リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ  友B

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    友B紫

山内に護摩の香の満つ辛夷の芽    堀B論

憂さ募る灯ともし頃や街おぼろ    堀B論貝

八荒に苛まれ猪牙水漬きけり      堀B論

春満月影絵の兎耳短か

爺婆の大口難し恵方巻

オリオンの腰に敵意か六連星

 

 

      芭蕉の道

引鶴の光になりに行く途中       

朧夜の街影たちの好き勝手

 

垣間見をせばや籬に薔薇の棘

      三月

陽炎の奥へ消えたき憂ふる日      堀A 

弘法の日だけの渡し鳥曇り        堀A  貝

花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ      堀A論貝

妻を待ち田楽を待ち城下町      公      貝

春風邪が春風邪を避け座るバス 公      貝

散骨は八荒に乗す湖の闇                貝

残照の鬱々と消え朧月                  貝

杖振って街へ出でよと桜東風            貝

光秀忌篭大仏は男前                  貝

海おぼろしらじら上る一つ星          貝

油断なき目付き腰付き猫の夫            貝

 

 

 

 

雛の夜の爺巧まざる鍋奉行      公     

引鶴の光になりに行く途中      堀B 

朧夜の街影たちの好き勝手      堀B

垣間見をせばや籬に薔薇の棘    堀B

四月

春爛漫街にさざめきなき不思議    公     

手応へを竿のしなりに上り鮎      公

菫にも哀楽あるか崖暮らし        公

国捨てし二十歳の蹉跌つばくらめ 紫

リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ 紫(友B)

ふらここのさ揺れて小さき忘れ傘  紫     

春はやて枝の放さぬ葉一枚       紫

春雨の底愛憎の蠢けり           紫

 

  六月号へ投句「桜東風」岐阜市 國井泉車

 

弘法の日だけの渡し鳥曇り       

花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ     

妻を待ち田楽を待ち城下町     

春風邪が春風邪を避け座るバス

散骨は八荒に乗す湖の闇               

残照の鬱々と消え朧月                 

杖振って街へ出でよと桜東風           

句仏忌や篭大仏は男前                

海おぼろしらじら上る一つ星         

油断なき目付き腰付き猫の夫           

 

 

 

 

 

 

 

      四月(七月号へ投句)    4,25

七月号へ投句「微熱」 岐阜市 國井泉車

 

 

 

 

 

32 とつおいつ猫新節に思案顔 

33 はしり蚊や暦貼りせし腰屏風

34 鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

35 農鳥の出でて八十八夜晴れ      地紫

36 沈船のかたち顕はに夜光虫

37 空と海互ひに疲れ梅雨となる

38 参道の千年の磴苔ぬめる

39 糠蚊寄る苔の廃道七曲り

40 子鴉に間を矯めて鳴く巧みあり  入後

41 食卓の狭さが愉し桜桃忌

 

 

      特別作品「会津」          國井泉車

01 垣間見をせばや籬に薔薇絡む

02 囁きに似たる葉擦れや花樺

03 釣り釜の炎心嫋やかに揺るる       

04 てにをはに嬲られてをり雛の宿

05 老鴬や智恵子の森を跳ぶ木霊    入後

06 只見への汽車遅れがち花の渦

07 船頭の関羽の髭や雲雀落つ

08 言霊と思ふ端山の呼子鳥

09 野桜は咲きし数より多く散る

10 朧夜の街影たちの好き勝手      人長

11 鍬振るふ人に纏はる蝶二頭       

12 特急の私鉄の切符卒業期

13 見てゐしは裏かもしれぬ春の雲

14 名残雪融けて生命線辿る

15 引鶴の光になりに行く途中      天國16 巣燕や湖畔に硝子細工店

17 岩窟の厨子御開帳岩間草

18 春雨や古書も新書も匂ひ立ち

19 放哉忌語るは死者のことばかり

20 海石榴市へ若葉明りの古道かな  入勇

21 雲一朶吐いて甲斐駒新樹晴

22 しんがりに比丘尼降り来る若葉寒

23 盆梅の曲がりくねって枝垂れけり

24 鈴蘭を尾根まで展べて風の黙

25 蓬生の追分昏し塞の神          入勇

26 余花残花待ち人来ると佳きみくじ  

27 万緑を割って木曽より大河来つ     

28 夜一夜の卯の花腐し音も無や       

29 草を引く妻の寡黙を畏れけり       

30 生き死にの境に我と水中花      入國31 目と鼻の先小河原に雲雀降る

32 とつおいつ猫新節に思案顔 

33 はしり蚊や暦貼りせし腰屏風

34 鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

35 農鳥の出でて八十八夜晴れ      地紫

36 沈船のかたち顕はに夜光虫

37 空と海どちらも疲れ梅雨となる

38 参道の千年の磴苔ぬめる

39 糠蚊寄る苔の廃道七曲り

40 子鴉に間を矯めて鳴く巧みあり  入後

41 食卓の狭さが愉し桜桃忌

42 くちなはの鉄路越ゆるを見守りぬ

43 帰るさも跳ね人の鈴は鳴りたさう

44 賽銭に多寡あり雨期の六地蔵

45 綿菅の果てより暮るる霧ヶ峰    入平

46 石清水溢れ言葉は殺がれけり

47 川床や常世の国に近くゐる

48 たまゆらを水底に棲み敗戦日

49 逃げ水を追ふ巡礼の杖堅し

50  結界も築地もあらず黒揚羽      入瑞

◎天賞(15)  ? 國井泉車 [貝寄風]

◎地賞(35)  ? 大橋  紫 [百鳥]

◎人賞(10)  ? 長谷川摂子[麦兆]

☆入選(05)  ? 後藤昇子  [貝寄風]

      (20)  ? 古賀勇理央[百鳥] 

      (25)  ? 古賀勇理央[百鳥]        (30) ? 金子如泉 [麦兆]     (40) ? 大橋鹿水 [嵯峨野]

      (45)  ? 後藤昇子  [貝寄風]    (50) ? 中島瑞枝 [貝寄風]        【百鳥】  勇平

 

      (50)

麦兆第221号へ 春「引鶴」  國井泉車

兼題  菫にも哀楽あるか崖暮らし

? 青き踏む過去を引き摺るもの捨てに    ? 涅槃西風余生あらかた見えて来し 

? 光にも硬軟あるか東風眩し      

? 引鶴の光になりに行く途中       

? 朧夜の街影たちの好き勝手

? 花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ     

? 釣り釜の炎心嫋やかに揺るる       

? 言霊と思ふ端山の呼子鳥

? 野桜は咲きし数より多く散る

? 春雨や古書も新書も匂ひ立ち

? 放哉忌語るは死者のことばかり

? 春爛漫街にさざめきなき不思議        ? 手応へを竿のしなりに上り鮎     

? 国捨てし二十歳の蹉跌つばくらめ

? リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ

? ふらここのさ揺れて小さき忘れ傘      ? 春はやて枝の放さぬ葉一枚    

? 春雨の底愛憎の蠢けり     

麦兆220号冬 推薦句 岐阜支部國井泉車

 

初御空うれしきことをのみ思ふ   金子如泉

小夜時雨振り向くまでもなくひとり岸 一泉落ちなんと日は山にあり枯尾花   押味路子吹きさますときのやすらぎ七日粥長谷川勢津初暦掛けて明るき厨かな     山之内清

冬晴や硬貨咥ふる狛狐      堀 昌岳

寄り添ひて浮かびし柚子や仕舞風呂稲葉道子孫七人曾孫八人実南天      鈴木美枝大仏の鼻こそぐりて煤払          堀 明鏡

山眠る貧しき村をふところに   須?英子

 

      これも良句

寒禽の声つつ抜けに雑木山    原田麦秋

退屈といふ幸福の冬籠     三枝正一路

これやこの寒九の水か薬飲み   辻 雅風

立冬や電子辞書鳴る夜の机    新井セツ

寺男碁石で数へ除夜の鐘     三浦紀元年金の薄き通知や空っ風     山?明男

八月号へ投句「諫言」  岐阜市 國井泉車

 

麦兆222号へ(夏)「星の坩堝」國井泉車

兼題  香水に眉の顰みを憚らず   

? 褒めことば諫言と聞き夕端居

? 泣きに来し河川敷にも道をしへ   

? 天と地と互ひに疲れ梅雨明くる        ?  参道の千年の磴苔の花         

? 糠蚊寄る苔の廃道七曲り    

? 五合目は星の坩堝よテント村       

? 白南風や殉教の海さざめけり     

? 賽銭に多寡あり梅雨の六地蔵       

? 万緑の山万緑の湖を抱く           ? 綿菅の果てより暮るる霧ヶ峰   

  ? 風並べ置く岐阜うちは京うちは   

  ? 食卓の狭さが愉し桜桃忌 

  ? くちなはの鉄路越えけり大夕焼

  ?  浅き夢ばかり微熱の昼寝覚

  ?  梅雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊

  ? 老鶯に間を溜めて鳴く巧みあり

  ?  新発意に掃かれてしまひ落し文

  ?  干されては鳥の糞乗せ藺の円座

222号へ(冬)推薦句 岐阜支部國井泉車

行く春や振り向く程の身ではなし 金子如泉

下萌や荒れ田に錆びし一輪車     山之内清

春雷や罪あるごとく籠りをり 長谷川勢津子

看護婦に股間剃らるるあたたかし  原田麦秋

風光る山を這ひゆく雲の影        岸 一泉

靴音の春の音して通りけり    押味路子

不器量の小猫手元に残りをり   堀 昌岳梅の香を辿る寺町水の町     堀 明鏡万感の白線流し水温む           辻 雅風

神仏御座す証や春の富士     三浦紀元

      これも良句

笑はれて笑はれて逝く花の下    小野みゆず

風光る遠男体山を望む橋     新井セツ

春祭大風呂敷の香具師の聲    森田正子

春マスク街は見知らぬ人ばかり  西原隆一

電工の宙に向き合ふ麦の青    荒井イト花御堂小さな柄杓甘茶仏    三枝正一路(三段切れの心配あり。小さな柄杓甘茶仏求め来てすぐ袖通す春の服    中山子泉

 

  九月号へ投句「六地蔵」岐阜市  國井泉車

  横に鳥の鋭声や袋掛           

  銭に多寡あり梅雨の六地蔵     

  緑の山万緑の湖を抱く         

  一夜の卯の花腐し音も無や     

  雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊   

  すげの果てより暮るる霧ヶ峰   

  並べ置く岐阜うちは京うちは   

  鶯に間を矯めて鳴く巧みあり  7・1投函

 

  俳論の会 雪華抄  感銘句      國井泉車

 

菜の花や蔵の裏手の船着場      寺松美代子  いかにも春らしい駘蕩たる雰囲気を、衒い なく詠まれて成功なさった。それでいて足 すことも引くこともできぬ緊張感。      春耕の土零しゆく耕運機        岡田はる代

  土の温み、耕運機を操る季節に至った喜び が、手に取るように伝わってくる秀句。  立春の声に五体の螺子緩む   高田 剣峰  「五体の螺子」の置き所に諸考あろうが、 私はこのままが最も良いのでは、と思いま した。                         

花薺石を支への四足門     丹羽 光江  作者の、いつもの丁寧な客観姿勢がここで も遺憾なく発揮されている、敬すべき一句 だと思う。                                                            泉車二句

 

万緑を割って木曽より大河来つ7・1投函                                  

      五月?六月               

薄靄の丘薄うすと二重虹          長

縦横に鳥の鋭声や袋掛            長発

病得て知る己の香薄暑来          長

見越松築地の脇は蟻の国          長

白南風や殉教の海さざめけり      長発

五合目星の坩堝のテント村        紫発

浅き夢ばかり微熱の昼寝覚        紫論

賽銭に多寡あり梅雨の六地蔵      紫発

 

浅き夢ばかり微熱の昼寝覚        紫発

万緑を割って木曽より大河来つ    紫論

夜一夜の卯の花腐し音も無や      百発

梅雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊    百発

綿すげの果てより暮るる霧ヶ峰    百発

風並べ置く岐阜うちは京うちは    百発

老鶯に間を矯めて鳴く巧みあり    百

七月

垣間見をせむ二丁目の薔薇館     長

しんがりに比丘尼降り来る若葉寒  長

てにをはに嬲られてをり滝見茶屋  長

泣きに来し河川敷にも道をしへ    長

猫も来て今宵は爺が夏料理        長

一湾に雲をぶちまけ沖縄忌        堀a

竹生より涼風給ふ寂光土          堀a

肩越しに宝輪朽ちし如来堂        堀a

船頭の関羽の髭や草いきれ        紫

風炉釜の炎心嫋やかに揺るる      紫

新発意に掃かれてしまひ落し文    紫

鈴蘭を尾根まで展べて風の私語    紫

暁星や仔鹿のねまる窪溜り        紫

森閑と飛騨一ノ宮朝曇            発

看護師の饒舌嫌ひ三分粥          発

乾びたる屑薔薇ゆるく括りけり    発

雨音や庫裡に積まるる藺の円座    発

忘るるは易し昨日の夕焼さへ      発

日焼子の面従腹背ママが好き      百

海の日の緩和病棟煤けをり        百

雲峰を担ぎアルプス小海線        百

積雲の上に積雲海猫の島          百

干されては鳥の糞飼ふ円座かな    百

中二階より投げられし夜の蜘蛛    堀b

泣き虫も怒りん坊もゐのこづち    堀b

御手洗の破れ雑巾青葉木菟      堀b

河鹿鳴く逢魔が刻の一つ星 

 

魚一閃浄土ヶ浜に岩灼くる

重さうな城山殊に夕焼くる

病魔より怖き人の世沖縄忌

 

日焼田に雀どち来てすぐ逃ぐる

山を裂く夏鳥さかるの深さや滝近し

苛めっ子いぢめられっ子ゐのこづち 秋     

逢ひたきは湖尻の夕焼余呉の闇   

乾びたる屑薔薇緩く括りけり  

光秀忌語るは死者のことばかり

箒目の崩れて優し梅雨の寺

食卓の狭さが愉し桜桃忌

 

人旅に我病室に雨期を知る

枝も葉も根の国のもの梅雨最中

結界も神域もなし黒揚羽     

鉄路越ゆくちなはきまり悪さうに

背割堤真澄の空を零れ鷺       

三ツ星は夜更けの帰路の案内役

あるじなき紅薔薇今朝の三分咲

たまゆらの影水底に敗戦日

殊に濃き岬の落暉光琳忌

 

薔薇の塞く籬に垣間見をせばや

鍬振るふ人に纏はる孔雀蝶

岩窟の厨子御開帳岩燕

生き死にの境に我と水中花     

鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

参道の千年の磴苔ぬめる

糠蚊寄る苔の廃道七曲り

失せ物は出でずとみくじ夏神楽     

 

梅雨となり寄り道ばかり蝸牛

滴りは途切れず句案絶え絶えに

痩せ爺の喉上下せし冷素麺

金雀枝に囁けば莢身を震ふ

目と鼻の先小河原に雲雀降る 

梅雨寒やユーチューバーが志望先

灼くる日日吾が内臓の蠢動に

 

星屑の坩堝明くれば薔薇の国  ねんりんピッ

伊賀忍の裔を矜恃に白絣    ねんりんピック

 

一湾に雲をぶちまけ沖縄忌       

 

竹生より涼風給ふ寂光土         

 

日焼子の面従腹背ママが好き     

 

海の日の緩和病棟煤けをり       

 

雲峰を担ぎアルプス小海線       

 

殊に濃き校舎の落暉光琳忌

 

素晴らしき速度運河は屍を乗せて

 

帰るさも跳ね人の鈴は鳴りたさう

 

川床や常夜の国と隣り合ふ

 

たらひ舟鬼の帷子洗ひしか

 

      岐阜市文芸祭

草を引く妻の寡黙を畏れけり

光秀忌語るは死者のことばかり

 

 

 

 

 

2006,4,1 群馬徒歩の旅 洋と共に 如泉

「朧月行」             金子如泉

 

卯月一日(土)

洋、50ccバイクに乗りて来ぬ。

昼ごろ、駅まで四kmを歩く。桜満開の堤は長く田舎なれども花見客多し。

花堤いづこより湧く花見客

男二人歩き呆けし花の刻

寄居までの車窓、春爛漫の候なれば、梅・桜・木蓮・辛夷・雪柳・連翹・水仙・椿・若草・すべて春霞の中に流る。

夕刻、「少林寺」、五百羅漢頂上に休憩。洋、下の販売機で買ひし7UPをこぼしけり。わははっ二人の笑い春の山に響く。されど吾は飲み物を分けてはあげず。

鶯の声を便りの山路かな

春暮れて五百羅漢の山路かな

円良田(つぶらだ)湖に下り、湖を半周して児玉市に向ひけり。円良田湖途中で、自転車に乗りし男に出会ひけり。暗き山道を漕いで来し男、鄙びて何か懐かし。その人にこまごまと道を教えてもらふ。嬉しくかつありがたし。思へば初めて遠出の人に出会ひたり。

道問へば桜大樹を右と言ふ

右足首、腰痛し。三日月は中天に朧ろにかかり、星は淡く見えをり。明日は雨ならん。夜気、次第に湿り気を帯びたり。途中、洋が道を右に曲がることを勧むにまかせれば、案の定道違ひけり。途中道聞く人無ければ、右折の車の男(曲がるため止まりし所をかかさず)を止め道を聞く。

とっぷりと暮れて朧の旅姿

月星の朧になりて消えゆけり

紆余曲折の末、午後十時児玉駅到着。

春宵の最終電車二両立て

洋に、今日何句やらむ言へば、宿で十句と言ふ。なかなか返事の仕方、切れ出できたり。

午後十一時十分セントラルホテル着。駅前のホテルと聞きしあれども、自信を持ちて最初に行きしホテル、フロントにて二人の予約は無しと言はれたり。しかれども、疲れし上にここで泊まることできざれば、今日は久しぶりに駅泊になるらんと、力強く予約をせし金子と吉田なり、としつこくくいさがれば、ここは予約せしホテルと違ひし名のホテルなりと丁寧に教えてくれけり。

深夜、洋の部屋で二人俳句会催す。

二日(日)

朝、風呂に入り一通り用意を済ませ、一時間後洋に?で起床ラッパを吹く。「洋、起きよ?!」。八時起床の予定なれども、九時に出発となりけり。

これより、高崎城址公園に向ふ。雨催なれどもまだ降り出さず。昨夜、雨降りし気配木々にあり。

高崎城址公園、桜三分咲きで昨日の花見の跡をちこちに残り、その中で今日の花見宴の用意始まりをり。様々な人、場所取りに良い席を得んと広げけり。花見は、いつの世も老若男女貴賎の別なく並べて楽しかれば、桜の花が咲くを競ひたるごとく人々も先をあらそひてこの一刻を逃さんと右往左往するはをもしろきさまなり。

花三分昨日の宴と今日の宴

公園の西端の烏川を望むベンチに座せば、広大な河川敷グランドにサッカー・野球の試合やるを見ゆ。更に西方の山頂には、白衣観音(高崎観音)春霞の中にたたずみをり。

公園の見晴台に、「高崎八景」の案内板あり。縦1m横5mの立派な金属製のものなり。

?浅間暮雪(くれかかる浅間山の雪けしき)?小林秋月(小林山の秋の夜の月)?石原晴嵐(かすみたな引く観音山)?清水晩鐘(清水寺の入相の鐘)?半田夕照(半田の夕やけ)

?烏川渡舟(昔渡し場があった)?古塁夜雨(根小屋城址の夜半の雨)?佐野落雁(佐野の川原に舞いおりる雁)

そこでメモを取りをらば、八十三歳と自ら名乗る女性、吾に話しかけてきぬ。公園の出店のお焼きを買はんとすれば、後三十分待ってくれと言われぬと暇そうにしてをりぬ。吾はそれほど暇でなけれども、なにとはなく話し込みけり。以下その老婆の言なり。

「七十年前、この高崎の女学校に通ひけり。車は一日ほとんど通ることなく、まれに通る時はみんなでこの通りに見に来しものなり。東京の社長さんが芸者さんを同伴して伊香保に行かんとみんなで言ひをりぬ。この川にはボートがあれば、休みに家に帰らば農家の手伝いをやらされたれば、いつも帰らずボートに乗ったり高崎の町で遊んでいたり。」

「戦争時、烏川は兵隊さんの錬兵場になりたり。川は、今の国道17号の所を流れてをりけり。家は農家なりけり。戦争時、牛や馬に飼料に南瓜を作りしが、東京より食料を買ひに来し主婦にその南瓜を分けてあげなば、これで家族が当分生き延びん。と涙を流したりけり。三日間何も食べてをらざりと言ひけり。我等も毎日勤労動員で働きけり。」

「今は、息子夫婦と別棟で仲良く暮らしをり。趣味は踊りとダンスなり。もうダンスは二十年やりたり。」

婆語る娘時代や花三分

淡々と話せる老婆は、どこかお袋に似てをりぬ。話すだけ話すと気が済みたるらしく、お焼きを買ひに離れて行きけり。吾まだ話の余韻に浸りをれば、洋がいつまで待たせるのかといふうようなる顔で、「随分おばあさんと話したらんや。何か親子の如き姿なりき。」とあからさまなる言葉を投げかけくれば、すぐ出発せり。

正午。「白衣観音」二百m手前で小休止。高崎城址より、徒歩四kmの道のり。洋、ジュースを買ってきてくれぬ。ありがたし。しかし細かきことなれども、大きなる缶入りのジュースなれば飲みきれず。洋はペットボトルなれば、栓をして持ち運び可能なり。吾は空けなば飲み干すしかなかりけり。それを笑ひたる洋が憎たらし。捨てるには偲びがたければ勢いをつけて全部飲み干しけり。げっぷっ!

観音の山道に竹薮あり。竹の主が「竹生え過ぎのため、欲しき人に無料にて譲るなり。」といふ看板掲げをり。今時珍しきことなり。何か嬉しくほっと慰む心地す。

山に入りしよりずっと鶯が鳴きをり。吾はこの声を聞けば自ずと競演してしまひぬ。向こうの鳴き声の上を行けば、かなり攻撃的に縄張りを侵されざるごとく仕掛けてきたり。啼き交わしつつ歩けども、一コーラスに肺活量を使ひきるなれば、山登る時は少々きつし。

平和と幸福のシンボルとして建立された観音の案内板より、

「高崎白衣観音(タカサキビャクエカンノン)は、昭和十一年十月建立。高崎市、井上保三郎建立。原型彫刻 群馬 森村西三  高さ四十一,八m、重量五千九百八十五t。」

無事参拝をすませて、茶店に寄る。吾は味噌おでん、洋は心太。しかし、眠し。頭の右後ろより肩にかけボーっとしてをり。単なる寝不足だと思ふが。はっと気が付くと畳の上で壁に寄りかかりてうとうとしてゐぬ。

観音や桜三分に雨催

長持ちす桜三寒二温とふ

清水寺の階段を下りて芭蕉の句碑あり。

「観音の甍みやりつはなの雲   芭蕉」

平静八年高崎市教育委員会添え書きあり。

「天保一三年(1842)芭蕉百五十年遠忌の前年春建立。建立者上州富所(志倉)西馬。筆、越後出身、巻 菱湖(マキリョウコ)。碑背の文 常陸の国牛久藩主 大内蘭長。

県内二百基ある芭蕉句碑で最も良なり。「正風正宗師之碑(篆額) 高百六十cm、幅千三百五十cm、厚さ三十二?。俳聖芭蕉の百五十回。」

確かに地元が誇るほど芭蕉の句碑は立派なり。俳句は当地に関係なけれども、芭蕉の句碑をこれまで様々な人が関りあひて建立せしこと嬉し。

十四時五十分 これより「丹荘(たんしょう)駅」に向ふ。ここにある温泉に入りて旅の疲れを癒さんがため。高崎名物達磨弁当を仕入れ、車内で早速食べ始む。横に長き座席なれば洋はためらひてをれども、吾が回りも洋も無視して食べ始まりたれば、もそもそと後に続きぬ。車窓は春雨に煙り、旅の名残に相応しきものとなりたり。

「丹荘駅」に着きて「アカシヤの湯」といふ温泉を駅員に聞きぬ。歩きゆかんやといふ問いかけにその通りと答え道を教えてもらひぬ。道を聞きしにもかかわらず、ボケと疲れと混入せし二人すぐ道に迷ひけり。いつものことなり。

夕にはまだ早き道を行けば、雨上がり。田畑の空一斉に輝きだす。

揚雲雀声降る中に歩を稼ぐ

神川町(かみかわまち)はゆったりしたる町なり。田畑と家、いかにも広々とたいらかな土地に散在し、子供等もその中でときおり遊びに興じてをり。いつどこを歩きても、子どもが遊びたるを見かけることほとんどなし。しかし、この地はまだ子どもの成長に期待が持てる土地柄なり。

歩き出して一時間、まだ温泉に着かず。洋は、河川内の道を行き吾は川の堤防を先ほどから歩き続けり。

「吾は短気なり。吾は人間嫌いなり。吾は軽薄なり。歳と共に人を攻むること増えきたり。堪忍できぬこと多くなりきぬ。人の欠点をあぐること多く、己を忘れたり。」己の欠点を数えながら歩けば、まだまだあるなり。

洋の歩きたる河川の道、結局吾より少し先に歩を稼ぎてをりぬ。

夕刻、「アカシヤの湯」到着。どうも遠くより見しが何かがおかし。近づくに従ひて駐車場に車無し、建物の電気点いてをらず、人の気配無し。よく見れば張り紙あり。「三月三十一日をもちて閉館す。」温泉に浸り、手を広げ足を伸ばせし所を思い描きながら歩きたればショックは大きく、足腰のダメージも大なり。二人しばらくボーッとしてベンチに座りタバコを喫ひけり。

そろそろ「丹荘駅」に向はねばと歩き出す。ぽつぽつと降り出だせし雨、息つく暇もなく嵐のごとくなれり。「手打ちうどん」の案内ある店に飛び込む。洋、隣の薬屋でバンドエイドを仕入れ、その他の情報も仕入れてきたり。洋、ビールを注文し二人で旅の締めとす。

春嵐に閉じ込められし旅の果

上り最終電車があることが判明。駅まで十分と聞けば安心して居つく。

春雨や二両電車の小さき旅

春嵐止み上州に月明かし

東松山の家を素通りして、行田の温泉まで足を延ばす。

近づきし旅の終りや春の月

夜更けて帰り着く。飼い犬「琉」狂喜して出迎ふ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月1日

花堤何処より来し人の群

男二人歩き呆けし花の刻

鶯の声を頼りの山路かな

月星の朧になりて消えゆけり

道問へば桜大樹を右と言ふ

春宵の最終電車山の駅

踏みしめて己愛しむ春の山

杖曳けば犬吠え立つる春の行

山越えて遥か煌く春灯

春の闇ひた歩めども遠き町

春雨や二両電車の小さき旅

春雨の本降りとなる旅の果

春嵐に閉じ込められし旅の果

揚雲雀声降る中に歩を稼ぐ

花三分昨夜の宴とけふの宴

とっぷりと暮れて朧の旅姿

近づきし旅の終りや春の月

春嵐止み上州に月昇る

婆語る娘時代や花三分

彫り深き白衣観音春の風

 

以上4月25日 メモ書き第1回 終了

 

 

欧州における俳句の実情と可能性 [金子如泉]

平成十六年七月二十六日から八月二十四日まで、イタリア・イギリス・フランス・ドイツ四ヶ国を巡った。


この旅で得たものは、個人的には言い尽くせないほど沢山あるが、俳句の調査においてはやっと端緒に付いたという感が強い。その中で今回の報告は、体験し実感したものを中心に取り上げることにしたい。

現在日本では俳句人口が千二百万人といわれているが、欧州では一体どれほどの人が俳句を作るのであろうか。


世界に目を広げてみると、北米・南米・アフリカ等は俳句が大人だけではなく、小学校の授業の中で取り入れられているとのことだ。確かにこれらの国では、日系人だけではなく現地の人々が沢山俳句を作っていることが報告されている。それぞれの国で俳句雑誌まで作られている俳句というものは、様々な国にどのように受容されていったのであろうか。


日本の俳句を振り返ると、その特質は同一文化伝統を持っていない民族にはなかなか受け入れられないと思われる。しかし、現在世界中で俳句が作られている現状を見ると俳句の持っている特質が逆に世界中で注目に値する、もしくは価値ある文芸として見られている節があるようだ。


その大きな理由は、コンピューターの世界的な普及による地球規模の情報交換が頻繁になされてきたことに起因しているのではなかろうか。現在地球規模で環境破壊がなされていることは世界の子供たちまで知識として理解している。地球の環境汚染が、この地球の歴史の中でわずか五十年の間に驚異的に進んでしまった。そのことは、異国間を問わず人類が抱える危機感として各国が地球運命共同体としての認識とそれを守るべき義務を理解するまでに到っているといえよう。