報告・ニュース

東京支部七月例会会報告(平成18年) [長谷川勢津子]

日時: 平成18年7月15日(土)

ところ: 杉並会館

参加者: 11名

兼題句: [雲の峰]

主宰選 互選 作者
  ミサイルの発射に騒ぐ雲の峰 笹子朱実
  赴任地へ荷を送り出し雲の峰 長谷川勢津子
  城跡に塔の孤高や雲の峰 岸 一泉
  大の字となりて波間や雲の峰 田口君枝
  山手線ビルのま上に雲の峰 水村幸恵
  雲の峰球児の汗と心意気 吉田 洋
    雲の峰見るまに凌ぐ摩天楼 佐藤篤司
入  白帆ゆく霞ヶ浦の雲の峰 宇野健一
  浮腫む足原へ投げ出す雲の峰 松山勝彦
入  3  ジェット機のかすめてゆけり雲の峰 近藤泊泉
雲の峰はるか昔の餓鬼大将 中山子泉

 

[当季雑詠]

主宰選 互選 作者
  倉庫街朱夏に黙せり赤煉瓦 宇野健一
  相槌を打ちて休まず泳ぐ子等 佐藤篤司
  涼風や昨日と同じ一仕事 吉田 洋
  薄物に襟足さえて夏は来ぬ 水村幸恵
  走り根に土黒々や杜青葉 田口君枝
[天] 西日中傾きながら電車ゆく 岸 一泉
紫陽花の色濃し故国恋しかり 長谷川勢津子
屋形船連ねて隅田の川開き 笹子朱美
[人] 一人降りる無人の駅や濃紫陽花 近藤泊泉
  夏祓いにわかの巫女の走りゆく 松山勝彦
緑陰や野良猫も座す喫煙所 中山子泉
幼な子にしかるがごとく夏の雨 吉田 洋
中元に半年ぶりの声を聞き 水村幸恵
参道を伝ひて落つ実夏帽子 田口君枝
娘に会へば言葉いらざり夏つばめ 長谷川勢津子
梅雨明けの眩しき朝となりにけり 笹子朱実
テポドンが世界を沸す炎暑かな 近藤泊泉
  太股の日焼と白さスタートす 松山勝彦
日日草一日一日を咲き継ぎて 宇野健一
参詣を二の次にして鬼灯市 佐藤篤司
[地]  暑き日のはじまり犬の舌出して 岸 一泉
緑陰に一吹きの風通り過ぐ 中山子泉
▲このページのTOPへ