主宰のページ

國井泉車 代表俳句

      新年句会

御降りや秘湯の屋根のピアニシモ

元朝は殊更清ら月の意地              麦

夜の底に駒子ゐさうな雪の駅          麦

一月

沈み浮き渦が引導落葉舟          長

町内は老いのみ残る三が日       長

初日乗せ運河は直と機嫌よし      長  麦

枯るるにも力は要るか路傍草      長  麦貝

笈摺の破れつづれも春着かな      長  麦

ちり鍋も汁のみとなり艶ばなし   堀A

お降りや山の辺の道幾曲がり      堀A

木枯や歩けることを誇りかに      堀A

初春の雨の軽さよ二寧坂          公 

五十年前の恋言ふ炬燵夜話        公

継ぎはぎの手鞠唄佳し添寝婆      公    貝

なまはげの一暴れして厠借る      紫    貝

墨絵とも見ゆ円窓の初景色       紫  麦貝

身じろぎもせず風鳴りの森の木菟  紫  麦貝

手品師のカード撒くよな散紅葉   紫  麦貝

着膨れて流星群の只中に          紫    貝

天帝は何哀しくて雪こぼす        論友  貝

極論の応酬町内会寒し           論友  貝

枯野宿途切れ途切れの夢ばかり    論友  貝

風花も絶え極上の闇を得し       堀B

木枯しの去り転生を疑はず        堀B

なまはげの帰るさ爺と談笑す      堀B

切株の直列寒し男坂

着飾らせ成人式は親のもの

星屑の庭木の降りし聖夜かな

探梅や老母の足の頼りなさ

失せ物は出ぬと断定初みくじ

春近し歳月人を待たずとや

冬椿陽気な色を呉れにけり

手ごたへを竿のしなりに寒の入り

雪の夜の裸電球路地の奥

豆の数掌に溢れけり鬼は外

 

 

      二月

光にも重さあるらし青き踏む      友

魞挿すやあらかた余生見えて来し  友発

湯冷めせぬやう血の色のバスローブ長    貝

青き踏む過去を引き摺るもの捨てに長    貝

あめつちのにほひは甘し春浅し    発    貝

涅槃西風余生あらかた見えて来し  発    貝

光にも硬軟あるか東風眩し       発    貝

優しくて玄海育ち風生忌         発    貝

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    紫    貝

落ちて来る雲雀ひかりに戦きて    紫    貝

立ち尽くす梅のまだきに山の威に  紫    貝

憂さ募る灯ともし頃や街おぼろ    堀B論貝

背伸びして屈みて猫も春を待つ    長

春愁の仮面いづくに購はむ    長

長閑なる牛飼ふ村にある気骨      長

月影の白さ整ふ春の宵         公

初もろこ夕日散らかし釣られけり  公

東風吹かば蘇りなむ草も吾も      公

芽ぐむ意を漲らせ待つ草も木も    堀A

静いつか寂へと変はる探梅行      堀A

春の湖目凝らせばまた光の矢      堀A

あめつちのにほひは甘し春浅し    発    貝

涅槃西風余生あらかた見えて来し  発    貝

光にも硬軟あるか東風眩し       発    貝

優しくて玄海育ち風生忌         発    貝

ありたけの光背負ひて青き踏む    発

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    紫    貝

落ちて来る雲雀ひかりに戦きて    紫    貝

春禽も我が御岳も孤を愛す        紫

立ち尽くす梅のまだきに山の威に  紫    貝

唐紙を開くればそこも深き闇      紫

リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ  友B

にはたづみ二つ三つ越え囀りへ    友B紫

山内に護摩の香の満つ辛夷の芽    堀B論

憂さ募る灯ともし頃や街おぼろ    堀B論貝

八荒に苛まれ猪牙水漬きけり      堀B論

春満月影絵の兎耳短か

爺婆の大口難し恵方巻

オリオンの腰に敵意か六連星

 

 

      芭蕉の道

引鶴の光になりに行く途中       

朧夜の街影たちの好き勝手

 

垣間見をせばや籬に薔薇の棘

      三月

陽炎の奥へ消えたき憂ふる日      堀A 

弘法の日だけの渡し鳥曇り        堀A  貝

花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ      堀A論貝

妻を待ち田楽を待ち城下町      公      貝

春風邪が春風邪を避け座るバス 公      貝

散骨は八荒に乗す湖の闇                貝

残照の鬱々と消え朧月                  貝

杖振って街へ出でよと桜東風            貝

光秀忌篭大仏は男前                  貝

海おぼろしらじら上る一つ星          貝

油断なき目付き腰付き猫の夫            貝

 

 

 

 

雛の夜の爺巧まざる鍋奉行      公     

引鶴の光になりに行く途中      堀B 

朧夜の街影たちの好き勝手      堀B

垣間見をせばや籬に薔薇の棘    堀B

四月

春爛漫街にさざめきなき不思議    公     

手応へを竿のしなりに上り鮎      公

菫にも哀楽あるか崖暮らし        公

国捨てし二十歳の蹉跌つばくらめ 紫

リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ 紫(友B)

ふらここのさ揺れて小さき忘れ傘  紫     

春はやて枝の放さぬ葉一枚       紫

春雨の底愛憎の蠢けり           紫

 

  六月号へ投句「桜東風」岐阜市 國井泉車

 

弘法の日だけの渡し鳥曇り       

花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ     

妻を待ち田楽を待ち城下町     

春風邪が春風邪を避け座るバス

散骨は八荒に乗す湖の闇               

残照の鬱々と消え朧月                 

杖振って街へ出でよと桜東風           

句仏忌や篭大仏は男前                

海おぼろしらじら上る一つ星         

油断なき目付き腰付き猫の夫           

 

 

 

 

 

 

 

      四月(七月号へ投句)    4,25

七月号へ投句「微熱」 岐阜市 國井泉車

 

 

 

 

 

32 とつおいつ猫新節に思案顔 

33 はしり蚊や暦貼りせし腰屏風

34 鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

35 農鳥の出でて八十八夜晴れ      地紫

36 沈船のかたち顕はに夜光虫

37 空と海互ひに疲れ梅雨となる

38 参道の千年の磴苔ぬめる

39 糠蚊寄る苔の廃道七曲り

40 子鴉に間を矯めて鳴く巧みあり  入後

41 食卓の狭さが愉し桜桃忌

 

 

      特別作品「会津」          國井泉車

01 垣間見をせばや籬に薔薇絡む

02 囁きに似たる葉擦れや花樺

03 釣り釜の炎心嫋やかに揺るる       

04 てにをはに嬲られてをり雛の宿

05 老鴬や智恵子の森を跳ぶ木霊    入後

06 只見への汽車遅れがち花の渦

07 船頭の関羽の髭や雲雀落つ

08 言霊と思ふ端山の呼子鳥

09 野桜は咲きし数より多く散る

10 朧夜の街影たちの好き勝手      人長

11 鍬振るふ人に纏はる蝶二頭       

12 特急の私鉄の切符卒業期

13 見てゐしは裏かもしれぬ春の雲

14 名残雪融けて生命線辿る

15 引鶴の光になりに行く途中      天國16 巣燕や湖畔に硝子細工店

17 岩窟の厨子御開帳岩間草

18 春雨や古書も新書も匂ひ立ち

19 放哉忌語るは死者のことばかり

20 海石榴市へ若葉明りの古道かな  入勇

21 雲一朶吐いて甲斐駒新樹晴

22 しんがりに比丘尼降り来る若葉寒

23 盆梅の曲がりくねって枝垂れけり

24 鈴蘭を尾根まで展べて風の黙

25 蓬生の追分昏し塞の神          入勇

26 余花残花待ち人来ると佳きみくじ  

27 万緑を割って木曽より大河来つ     

28 夜一夜の卯の花腐し音も無や       

29 草を引く妻の寡黙を畏れけり       

30 生き死にの境に我と水中花      入國31 目と鼻の先小河原に雲雀降る

32 とつおいつ猫新節に思案顔 

33 はしり蚊や暦貼りせし腰屏風

34 鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

35 農鳥の出でて八十八夜晴れ      地紫

36 沈船のかたち顕はに夜光虫

37 空と海どちらも疲れ梅雨となる

38 参道の千年の磴苔ぬめる

39 糠蚊寄る苔の廃道七曲り

40 子鴉に間を矯めて鳴く巧みあり  入後

41 食卓の狭さが愉し桜桃忌

42 くちなはの鉄路越ゆるを見守りぬ

43 帰るさも跳ね人の鈴は鳴りたさう

44 賽銭に多寡あり雨期の六地蔵

45 綿菅の果てより暮るる霧ヶ峰    入平

46 石清水溢れ言葉は殺がれけり

47 川床や常世の国に近くゐる

48 たまゆらを水底に棲み敗戦日

49 逃げ水を追ふ巡礼の杖堅し

50  結界も築地もあらず黒揚羽      入瑞

◎天賞(15)  ⑥ 國井泉車 [貝寄風]

◎地賞(35)  ⑤ 大橋  紫 [百鳥]

◎人賞(10)  ③ 長谷川摂子[麦兆]

☆入選(05)  ② 後藤昇子  [貝寄風]

      (20)  ② 古賀勇理央[百鳥] 

      (25)  ② 古賀勇理央[百鳥]        (30) ① 金子如泉 [麦兆]     (40) ① 大橋鹿水 [嵯峨野]

      (45)  ① 後藤昇子  [貝寄風]    (50) ① 中島瑞枝 [貝寄風]        【百鳥】  勇平

 

      (50)

麦兆第221号へ 春「引鶴」  國井泉車

兼題  菫にも哀楽あるか崖暮らし

① 青き踏む過去を引き摺るもの捨てに    ② 涅槃西風余生あらかた見えて来し 

③ 光にも硬軟あるか東風眩し      

④ 引鶴の光になりに行く途中       

⑤ 朧夜の街影たちの好き勝手

⑥ 花屑の捉へざりしが膳へ舞ふ     

⑦ 釣り釜の炎心嫋やかに揺るる       

⑧ 言霊と思ふ端山の呼子鳥

⑨ 野桜は咲きし数より多く散る

⑩ 春雨や古書も新書も匂ひ立ち

⑪ 放哉忌語るは死者のことばかり

⑫ 春爛漫街にさざめきなき不思議        ⑬ 手応へを竿のしなりに上り鮎     

⑭ 国捨てし二十歳の蹉跌つばくらめ

⑮ リラ冷えや運河は夢も悔いも乗せ

⑯ ふらここのさ揺れて小さき忘れ傘      ⑰ 春はやて枝の放さぬ葉一枚    

⑱ 春雨の底愛憎の蠢けり     

麦兆220号冬 推薦句 岐阜支部國井泉車

 

初御空うれしきことをのみ思ふ   金子如泉

小夜時雨振り向くまでもなくひとり岸 一泉落ちなんと日は山にあり枯尾花   押味路子吹きさますときのやすらぎ七日粥長谷川勢津初暦掛けて明るき厨かな     山之内清

冬晴や硬貨咥ふる狛狐      堀 昌岳

寄り添ひて浮かびし柚子や仕舞風呂稲葉道子孫七人曾孫八人実南天      鈴木美枝大仏の鼻こそぐりて煤払          堀 明鏡

山眠る貧しき村をふところに   須﨑英子

 

      これも良句

寒禽の声つつ抜けに雑木山    原田麦秋

退屈といふ幸福の冬籠     三枝正一路

これやこの寒九の水か薬飲み   辻 雅風

立冬や電子辞書鳴る夜の机    新井セツ

寺男碁石で数へ除夜の鐘     三浦紀元年金の薄き通知や空っ風     山﨑明男

八月号へ投句「諫言」  岐阜市 國井泉車

 

麦兆222号へ(夏)「星の坩堝」國井泉車

兼題  香水に眉の顰みを憚らず   

① 褒めことば諫言と聞き夕端居

② 泣きに来し河川敷にも道をしへ   

③ 天と地と互ひに疲れ梅雨明くる        ④  参道の千年の磴苔の花         

⑤ 糠蚊寄る苔の廃道七曲り    

⑥ 五合目は星の坩堝よテント村       

⑦ 白南風や殉教の海さざめけり     

⑧ 賽銭に多寡あり梅雨の六地蔵       

⑨ 万緑の山万緑の湖を抱く           ⑩ 綿菅の果てより暮るる霧ヶ峰   

  ⑪ 風並べ置く岐阜うちは京うちは   

  ⑫ 食卓の狭さが愉し桜桃忌 

  ⑬ くちなはの鉄路越えけり大夕焼

  ⑭  浅き夢ばかり微熱の昼寝覚

  ⑮  梅雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊

  ⑯ 老鶯に間を溜めて鳴く巧みあり

  ⑰  新発意に掃かれてしまひ落し文

  ⑱  干されては鳥の糞乗せ藺の円座

222号へ(冬)推薦句 岐阜支部國井泉車

行く春や振り向く程の身ではなし 金子如泉

下萌や荒れ田に錆びし一輪車     山之内清

春雷や罪あるごとく籠りをり 長谷川勢津子

看護婦に股間剃らるるあたたかし  原田麦秋

風光る山を這ひゆく雲の影        岸 一泉

靴音の春の音して通りけり    押味路子

不器量の小猫手元に残りをり   堀 昌岳梅の香を辿る寺町水の町     堀 明鏡万感の白線流し水温む           辻 雅風

神仏御座す証や春の富士     三浦紀元

      これも良句

笑はれて笑はれて逝く花の下    小野みゆず

風光る遠男体山を望む橋     新井セツ

春祭大風呂敷の香具師の聲    森田正子

春マスク街は見知らぬ人ばかり  西原隆一

電工の宙に向き合ふ麦の青    荒井イト花御堂小さな柄杓甘茶仏    三枝正一路(三段切れの心配あり。小さな柄杓甘茶仏求め来てすぐ袖通す春の服    中山子泉

 

  九月号へ投句「六地蔵」岐阜市  國井泉車

  横に鳥の鋭声や袋掛           

  銭に多寡あり梅雨の六地蔵     

  緑の山万緑の湖を抱く         

  一夜の卯の花腐し音も無や     

  雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊   

  すげの果てより暮るる霧ヶ峰   

  並べ置く岐阜うちは京うちは   

  鶯に間を矯めて鳴く巧みあり  7・1投函

 

  俳論の会 雪華抄  感銘句      國井泉車

 

菜の花や蔵の裏手の船着場      寺松美代子  いかにも春らしい駘蕩たる雰囲気を、衒い なく詠まれて成功なさった。それでいて足 すことも引くこともできぬ緊張感。      春耕の土零しゆく耕運機        岡田はる代

  土の温み、耕運機を操る季節に至った喜び が、手に取るように伝わってくる秀句。  立春の声に五体の螺子緩む   高田 剣峰  「五体の螺子」の置き所に諸考あろうが、 私はこのままが最も良いのでは、と思いま した。                         

花薺石を支への四足門     丹羽 光江  作者の、いつもの丁寧な客観姿勢がここで も遺憾なく発揮されている、敬すべき一句 だと思う。                                                            泉車二句

 

万緑を割って木曽より大河来つ7・1投函                                  

      五月~六月               

薄靄の丘薄うすと二重虹          長

縦横に鳥の鋭声や袋掛            長発

病得て知る己の香薄暑来          長

見越松築地の脇は蟻の国          長

白南風や殉教の海さざめけり      長発

五合目星の坩堝のテント村        紫発

浅き夢ばかり微熱の昼寝覚        紫論

賽銭に多寡あり梅雨の六地蔵      紫発

 

浅き夢ばかり微熱の昼寝覚        紫発

万緑を割って木曽より大河来つ    紫論

夜一夜の卯の花腐し音も無や      百発

梅雨晴や智恵子の森を跳ぶ木霊    百発

綿すげの果てより暮るる霧ヶ峰    百発

風並べ置く岐阜うちは京うちは    百発

老鶯に間を矯めて鳴く巧みあり    百

七月

垣間見をせむ二丁目の薔薇館     長

しんがりに比丘尼降り来る若葉寒  長

てにをはに嬲られてをり滝見茶屋  長

泣きに来し河川敷にも道をしへ    長

猫も来て今宵は爺が夏料理        長

一湾に雲をぶちまけ沖縄忌        堀a

竹生より涼風給ふ寂光土          堀a

肩越しに宝輪朽ちし如来堂        堀a

船頭の関羽の髭や草いきれ        紫

風炉釜の炎心嫋やかに揺るる      紫

新発意に掃かれてしまひ落し文    紫

鈴蘭を尾根まで展べて風の私語    紫

暁星や仔鹿のねまる窪溜り        紫

森閑と飛騨一ノ宮朝曇            発

看護師の饒舌嫌ひ三分粥          発

乾びたる屑薔薇ゆるく括りけり    発

雨音や庫裡に積まるる藺の円座    発

忘るるは易し昨日の夕焼さへ      発

日焼子の面従腹背ママが好き      百

海の日の緩和病棟煤けをり        百

雲峰を担ぎアルプス小海線        百

積雲の上に積雲海猫の島          百

干されては鳥の糞飼ふ円座かな    百

中二階より投げられし夜の蜘蛛    堀b

泣き虫も怒りん坊もゐのこづち    堀b

御手洗の破れ雑巾青葉木菟      堀b

河鹿鳴く逢魔が刻の一つ星 

 

魚一閃浄土ヶ浜に岩灼くる

重さうな城山殊に夕焼くる

病魔より怖き人の世沖縄忌

 

日焼田に雀どち来てすぐ逃ぐる

山を裂く夏鳥さかるの深さや滝近し

苛めっ子いぢめられっ子ゐのこづち 秋     

逢ひたきは湖尻の夕焼余呉の闇   

乾びたる屑薔薇緩く括りけり  

光秀忌語るは死者のことばかり

箒目の崩れて優し梅雨の寺

食卓の狭さが愉し桜桃忌

 

人旅に我病室に雨期を知る

枝も葉も根の国のもの梅雨最中

結界も神域もなし黒揚羽     

鉄路越ゆくちなはきまり悪さうに

背割堤真澄の空を零れ鷺       

三ツ星は夜更けの帰路の案内役

あるじなき紅薔薇今朝の三分咲

たまゆらの影水底に敗戦日

殊に濃き岬の落暉光琳忌

 

薔薇の塞く籬に垣間見をせばや

鍬振るふ人に纏はる孔雀蝶

岩窟の厨子御開帳岩燕

生き死にの境に我と水中花     

鳶の笛門狭き湾に卯波立つ

参道の千年の磴苔ぬめる

糠蚊寄る苔の廃道七曲り

失せ物は出でずとみくじ夏神楽     

 

梅雨となり寄り道ばかり蝸牛

滴りは途切れず句案絶え絶えに

痩せ爺の喉上下せし冷素麺

金雀枝に囁けば莢身を震ふ

目と鼻の先小河原に雲雀降る 

梅雨寒やユーチューバーが志望先

灼くる日日吾が内臓の蠢動に

 

星屑の坩堝明くれば薔薇の国  ねんりんピッ

伊賀忍の裔を矜恃に白絣    ねんりんピック

 

一湾に雲をぶちまけ沖縄忌       

 

竹生より涼風給ふ寂光土         

 

日焼子の面従腹背ママが好き     

 

海の日の緩和病棟煤けをり       

 

雲峰を担ぎアルプス小海線       

 

殊に濃き校舎の落暉光琳忌

 

素晴らしき速度運河は屍を乗せて

 

帰るさも跳ね人の鈴は鳴りたさう

 

川床や常夜の国と隣り合ふ

 

たらひ舟鬼の帷子洗ひしか

 

      岐阜市文芸祭

草を引く妻の寡黙を畏れけり

光秀忌語るは死者のことばかり

 

 

 

 

 

「東北地方太平洋沖地震」への宣言      麦兆社

「東北地方太平洋沖地震」への宣言      麦兆社

初めに、日本の歴史上未曾有の災害で被災された方々へ、衷心よりお見舞いを申し上げます。そして、残された方々に一日でも早く安寧の日が来ますことを心からご祈念いたします。

この国難に、自分に何ができるかを数日考えましたが、現実には寄付をしたぐらいでした。しかし、俳句をやってきている万人の端に繋がるものとして、このことを残そうと思います。できれば、現地に行って俳句を作りたいのですが、足手まといにになって迷惑になることが心配です。本心はすぐにでも飛んで行って俳句に残したいのですが、周囲の状況を考えると自分のわがままのような気がして踏み出せないでいます。やはり自分はただ趣味で俳句を作っている人間なのかもしれません。芭蕉は、恵泉は、西行は、杜甫は、母は、今生きていたらどうしただろうか?自分は、せめて力の続く限り、毎日この現状を、人間の生きざまを、日本を、俳句に残すことにしようと思います。

『おくのほそ道』は、芭蕉が最後の旅を紀行文にしたものです。その中で芭蕉は、自然の風景や名所旧跡を訪ねたのは勿論ですが、その根幹は人間そのものを写しだしたのだと、師恵泉(「麦兆」の創始者)は博士論文の中で論究されています。日本という風土の中に生きる人間の在り方を、風土の中に生き続けた芭蕉が命をかけた旅を通して俳句(俳諧)という文芸に残してくれました。

麦兆の方々に申し上げます。今日までの現状をみますと、五年後十年後の日本が同じようになるとは思われません。歴史は繰り返しません。時間と同様に唯ただ前に進むだけです。「無常」という理念は、今日においても全く矛盾することなき真実を、私に実感をもって伝えてくれています。

俳句に携わる者として、一日一日を大切に自身の心を写し出しましょう。

「自然を師と為せば人自ずから定まる」師恵泉の言葉です。

 

国難の命連なり春灯  如泉

 

連作「東日本大震災―虫時雨―」   金子如泉

連作「東日本大震災―虫時雨―」   金子如泉

秋雲や人なき湖のささら波

平仮名の母の手紙や秋陽濃し

虫の夜や親亡くす娘の偲び泣き

幸不幸闇の底より虫の声

親亡くす娘の夜話を虫時雨

海捨てて生き延びし山秋の雲

己が罪救ふ術なく秋の海

花すすき津波を逃れきたれども

彼岸花唐突に親逝きにけり

震撼として雪崩れくる秋の潮

星闇や直に飛び込め母が胸

寝て覚めて母恋ふる子や秋の天

秋天や逝くを定めとは言はず

虫時雨涙の淵に母無き子

流星や親も故郷も失ひし

秋天や親無き子等を生かしめよ

秋蝉のしきり国家の崩れゆく

裏返る蝉を拾えば羽打ちけり

秋雨や向日葵畑のなほ明かし

23,8,24?26福島会津 泉車と共に

連作 「秋」       金子如泉

23,8,24?26福島会津 泉車と共に

三人の男初物梨を剥く

旅立は下野の国秋の雲

関越えて初秋の山へ分け入りぬ

秋の旅今も昔もなつかしく

ー大内宿?ー

陰辿る大内宿の残暑かな

ラムネの蓋叩けば秋陽溢れしむ

秋の村今も名主という女将

ー東山温泉ー

長々と秋陽に晒し露天風呂

コスモスや山の出湯のうら寂し

萩咲きて近藤勇の墓遠し

胴太き近藤の墓風の萩

露しとど頂にたつ剣士の碑

山覆ふ霧の迅さや谷の音

朝風呂に入りそこねし山の秋

明け初めし出湯の霧の迅さかな

ー飯盛山ー

本尊とふ千手観音秋時雨

雲突くは磐梯山や稲穂波

ー鶴ヶ城ーー

晩翠の歌面影に城の秋

ー春日八郎記念館ー

秋時雨昭和の歌を口ずさみ

秋時雨友が別れの一本杉

村人の自慢の歌手や稲穂波

ー恵山焼ー

爽やかや珈琲碗を藍色に

知らぬ道知らぬが仏鰯雲

轆轤蹴る故郷の土を秋色に

ー遊行柳ー

肩に蝗とめて遊行柳啓す

柳までサルビアの花芭蕉の碑

稔り田に囲まれ古りし柳かな

細道を降りみ降らずみ秋の旅

ー白河の関ー

手拭を頭に関の残暑かな

弟の声や故郷に近き秋

ー矢板「無量庵」ー

新蕎麦の店に架かりし画の値踏み

ー小山駅ー

秋雨や友の旅装は本格的

旅果ててそれじゃまたなと秋の駅

秋雨の本降りとなる旅の果て

 

 

 

 

2012,4,14  3,25?29國井泉車と四国遍路の旅のまとめ

2012,4,14 國井泉車と四国遍路の旅

春日や大和まほろば雲流る

通勤の夢より覚めし春の旅

悲しみは暫らく春の雲に乗り

春雨や千代坊稲荷ひしめきて

春雨や千代坊稲荷に油揚

芽木の道友青雲の志

島繋ぐ橋長々と春霞

島重ね海暮れゆける春の航

頂に椿咲かせて島の墓

春日や出船入船栄の碑

春日の島を残して沈みけり

春落日手のとどく程波の上

新幹線ばかり忙しや春景色

海近くまた遠く春の車窓かな

四国へと母が遍路や春の雲

大海に掛けし長橋春霞

日の暮れへ鴎せわしき瀬戸の春

梅一ひら放哉庵の鉢の水

春雨に降られ南郷庵の縁(木偏の漢字)

春水に松傘浸し放哉庵

春雨や放哉坊の墓一つ

分教場暗く海より春の雨

春の雲島の頂かすめゆく

春光や沖へひとすじ海の道

男二人栗善哉待つ春の寺

遍路旅こは知る人の千社札

友が買ふ観音様や春の旅

八十島や瞳つぶらな地蔵様

八十島や遍路団体経上げて

春の海あれは源平古戦場

行く春や雉歩き出す神の山

残雪や雲の上なる雲遍寺

春の寺元禄よりの寄進名

逆打ちの若者二人山笑ふ

お遍路の真似事となる寝起きかな

行く春やまたぼっちゃんの湯に浸り

漱石も子規も入る湯や春深し

紅椿散り敷く山頭火の庵

行く春や子規の俳号あまたあり

春時雨一草庵の古机

春社微動だにせぬ神の馬

金比羅山上り下りの梅日和

春暮れて人麻呂の歌碑松の庭

行き交ひし坊ちゃん電車伊予の春

横たわる屋島声なく霞けり

せんせいのオルガンに子ら春の歌

海峡を一歩で跨ぐ春の島

動き出す野良犬二匹春時雨

春時雨店早仕舞い島の婆

梅が香や母が辿りし遍路道

青雲の士よ甦れ伊予の春

鶯の一声に泣く遍路道

山頭火鉢で受けたる紅椿

方哉の暮らしの島や春の雨

頂に方哉の墓春の雲

梅散るや方哉庵に無精髭

にぎやかに過ぐる遍路や春の寺

菜の花や西国札所母の道

飲んで寝よ方哉も見し春の月

春時雨島を過ぎりて暮れにけり

あなどれば讃岐は広し遍路かな

花曇島離れゆく船の水尾

 

2011,11,15 ハワイ修学旅行 如泉

2011、11、15?ハワイ修学旅行

飼い犬がじっと見送る冬の旅

冬麗や一人の旅を寂しめる

幾万の英霊の灯や冬ハワイ

冬灯波に揺れ居しハワイの夜

語り継ぐ二世の老婆冬のハワイ

生きるとは祖国とは何冬ハワイ

常夏といふもハワイの冬寒し

大いなる船浮かぶハワイの冬

生誕の地のありありと冬の国

生れ落ちし国が祖国か冬の海

冬灯消えさらぼえし故郷かな

冬の国旅に旅する寂しさに

子等がゆく異国の冬を踏みしめて

先生と呼ばれ写真に納まる冬

冬闇に数かぞえれば鳥が鳴く

冬の国情けの言葉わからねど

一つ二つ三つ四つ冬の涙一つ

子等と共にミズーリ艦上冬陽濃し

アメリカのコインたまりぬ冬の旅

人類のるつぼハワイの冬温し

冬ワイキキいとしき小鳩ダブといふ

五十本の旗翻る冬の湾

戦争も観光となり冬の海

冬落暉孤独背負ひてカメハメハ

冬ホテル明日の用意を一列に

戦艦ミズーリ歩みし過去も冬の波

教え子の住みしハワイや冬温し

 

 

2009,8,3~4 子泉氏と共に 富士登山 62歳の初登山

富士登山2009,8,3?4(子泉氏と共に)

富士登山整わぬのは身体だけ

登山靴買ふや覚悟の富士登山

一頻り準備揃うや富士登山

今朝もまた慌しきや登山行

忘れ物して旅立ちし夏の朝

こまごまと登山の準備夏の夜

逝きし人に一番近き夏の富士

○亡き親に一番近き夏の富士

亡き兄に一番近き夏の富士

集合に一番乗りや夏ツアー

○軽装の人も交じるや夏の富士

○富士登山ずしりと重きリュック負ふ

サングラス最初に壊れ登山の日

昨日まで天候不順富士登山

珍しき登山日和も恨めしき

○びっしりと人並び寝る登山小屋

○山小屋や一尺五寸の幅に寝て

風流の写真リュックに富士登山

頂上の見えず炎暑の富士の道

息深き一歩も険し富士登山

○後悔を断ちて一歩や富士登山

倒るるほど歩めども富士山頂遥か

富士登山身を叱咤すも進まざり

富士登山行くか戻るかこの一歩

○雲海を足下に富士の晩夏光

富士登山ひたすら前の歩に合わせ

丑の刻富士山頂へ光の列

御来光富士山頂に拝み立つ

不二登山朦朧とすも身を前へ

富士登山道に座れば眠りたき

富士登山道に倒れて眠りたき

○炎帝や頂上遥か九十九折り

○富士登山無風無音の九十九折り

富士登山休憩も息整わず

次々に砂礫に転ぶ富士下山

御来光万歳の声山頂に

山頂を目前にして御来光

山頂へ光の帯や富士登山

○カンテラの灯の連なりや夏の富士

連なりしカンテラの灯や夏の富士

○これほどの老若男女富士登山

不二登山己が身にある高山病

○人間を人間として夏の富士

○上も下も生死の境富士登山

雲海を眼下に紫煙晩夏の月

薄桃に富士の石楠花岩に咲く

富士登山酸素ボンベも間に合わず

御来光山頂へ人ぎっしりと

振り返る道の険しさ富士登山

富士下山己が身友に遅れゆく

この人が馬に乗るかや富士登山

汗しとど拭くも苦しき富士の峰

山小屋に満天の星夏の月

○持ち帰る塵が戦果や富士登山

外人に追い越されゆく富士登山

富士登山一歩の遅れ最後まで

己が身を砂礫に埋め水補給

集団に遅れて登山自暴自棄

炎天の富士へ満員バスツアー

深呼吸切れ切れとなり富士登山

○炎帝や山頂へ人の列続く

人黙して真夜中の富士登山

カンテラの列山頂へ富士の闇

○万年雪富士山頂の風の音

富士下山ころころ転ぶ砂礫の道

○富士登山鎖となりし人の列

○富士登山かそけき己が命かな

○富士登山かそけき命連なりて

○登山杖縋りも遥か富士の峰

○霊峰というも極暑の砂礫坂

○霊峰といふも極暑の地肌かな

○生涯に一度と決めし富士登山

○登山馬四足なれば羨まし

登山馬踏み違ふ無き岩場かな

○山攀じ登り恐ろしき下りかな

○金剛杖焼印三つ富士下る

○岳人の飛びゆく如き岩場かな

○登攀す命は二つあらざれど

○富士詣三日魂抜けしかな

○富士今日も雲に隠れて暮れしかな

○あの富士の山頂に立つ登山帽

御来迎

御来光倒れ伏す身に射し来るや

一斉に歩を止め拝む御来光

御来光群衆のまだ連なりぬ

御来光山頂近き人の群

己が身のぎしぎしとなる富士登山

山頂へ二列の光富士登山

稜線に光の列や暑き闇

山頂へ光の帯や富士の闇

片蔭の一片もなき登山かな

岩陰に人倒れ伏す富士登山

投げ出せし身を炎帝にまた起こす

岳下りて日傘まぶしき都かな

登山馬ただ繋がれていたりけり

強力の山頂にきて直ぐ下る

裸子となり富士山頂へ

汗みどろ汗拭くこともままならず

攀じ登る富士ぞ余力も吐き出せり

富士登山倒れんとする訳知らず

 

 

如泉句

冬の句

今日よりは故郷への道や冬銀河

真夜中やしんしんと鳴る凍る胸

真夜中やしんしんと鳴る屋根の雪

誰彼となくすすり泣く冬の葬

沢庵をまた頂けり凍る息

親無き故郷兄と焚火を日暮れまで

親なくば兄と焚き火を日暮れまで

霜降る夜今日も娘は帰らざる

初富士の赤々として空青し

初富士や日のすすり泣く天の際

寒星や親と離れて犬眠る

犬の尾のちぎれんばかり凍てし庭

冬ざれや犬に行きたき道のあり

寒月下乳吸ふ夢か犬の唇

音立てて乳吸ふ夢か犬の冬

冬の音ただ待つことに慣れし犬

寒月下犬片耳を立て眠る

冬の夜や犬片耳を立てて寝る

振り返る互いの犬や冬の道

枯野道犬は互いに振り返る

凍る夜を犬と盗人動きけり

小春日や犬に言葉の好き嫌い

枯野道犬の嫌いな犬が来る

寒き街犬の嫌いな犬が来る

小春費や数えあげたる犬の癖

寒月下犬の兄弟ちりぢりに

富士山

冬の旅いづこにあるも富士一つ

形良き富士の姿や雪の暮

山幾重冬空に富士抜きん出て

過去

帰去来や冬の雲ゆく海の上

凍てし道子らは振り向くこと知らず

夢に見し女さびしや冬の明け

極寒やおんなの夢を見て眠る

寒月や生まれ在所に啼く鴉

草枕

久に聞く赤子泣く声冬の暮

脚曳けば犬吠え立てる霜の道

冬銀河こぼれるほどに女泣く

冬桜天の涙を拾ひけり

蝋梅や犬のあゆみの嬉々として

寒椿誰も通らぬ前の道

黄水仙おそらく今日は友が来る

黄水仙海風沖へ静まりし

黄水仙岬まで風真向かいに

寒牡丹雪菰を着てほの紅し

紅牡丹雪菰を着てともりけり

ひそやかに菰着て咲くや冬牡丹

曇天や地には牡丹の渦固し

雪降り来地には牡丹の渦固し

冬の旅

現れし富士の高さや湖の上

野良猫の手より餌を食む冬の庭

富士聳ゆ大涌谷に冬日さす

冬の日矢受けて湖上を渡りけり

甦る画家の群像冬の山

町並みを伏し抜きん出て雪の富士

冬富士や富士といふ名のそこここに

いづこでも富士拝みけり冬の旅

大富士をひねもす拝み冬の旅

冬の旅ぬくき所に眠りつつ

地魚を食べ冬富士を見て眠る

富士聳ゆ二日続きの冬日和

冬日和友と逢ふまで一眠り

雪の富士雲とりつきて離れ得ず

小雀の高き羽音や初日影

 

犬の句

犬二匹何か耳打ち春灯下

犬連れてさくらはしごとなりにけり

いつの間に犬戻りしか花の冷え

老犬のどこまでいくぞ冴え返る

老犬の一歩が重し冴え返る

老犬の胸までひたし草萌ゆる

老犬の吾をさがすや春の園

春の夜や玄関に抱く迷ひ犬

花冷えやはぐれ子犬がまとひつく

春寒や犬の吠えつく旅衣

春の鳥琉に羽ばたく羽あらず

春風や犬前足に顔のせて

春津波犬生き延びし海の上

あたたかや留守居する犬と猫二匹

留守居する犬猫二匹暖かし

椿散る眠りし犬の鼻先に

向き変えて寝る老犬や芽木の風

ひとしきり犬吠えたてる梅の下

避難所に犬は禁止と春の雪

野良犬の思ひめぐらす花の宿

音立てて子犬乳喫ふ春の闇

病む犬の笑ふ日もあり春の風

玄関に留守番の犬花万朶

子犬の世界門の先まで春日和

娘ら息詰め犬のお産の遅日かな

吾と犬の互ひの記憶春の道

知らぬ間に犬ついて来し秋の駅

春宵や犬の言葉が人に似て

春暁の地に老犬の深眠り

春愁やいつまでも犬かたわらに

犬捨てて犬買ふ女街薄暑

犬が尾をちぎれそに振る緑の夜

緑陰に病む犬呼べばこたへけり

琉と居て青葉の下に雨宿り

留守番の犬にひと声初夏の旅

若葉風野良犬と寝るホームレス

若葉風犬が散歩をまたせがむ

若葉風病む犬の目で言ひしこと

若葉光犬のまるみに窪む土

我が病めば犬の優しや若葉光

癌移転少しは甘えよ犬の夏

風薫るふはふはふはと犬の口

梅雨の夕さびしき人と犬がゐる

夏の夜に貰われゆきし子犬かな

長梅雨や犬四肢抱き深眠り

長梅雨や上目使ひの犬の顔

病巣とゆっくり土に犬の夏

野良犬を風と名付けて初夏の庵

病む犬の青芝に身をまかせけり

病む犬が見上げる軒や夏祭

病む犬の総身動きて眠る夏

末期癌といふも犬の目涼しけり

炎昼や犬の顔して犬を曳く

岐路ごとに吾待つ犬や山青葉

新樹光叱られて犬戻りゆく

涼しさや犬の言葉は分からねど

涼しさや抱かれし犬が人の貌

涼しさやお座りをして迷ひ犬

犬二匹迎えてくれし星月夜

犬の目のわれに問ひくる秋の夜

犬の目の秋雨となりさびしかり

犬二匹もみぢにそまり主待てり

稲妻や野良犬の眼のすがりくる

初秋や逝くと決めたる犬の声

星月夜帰れば犬の転がり来

留守番は二匹の犬に盆帰省

飼い犬の聞き分けの良き秋の道

露の夜犬の鎖の鳴りにけり

露滂沱草原を犬走りきし

やや寒や犬が引きたる綱の張り

真夜中の犬と分けあふ夜食かな

こほろぎは犬の鼻先喰はれけり

この人も犬を亡くせり秋の道

秋雨や老犬の息主が断つ

行く秋や子犬拾ひて人の行く

行く秋や犬の歩きし道歩く

知らぬ間に犬ついて来し秋の駅

犬二匹迎へてくれし寒月下

犬の尾のちぎれんばかり凍てし庭

犬とゆく枯野さびしきことあらず

犬ころの甘噛みしきり寒の入り

犬橇の犬遠吠えす雪の夜

老犬を抱いて渡りぬ冬の川

初雪や雪国の犬駆け通し

遠吠えに犬鳴き継ぎし霜夜かな

猟犬の微動だにせぬ鴨の前

猟犬の鋭き声渡る冬の峰

琉といふ犬と寝てゐる冬の夜

盗人に犬も寝ねたる寒夜かな

尾を振りて犬転げゆく雪の原

元旦や犬と散歩の行き戻り

寒月下犬かた耳を立てて寝る

寒林の奥静かなる犬と銃

飼い犬のじつと見つめる冬の海

野良犬の塒何処や北風の夜

野良犬の舐めて眠りぬ寒の水

野良犬の人に寄り来る冬の浜

音立てて乳吸ふ夢か犬の冬

冬紅葉犬を介して妻に言ふ

冬河原連れし老犬の鎖解く

冬ざれや犬に行きたき道のあり

振り返る互いひの犬や冬の道

冬紅葉散り敷きぽこぽこ老いと犬

小春日や犬に言葉の好き嫌ひ

この犬は人間嫌ひ冴返る

天狼の血をひく犬や雪無限

知る犬の飛び跳ねて来し今朝の春

全身で犬の出迎へ冬の夜

雪中を犬走りきて息荒し

以上犬の句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

琉     金子如泉

草萌や琉が走れば風立ちぬ

琉走る草萌ゆる丘尾を立てて

琉の息天翔くるほど草萌ゆる

草に伏すや琉をくすぐる春の風

跳ぶ琉の胸までひたし草萌ゆる

草萌やふはふはふはと琉の口

暖かや龍前足に顔のせて

先見えし琉と吾ゐて若葉風

病む琉の遠まなざしや春の風

春鳥や琉に羽ばたく羽欲しき

向き変へし琉にやさしや芽木の風

真夜中や琉と散歩の桜道

雨宿り若葉の下に俺と琉

行く秋や琉の歩きし道歩く

 

 

 

 

 

主宰俳句

 

「春の雲」      金子如泉

2016,4

渡らざる郷愁の橋春の雲
春の雲故郷への橋を渡るまじ
紅梅を盗み絵を書く一人の夜
東風吹くや音沙汰のなき娘の暮らし
紀元節国家論なぞ埒もなき
何故にしみじみと見き春の花
残雪やけふ訪ねたき友のあり
東風吹くや主顔せし犬の髭
犬ふぐりけふすることは何も無し
野蒜摘む粗方切れてしまひけり
草青む犬が定めし尿どころ
菜の花を好きに摘めとや掲示板
迷ひ人捜す放送木瓜の花
蜆釣り家には誰も居らざりき
桜貝呉れたる女忘れけり
桜鯛いかにも目鼻くすぐりぬ
春疾風獣が走る汚染地区
安吾忌や國七十年の息を吐く
安吾忌や國果つるとも父母の恩
春障子病む床に陽のうつりけり
四方拝天皇様を見たことある
春深雪鉢の帽子を取ってやろ
梅祭人に慣れたる山羊の声
飼ひ犬のほめられてゐる花の下
豆腐屋のおまけはおから春の風
長閑さや手つなぐ老いの影遠し
花曇音無く高く戦闘機
初燕見しより友を訪ねけり
犬とゐて蛙鳴き出し聞き入りぬ

六月七日(日)~ 十一日(木)岐阜、紀伊半島への旅

悪童の泳ぎ出しける大河かな
老鶯や俳友とゆく長良川
友と食ふ今生旨き鰻丼
耳遠き婆口無しの花盛り
初夏の家友が飼ひたる猫二匹
黒潮の間近に涼し露天風呂
青潮に濡れて海辺の鮪丼
青潮や小島へ渡る舟灯り
海に出づ熊野古道や梅雨時雨
紫陽花や古刹への道幾曲り
古道涼し那智黒飴を頬張りて
一条の滝浪々と熊野かな
梅雨しとどゆく船遅々と熊野灘
青潮や大うつぼ手に語る過去
梅雨寒や黒潮さしてくる苫屋
梅雨寒や海を背にして仕掛け編む
梅雨の海羹(あつもの)許す昨日今日
餌を欲りて海豚哭くなり熊野灘
熊野灘イルカ大ジャンプして拍手
真っ白なイルカは奇形青葉潮
梅雨しとど鯨か船か熊野灘
青潮の宙天にあり露天風呂
画家けふも青潮を聞く巌かな
補陀落の謂れ尊し梅雨の海
旅三日梅雨晴となる熊野かな
迸る水夏花のゆれかすか
楠大樹青潮はるか寄せゐたり
落つるより暴るる川か那智の滝
梅雨晴や熊野を出でて恋話
小さき花咲かせ古道の清水かな
友と昼寝熊野に沿ひし車窓かな
護摩の火を焚くや霧割る那智の滝
熊楠の住みしとふ庵梅熟す
熊楠の仮寝の跡や苔の花
梅雨しとど沖に影見るくじら浜
鰹喰ふ泳ぐ運命と知りながら

「冬の富士」 金子如泉

2016、冬

正月や目出たき事をのみ思ふ
鳴き続く冬蟋蟀や亡母の庭
蕎麦打ちに名人もいて冬の村
蕎麦掻きや村一面の雪景色
冬の別れ弟鳴らしゆくクラクション
友が家に枇杷の花咲く懐かしき
冬薔薇の一輪最後まで開く
一本の煙草に埋む寒さかな
冬の笠間買ひそこねたる稲荷ずし
道問へば犬の吠えつく冬の畑
辿り来し祖が城址の冬日かな
母と来し海沿ひを行く冬の旅
茅の輪綯ふ漢三人冬の宮
剣聖の一振りに座す冬の宮
木枯しや角振り立つる神の鹿
寂しさに冬鳥鳴かす電子辞書
星といふ季語持たぬ民冬の星
星の名を持たぬ我が祖や冬銀河
只人は只人であり枯野星
大振りの湯飲みは妻へ冬の旅
正月や故郷の風の吹く窓辺
授業中生徒らが見てゐる冬の富士
母恋ふや翌檜に雪ちらつきし
寒月や手を振り合ひて子ら帰る
冬山河「雲と水と」は母が日記
遥かなる先祖を辿る冬の道
芭蕉句碑一つ残せる冬の旅
冬の音一つになりて寝ねにけり
師が着きし句境は何処冬の富士
勇魚捕り梅雨に隠るる狼煙山
賽銭の薄きを侘ぶる梅雨の寺
明日までの旅鰻丼の喰ひ納め

如泉句集

麦兆主宰・金子如泉の句をご紹介します。
会員の方はコメントなど自由にお書きください。
50 句あります。
種別 季語 主宰句 コメント
麦兆同人 遠蛙[夏] 読み返す 父の日記や 遠蛙 0
麦兆同人 月光[秋] 月光へ 鯉ひるがえる 水の面 0
麦兆181号 春眠[春] 春眠や 十三億土 黄砂降る 0
麦兆181号 蛙鳴き[春] 蛙鳴き 子等寝て明日は 雨ならむ 0
麦兆181号 木々芽[春] 嬉々として 山の子となり 木々芽吹く 0
麦兆181号 踏青[春] 踏青や 遥かに聞こゆ 父母の声 0
麦兆181号 桜[春] 桜さくら サクラ中なる 鹿踊り 0
麦兆181号 痩蛙[春] 痩蛙 ひらひら浮かび 泳ぎ出す 0
麦兆181号 花の下[春] 呑んぺいの 俄か万歳 花の下 0
麦兆181号 草萌ゆる[春] 玉堂の 筆の走りや 草萌ゆる 0
麦兆181号 春雪[春] 春雪や 大ごととなる 庭の木々 0
麦兆181号 卒業[春] 一礼は 深し卒業 証書授与 0
麦兆181号 春一番[春] 春一番 流されてゆく 街鴉 0
麦兆180号 雪[冬] おらけふも 明日も旅ぞ 雪のかさ 0
麦兆180号 年の暮[冬] 過ぐる街 いづこも寂し 年の暮 0
麦兆180号 冬の窯[冬] 陶工の 一途の彩や 冬の窯 0
麦兆180号 短日[冬] 短日や 黄瀬戸黒瀬戸 窯巡り 0
麦兆180号 冬日[冬] 山越えて 美濃の国原 冬日射す 0
麦兆180号 冬の宿[冬] 益荒男の 鼾高らか 冬の宿 0
麦兆180号 冬[冬] 木賃宿 入るやたちまち 冬の句座 0
麦兆180号 雪国[冬] 雪国の 店早々と 終ひけり 0
麦兆180号 一時雨[冬] 一時雨 大正村に 軒借りし 0
麦兆180号 寒月[冬] 寒月を かかげ寂しや 古戦場 0
麦兆180号 寒月[冬] 杉の秀を 出で寒月は 天を占む 0
麦兆180号 寒月下[冬] 寒月下 少年は焼き 栗を売り 0
麦兆180号 雪玉[冬] 雪玉を 湯舟に浮かべ 露天風呂 0
麦兆180号 雪重ね[冬] 雪重ね 山懐の 温泉かな 0
麦兆180号 冬ぬくし[冬] 冬ぬくし 友が国なる 鰻丼 0
麦兆180号 冬の富士[冬] 玲瓏と 天地を統ぶや 冬の富士 0
麦兆180号 大歳[冬] 大歳や 玻璃の都を 旅立ちて 0
麦兆180号 冬日和[冬] 生きること 少し慣れたる 冬日和 0
麦兆180号 雑煮[冬] 雑煮喰って 誰に手合わす 独りきり 0
麦兆180号 寒月下[冬] 寒月下 自己殺人と 人言へり 0
麦兆180号 雪の花[冬] 幸ひを 等分できず 雪の花 0
麦兆180号 寒椿[冬] 捨てたのか 捨てられたのか 寒椿 0
麦兆180号 冬の天[冬] 蜘蛛の糸 幾千昇る 冬の天 0
麦兆180号 冬の蝿[冬] 逝く人に ついてゆきけり 冬の蝿 0
麦兆180号 冬陽[冬] 死の淵を 這い上がり来る 冬陽かな 0
麦兆180号 木枯[冬] 名を呼べば 木枯が声 攫ひけり 0
麦兆180号 冬林檎[冬] 冬林檎 齧り地球の 塵となる 0
麦兆166号 晩夏光[夏] 晩夏光 出船は天へ 昇りゆく 0
麦兆166号 晩夏[夏] 山頂に 立てば晩夏の 沖高し 0
麦兆166号 晩夏[夏] 故郷まで たどりつかざる 晩夏かな 0
麦兆166号 夏の雲[夏] 先生に 叱られしこと 夏の雲 0
麦兆166号 炎暑[夏] 子が父を 葬り偲び 泣く炎暑 0
麦兆166号 蝉時雨[夏] 蝉時雨 親なき家の 閉ざされて 0
麦兆166号 ツバメ[夏] 諦めぬ 鴉ぞ憎き ツバメの巣 0
麦兆166号 長梅雨[夏] 長梅雨や 上目使ひの 犬の顔 0
麦兆166号 父の日[夏] 父の日や 己が貧窮 問答歌 0
麦兆166号 若葉光[夏] 若葉光 亡き父母の 笑ひ顔 0