報告・ニュース

平成25年度 麦兆社 後期吟行会(佐野小夜子)

日時: 平成25年11月2日(土) - 3日(日)

場所: 栃木県鬼怒川温泉(ホテルニューさくら)

参加者: 15名


持参句:

主宰選 互選 作者
眠り児の手から溢るる赤のまま 井上恵子
  車停めしばし花火を眺めけり 稲葉貴泉

瓶に挿す野菊少女の昔振り 金子如泉
[人]

山寺の日暮れは早し赤のまま

岸一泉


里閑か墨絵のような十三夜 新井セツ
[天] 一等の通知届くや今年米 荒井イト
[地] 被災地に続く空なり今日の月 稲葉道子

亡き人に聴くすべもなし秋の風

鈴木美枝
庭下駄の鼻緒のゆるびそぞろ寒 長谷川勢津子
朝雨のほどよきしめり大根まく 飯島サヨ
  徘徊す狼犬や月明かり 小野みゆず
  小枝影釣瓶落しや西の窓 石川菊子
  秋灯下孫の可愛い鏡文字

並木まどか

 入 天辺へひたすら登る蔦紅葉

佐野小夜子

  十五夜を漫ろ歩きの畑道

中山子泉

 

兼題句「紅葉」:

主宰選 互選 作者
[地] ふるさとの家なき庭の紅葉かな 並木まどか
入  行くバスに広がる紅葉臨む沼 石川菊子

庭紅葉道草してる伝書鳩 小野みゆず

波瑠越しの絵画にまがふ紅葉かな

長谷川勢津子


岩走る飛沫に映ゆる紅葉かな 鈴木美枝

ひと枝の紅葉を夫に手向けとす 稲葉道子
[人] 復興ソング流るる茶屋の紅葉かな 荒井イト
[天] 那須岳の紅葉裾までおりて来し 新井セツ

身に酔ひのひろごるごとき紅葉かな 岸一泉

紅葉して居間に移さる小鉢かな 金子如泉
  紅葉のちらりほらりと路の上 稲葉貴泉
入  紅さして風と戯る紅葉かな 井上恵子
入  渓流の昔の中なる紅葉茶屋 飯島サヨ

紅葉してとっぷり暮るる旧街道 佐野小夜子
  武蔵野に紅葉来る散歩哉 中山子泉

 

嘱目句:

主宰選 互選 作者

街路樹の桜もみじや旅の宿 荒井イト
  紅葉せる桜街道鬼怒の里 稲葉道子
[人] 履きなれし靴を磨きて鬼怒の秋 小野みゆず

湯の宿に明かり灯りて秋くるる 井上恵子
湯の町の日暮れは早き紅葉かな 鈴木美枝
[天] 大吊り橋往き交う人等秋惜しむ 並木まどか

一夜漬けの夢の作句や文化の日 佐野小夜子

湯の里の灯りこうこうと渓紅葉 長谷川勢津子

音立てて鬼怒川流る秋の水 石川菊子

石庭に紅葉一葉艶やかに 井上恵子
入  紅葉の一山光る夕日哉 中山子泉

窓越しに紅葉美くし川の宿 稲葉貴泉
[地] 
紅葉山両翼にして出で湯かな 荒井イト
そっと渡るおお吊り橋の紅葉かな 中山子泉
  行く秋や水に始まる米自慢 金子如泉
  見下ろせば紅葉燃ゆる谷の里 稲葉貴泉
  手の届くほど晩秋の山の明け 金子如泉
  晩秋の灯火ゆらぐ鬼怒の里 小野みゆず
せせらぎや日を呑み谷の夕紅葉 荒井セツ
10 山の彩うつして鬼怒の水澄めり 長谷川勢津子
  もみじ宿渓流を背に句会かな 飯島サヨ
紅葉山白きホテルを埋みけり 稲葉道子
  西日差す軒をせばめしつるし柿 新井セツ
  渓流の砕ける水に映ゆ紅葉 佐野小夜子
瀬音して旅情に浸る夜長かな 並木まどか
  紅葉の山懐にして句座の宿 飯島サヨ
  鬼怒川の吊橋の景薄紅葉 石川菊子
  ニューさくらその名も親し秋の宿 鈴木美枝
山下りし風の染めたる紅葉かな 岸一泉
  鬼怒川路紅葉ライン下りかな 岸一泉

 

(主催選)欠席者投句:

主宰選 互選 作者

紅葉して明るき庭の家となる 佐藤篤司
 
もう少し寝かせてくれと今朝の秋 佐藤篤司


いろは坂紅葉の山野抜きにけり 川端三雄


左右共に白髪や蔦紅葉 川端三雄


木漏れ日を吸うて染まりし嵯峨紅葉 國井泉車

しなる手に恋語らする風の盆 國井泉車

神祀る洞に落ち行く山紅葉 堀昌平


すげかへて踊りに戻る男下駄 堀昌平


紅葉なす式年の宮神遷す 堀鏡子

夜半の月ひとり占めして終ひ風呂 堀鏡子
 
紅葉してこのままつづく帰の里へ 田口君枝


忘れじぞ終戦の夜の空のいろ 田口君枝
 
なつかしき思い出ばかり紅葉狩 笠井敏子


柿甘し亡き父母からの送りもの 笠井敏子
 
永観堂これが昌子の紅葉かな 三枝正一路
 〇
曽根崎の路地の灯りや地蔵盆 三枝正一路
 
知床をまずは色どる紅葉かな 百瀬序春
 
ころぶなと願いし孫の一等賞 百瀬序春


紅葉手に旅情いよいよ深かりし 洲崎英子


新蕎麦やテントの下の食べ比べ 洲崎英子
 
古寺や若き僧あり紅葉掃く 森田正子

待つ人も無く立ちつくす秋夕焼 森田正子
 
常夏の国より帰り目に紅葉 中嶋恵美子

吾亦紅介護の愚痴を黙し聞く 中嶋恵美子
 
山紅葉天も錦に夕の空 岡田寛
 
秋深し己が人生顧みむ 岡田寛
 
瀬に映えてやがて遡上の紅葉かな 下津昭寛
 
小糠雨幾許もない秋に居る 下津昭寛
 
母老いて望む紅葉に影ひとつ 宮沢不二夫
 
軽がした栗をノートに閉じ込めて 宮沢不二夫
 
静かなる山の悠久紅葉かな 吉田洋
 
秋となり教え子ぽつぽつやって来る 吉田洋
 
自生して楓幼木初紅葉 野沢政江
 
赤のままおいて無性になつかしや 野沢政江
 
上毛の三山めぐり紅葉狩 塩原正喜
 
鈴生りの中の梢や小守柿 塩原正喜
 
紅葉や思い出遠しいろは坂 阿木益夫
 
箱根時の魅力や幾年ぞ 阿木益夫
 
ふりそそぐ飛天の衣夕紅葉 西原路子
 
天鼓やみ地は鳴りとよみ虫の声 西原路子
 
糠床の機嫌よろしき初紅葉 押味路子
 
拾いたる団栗袴はきてゐず 押味路子
 〇
老いてなほ歌舞いてみたし紅葉狩 新井淳子
 
朝顔や姉妹で守る湯治宿 新井淳子

 

▲このページのTOPへ