報告・ニュース

東京支部三月例句会報告(平成22年) [岸 一泉]

日時: 平成22年3月13日

ところ: 杉並会館

参加者: 12名

兼題句: [春一番]

主宰選 互選 作者

背中を押す父の手のごと春一番 吉田洋
 地 春一番和尚おくれて着く法事 塩原正喜
  あわや猫ふた砂く屋根や春一番 田口君枝
  丘降りて野を駈け抜けぬ春一番 宇野健一
  春一番吹きし後には土のあと 石川菊子
  生国に帰りし蛙に春一番 並木まどか
  自動ドア開くや吹き入る春一番 長谷川勢津子
  耕しにつれなかりける春一番 佐藤篤司
浜名湖に小舟繋がれ春一番 笹子朱実
  春一番二番三番いまいずこ 村井恒雄
  春一番庭先走る羽抜鶏 金子如泉
  駅頭にビラ舞ひあがり春一番 岸一泉

 

[当季雑詠]

主宰選 互選 作者
  代参のすする甘酒浅き春 吉田洋
[地] 病床を別れ来て春の月にじむ 田口君枝
  窓ガラスゆらす音色の春一番 石川菊子
  寄り道の子に春泥の光りをり 佐藤篤司
軒下にしばらく騒ぎ初燕 塩原正喜
  絵筆取り画布に向かえば山笑う 村井恒雄
 [人] ほつほつと辛夷の空の真青なる 長谷川勢津子

池の面に大き緋ゆらぎ水温む

宇野健一
  春雪やおおごととなる庭の花 金子如泉
  園児等の花一文匁春うらら 笹子朱実
  寝かし置く用なき梯子春の月 岸一泉
  啓蟄や人の賑はふ山地下食堂 岸一泉
  卒業や教師が上ぐる子の名前 金子如泉
  昇天の若き葬りや春浅し 田口君枝
ジョギングのピアスに春の日を酸ねて 宇野健一
実朝のいてふ倒るる春あらし 笹子朱実
  春宵や確定申告還付なし 村井恒雄

グランドの野球少年春一番 石川菊子
野辺渡る冷たき風や福寿草 並木まどか

[天]

蓬摘む子を呼びに来て少し摘む 佐藤 篤司

単車乗り腹に淡雪また一重 吉田洋
土手青む散歩の犬の逸りかな 長谷川勢津子
ほのぼのと雨気をかもせり沈丁花 塩原 正喜
▲このページのTOPへ